読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

デートはどこにいくかよりも誰と行くかの方が大事~楽しいデートの条件とは

モテる男になるために 付き合う前の時期 女性向け恋愛コンテンツ集 デート

f:id:Brightfuture:20160603194951j:plain

恋愛において「デート」はとても重要な意味を持つものだ。高校生くらいまでは一度もデートらしいデートをせずに付き合い始めることもあったかもしれないが、社会人はもちろん大学生以降は「二人で出かけるデート」が楽しく過ごせないとお付き合いまでなかなか発展していかない。

 

しかし、だからと言って何もお金と時間をかけた肩肘張ったデートばかりがいいデートではない。

食事デートだって二人がデートだと思えばデートだし、どこかに出かけて、いいレストランで食事してって、デートプランがバチッとはまることがデートの成功でもないはず。

一番大事なことは二人で楽しい時間を一緒に過ごすこと。今回はデートの本質に迫ってみたい。

 

デートはどこにいくかよりも誰と行くかの方が大事。楽しいデートの条件とは何だろう。

 

デートに求めるもの

上の記事で「気のない男性とのデート」に対する女性の意識調査についてまとめている。

私が改めて「デートはどこにいくかよりも誰といくかが大事」と言わなくても、自分の価値観や経験則から同じ考えをする人は多いものと推測しているが、こちらのアンケートでも「楽しいと思う人とのデート」にいく女性は93%であったのに対し、「行きたい場所に連れて行ってくれるデート」に行く女性は73%だった。(いずれも高い数字。当該記事では、「誰と何をしに」を重視するように述べているが、今回の記事はそれを否定する意味ではなく当然大事な要素の一つ。しかしデートでは「あなた」の影響度が大きいことへよりフォーカスして説明し、それを踏まえてデート成功のヒントを提供しようとしているものである)

 

もちろん楽しいデートにするためにデートプランも大事なものであることに否定の余地はない。まだ二人で居ることに慣れていない状況では、間延びしないために、雰囲気をよくするために、「どこにデートに行くか」も大事だ。

 

しかしながら、デートは友達としてではなく、多くの場合で異性を意識していくものだから、やはり「誰と」が一番重要になる。

その「誰と」を意識するから、デートに行くのを決定するまで「それまでのあなた」が誘いをOKするのか断るのかに作用するのだが(イメージも含め)、実際にデートを成功させるのも「誰と」が影響しており、つまりは「その日の自分」の方が「どこにデートに行くか」よりも影響度は大きいということ。

 

人がデートに求めるのは、二人きりだからこそ「あなたと楽しく過ごすこと」であり、「場所や目的を楽しむこと」はその次にあるものだ。

デートプランをアレコレ考えるのも思いやりの範疇と捉え、その日のデートを楽しくするための一つの努力だと考えよう。初めてのデートであれば不安もあったりするかと思うが、大切にするべきことは後述していくので参考にしてみてほしい。

 

カップルが行きつく一つのデートのカタチ

次に世のカップルのデートのカタチについても触れてみよう。これから付き合いたい人とデートに出かけるなら、デート成功のヒントになる。

 

あるカップルが、お付き合いを始めて、何度かデートを繰り返し、LINEやメール・電話などで連絡を取り合いながら付き合いを深めていくと、「デートのカタチ」は形をなくしていく。「どこに何をしにいくか」がほとんど意味を持たなくなるのだ。二人でいたいという気持ちや一緒にいるだけで楽しいという気持ちが圧倒的に上回る時期を迎える。

 

これは価値観の差こそあれ本質である。当然ただめんどくさがってデートを近場の簡単なもので済ますと言う意味ではなく、愛情を感じることを前提とするし、デートらしいデートは必要ないという意味でもない。現実的にデートをデートらしくしようと思えばお金も時間もかかってくるけど、それよりは少しでも一緒にいたいという気持ちがカタチをなくすことに影響するイメージだ。忙しい時やお金のない時でも楽しいデートができるのがラブラブなカップルである。デートは「誰と」がやはり重要。遊びに行く要素ももちろんあるけど、「二人」を意識する人の方が多いことを改めて理解しよう。

 

従って、まだ付き合う前でも「楽しいデート」にするのは「デートの場所」や「デートですること」よりも「あなた」である。映画に行くならその映画を楽しむことももちろんデートの目的に違いないけど、それよりは映画を見終わった後の「会話」にデート成功のカギはあるだろうし、デートとして印象に残るとしたら「映画の面白さ」ではなく「あなたと見に行った映画」としてだろう。

 

逆に言えば、つまらない映画を見ても、それから付き合うカップルは良い思い出に変えてしまう。

「俺らってあんなつまんない映画がきっかけでつきあったんだよね笑」

これはこれで印象に残る素敵な思い出だ。その後の会話は楽しく盛り上がって、きっとつまらない映画はネタとして意味を持ったのだろう。これを「つまらない映画を選んでしまった」と凹んで気まずい空気を作ってしまう人とでは歴然の差ができる。デートの本質を理解していれば「つまらない映画」でも意味を作ることができるのだ。

 

デートを楽しくするために会話を盛り上げるためには

まずデートの失敗を踏まえた「気を付けるべきこと」についてそれぞれ押さえておこう。

まだ二人で出かけることに慣れていない時は、会話が本音と建て前を行ったり来たりする。気持ちをストレートな言葉で表現できない内は緊張もするだろう。

 

そんな時期に大切にするべきは「笑顔」である。笑顔が笑顔を呼んで相手だけでなく自分も緊張がほぐれるし、楽しそうにしている姿がお互いに安心感を与えるから会話も盛り上がり易くなる。楽しい気分も笑顔で表現することが最も簡単に自分の気持ちを相手に伝える方法となるだろう。お互いで笑顔のデートができればきっとデートは楽しいものとなる。

 

「デートだから」と話題を敢えて意識せずに楽しい会話を意識していると二人きりだからこそ話題は多くみつかる。人が多くなるたびに「全員が興味のある話題」は限られていくのだが、二人であれば共通項は多いはずなので、会話を展開しつつ相手の興味を探ってみよう。最終的にせっかく二人きりで出かけるデートなので色々普段話さないことも合わせて話したい。まずは付き合う前特有の緊張感を如何に和らげるかに尽力するとデートは成功しやすくなると思う。

 

デートの場所や目的は「会話」を中心に考えよう

楽しいデートの条件に「会話」がとても重要になることを説明したけど、デートの場所や目的を考える際も同じようにして会話を中心にして考えるとデートは成功しやすくなる。

 

確かに誘う段階では「〇〇に行こう」とデートの場所や目的が中心にあるような言い回しが選ばれやすいところがあるので印象にも気を遣う必要はあるものの、重要な点を間違えると、せっかくのデートが失敗する可能性を作ってしまうから気を付けたい。

 

楽しいデートの条件を踏まえた場所や目的を考える際のヒントは以下の通り。

  • 間延びしないように激混みを避ける(待っている時間などは苦痛を覚えやすい)
  • 景色が変わる方が話題は増える(会話が盛り上がりそうな場所や目的を意識する)
  • 「〇〇をするんだろうな」とイメージできる場所を選ぶ(これからどうしようという状態を作り出さない)
  • 予想外の天候にも備えておく(雨でデートプランが破たんする可能性)
  • 付き合う前だからあまりお金をかけすぎない(恋人でもない相手とのデートでお金をかけすぎると引く人もいる)
  • デートの場所や目的で話題が増えるかを考える(お互いの興味を意識する)
  • 近すぎず遠すぎない場所がベスト(移動の時間にも気を遣い、せっかくだから出かけている感のある場所を選ぶ方が印象強くなる)

 

こんなところを挙げてみたけど、デート当日の会話を中心にデートプランを考えると成功の可能性を上げることができるから、どこに行けば楽しく話せるかとの見方を大切にしよう。一緒に居て楽しいなら場所や目的に拘らないのは付き合う前でも同じこと。二人きりで過ごすのがデートなのだから楽しく一緒に居られるかどうかがデート成功の条件だ。

 

軽い気持ちで誘うならそこまで気にしないことも、ある程度本気で考えている相手なら心配や不安も抱きがち。しかし、だからこそ最終的にはシンプルに考えようと努めることも重要になる。難しく考え出すと、本来そうではないことまでそう見えてきてしまう。結果、それが緊張に変わってしまったり、いつも通りの自分で居られなくなって、つまらないデートをしてしまうくらいなら、一番大事なことを念頭にして単純に考えてみた方がいい。

 

デートでは「誰と」が大事になるのだから当日のコミュニケーションが最も大事。

ここから考えを発展させていこう。

 

まとめ

今回は「デートはどこにいくかよりも誰と行くかの方が大事」ということで楽しいデートの条件にも言及した。

 

まだ二人でいることに慣れていない二人が一緒に出掛けようとすると、当日の雰囲気が心配になるものだけど、「どこに行くか」を考える際は当日のコミュニケーションがより円滑になるように考えてみよう。

 

アンケートでも示した通り「デート」は目的も大事である一方で、それよりも「相手」を重視している。と言うことは楽しくするのは自分であり、二人だ。

誘いやすい場所が必ずしも会話が盛り上がる場所でないケースもあるので、楽しいデートとはどんなデートなのかを考えてみよう。

 

 ダイエットに興味がある女性は下の記事もどうぞ。

関連記事: