読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

【大学生のデート代事情】男性がおごるべき?ワリカンでいい?付き合う前と付き合った後で若干の差!スッキリのアンケート結果

女性向け恋愛コンテンツ集 モテる男になるために 付き合う前の時期 カップルあるある 生活お役立ち 大学生の恋愛

f:id:Brightfuture:20160526171454j:plain

朝の情報番組「スッキリ!!」で「大学生のデート代」についてアンケート結果が発表されていた。昔は男性が女性におごるのがある意味当然だった時代もあったが、今の若者のデート代に対する価値観は大幅に変わった。今回のアンケート結果でもそれを裏付ける内容であったため、読者にシェアしよう。

 

大学生のデート代は男性がおごるべきなのだろうか、それともワリカンの方が良いのか、デートに慣れていない人はデート代の負担をどうしたらいいか迷うこともあるので参考にしてもらいたい。

 

また、番組最後では視聴者アンケートが実施されたのだが20代と30代のデート代に対する考え方に世代格差が出ている。そちらについても触れていく。

大学生カップルのデート代はワリカン派が8割!

スッキリの行ったアンケートでは大学生カップルの大半がワリカンでデート代を平等に負担していることが伝えられた。

  • 彼氏がおごり 19.3%
  • ワリカン  80.7% 

デート代を彼氏が出すカップルは5組に1組。それさえ若干下回っている状況。サンプル数が少ないのが気になるが、大学生はバイト代が主な収入源であり男女で収入に差がないので、男女平等の世にあって当然とも言える結果が出た。

 

付き合っているカップルはデート代を「ワリカン」にしてOK。番組内では男女の意見が紹介されていた。

 

男性意見:

  • お互いバイトをしてたらワリカンでいい
  • お金ないから
  • 男性が女性におごるのは変だと思う

女性意見:

  • 平等がいい
  • 男性におごってもらうのは申し訳ない
  • 気を遣わずにデートを楽しみたい

番組では大学生のデート代がワリカンになった考え方を以下のようにまとめた。

  • 男性=お金事情
  • 女性=男女平等

昔の感覚とのズレが話題となったが、若い女性は「男女平等」への感覚が強く、おごりたがりの男性を「プライドの高い人」だと切って捨てた人も紹介されていた。

 

カップルで過ごすイベントでは男性のおごりが増える

番組調査ではカップルで過ごすイベントになると男性のおごりが増えることを伝えている。

誕生日や記念日などは彼氏が彼女におごる割合が少し増える。考え方からすれば少し違和感があるが、昔のなごりともいえ、メリハリを付けた付き合い方をしている。完全に男性が女性におごる時代が終わったとは言えない感じだ。

 

付き合う前のデートは男性のおごりが6割!下心が見える?

大学生カップルの大半がワリカンでデート代を支払っていることが分かったが、付き合う前の男女となると少し事情が変わる。

付き合う前のデート代は男性のおごりが約6割に増えて、下心が垣間見れた。

 

おそらくこれは積極性の差も出ているのだろう。付き合う前にデートに誘うのが男性の割合が多いため、何か理由を付けて誘う際におごりをチラつかせたり、お金がないと交わされそうになる女性に譲歩しておごりの割合が増えるところもありそうだ。せっかくのデートだから頑張りたいとの意見もあった。

 

付き合う前はデート代をおごることも要検討と言った感じ。若干の差なのでそこまで気にするかどうかはそれぞれだけど、おごりも選択肢に入れて気になるあの子をデートに誘ってみよう。

 

20代と30代のデート代に世代間格差が

「今の若者のデート代事情」をテーマにしていた今回のスッキリだが、出演者はアンケートを受けた人よりも年上。コメントは驚いていることを連想させるものだったが、コーナー最後に世代間格差をアンケートしてみることに。

結果は以下のようなものだった。

 

20代

  • 男性がおごるべき   4451票
  • ワリカンにするべき  5767票

30代

  • 男性がおごるべき  22654票
  • ワリカンにするべき 10672票

 

20代は大学生カップルと社会人カップルに分かれるので「ワリカン派」が少し上回る程度の結果に。30代との価値観の違いは大きく、考え方の違いが露わになる結果だった。

 

社会人になると男女で収入に差が出てくる場合がある。総合職と一般職という働き方の違いが出てきたりすることも理由。カップルのデート代も男性の負担割合が増える傾向があり、収入差は頭に入れてデート代を出し合うべきなのかもしれない。

デート代は必ず男性が出すべき時代は終焉を迎えつつある。最終的には自分と相手の考え方や好みが優先されるので、そこは忘れないようにしよう。

 

まとめ

今回は大学生のデート代事情をテーマにスッキリのアンケート結果を紹介した。恋愛をしている大学生は参考にしてみてほしい。

 

バイトをしている男女ならデート代は平等にワリカン。これが今の大学生の考え方。気を遣わずお金のことを気にせずに恋愛したい人が多い。付き合う前はそれぞれの恋愛事情からおごりも選択肢にする男性もいるから参考にしてみよう。

 

★大学生はミュゼのお得なキャンペーンも参考に。

100円

【解説記事はこちら】

関連記事: