読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

付き合っていても幸せじゃないなら別れるべき理由5つ~幸せになるためにはどう考えたらいいか

女性向け恋愛コンテンツ集 私の恋愛観 カップルあるある

f:id:Brightfuture:20160522194054j:plain

世のカップルには「幸せじゃないのに付き合っている」という状態にある場合がある。幸せじゃないなら別れるべきだっていうのは簡単だけど、それぞれ事情があって、言われなくたって本人もそれは分かっている。

 

しかし、それでも敢えてこんな記事を書こうと思ったのは、誰かに背中を押されることで選択のきっかけになってその人の正解にたどり着くこともあるから。

 

今回は「付き合っていても幸せじゃないなら別れるべき理由」をまとめてみよう。

色々な事情で幸せじゃないのに付き合っている恋人がいる人は参考にしてみてほしい。

 

 どんな別れもつらい!選択から逃げても結果は変わらない

幸せじゃないのに付き合っているカップルは、どちらかが選択を先延ばしにしているケースが目立つ。もう冷めてしまっている自分に気づきながらも、相手の気持ちを無下にはできずに付き合いを続ける。

 

こんな状態になっても、お付き合いを続けることの全てが否定されるべきではない。確かに未来は不確かであって、付き合いを続ける選択が正しい場合だってあるのだから。

 

でも、長い時間考えても答えが変わりにくい問題でもあるかなとは思う。恋は、冷めたら再燃しにくい。答えが出ている恋はちゃんと終わらせないといけないのも事実で、考えれば考えるほど「好き」という気持ちはなくなっていくところを、幸せじゃないのに付き合っている人は感じているのではないだろうか。

 

幸せじゃないなら別れるべき理由の一つ目は「どんな別れも辛いのだから、色々と理由を付けて選択から逃げるべきではない」ということ。

相手がまだ自分を好きだからとか、別れる理由がはっきりしないからと言って冷めた恋を放置するのは、自分も相手も幸せになれない選択をしているかもしれない。現状維持でも一つの選択をしていることは意識するべきだ。

 

倦怠期のマンネリカップルでも「幸せじゃない」とは思わない

「今は倦怠期だからきっとそのうち…」

こんなことを思ってしばらく経つ状態ならちょっとおかしいなと私は思ってしまう。

 

倦怠期の経験はもう何度もあるのだけど、私は倦怠期に「幸せじゃない」と思ったことがほとんどない。好きかどうかは分からなくなりかけることはあるけれど、倦怠期でもその時の彼女に幸せは感じていた。

多分もう少し前向きに「失いたくない存在」で居続けるのが倦怠期だ。どうにかまた仲良く付き合える状態に戻りたいと思う。

 

今回のテーマは「ある程度の時間を使って悩むべき問題」ではある。幸せじゃない理由にもよるところだが、まだ付き合いを続けていてこの記事を読むほど考えるなら、しばらくはそのままでもいい。

だが、「幸せじゃない」と思ってしまう付き合いになっているのは、別れるべき関係になっている場合が多いことは伝えておこう。

 

お互いの未来を奪う「幸せじゃない付き合い」

「次の恋人に期待する気持ち」は、間違いなく「過去になった恋の始末」に影響する。これは結婚した男女にも言え、モテる人ほど離婚の決断が早いのも有名な話だ。

 

つまり、今の彼女や彼氏と別れたら恋人ができないかもしれないという気持ちが幸せじゃない恋を放置させるということ。でも、やっぱりそんな気持ちは何も生まずに副作用の方が強いと思うのである。

 

お互いの未来を奪うようにお付き合いを続けても、やっぱり空しいだけだ。幸せを感じない恋はストレスもあるから、喧嘩も多くなって余計にこじれる現象と向き合っている人もいるのだろう。

 

次の恋がどうなるかは分からない。はっきり言えば、その人ごとにうまくいく確率からより良い出会いがあるかまで様々違いもある。

しかし、もしお互いで未来を奪い合う付き合いになってしまっていたら、やっぱり不幸なことだし後悔することにもなりやすい。付き合っていても幸せじゃないなら別れるべき理由に「お互いが時間を無駄にしている」ことは敢えて言わないといけないことだ。

 

合わない人とは好きでも幸せじゃない

幸せな恋の本質は「理想の相手と出会うことだ」という人がいる。

これは私も経験則から思うことでもあって、合わない人と付き合うことは好きでも「幸せ」を感じることが難しい。結果的に傷つけあって別れることにもなりやすい。

 

付き合っているのに会えない、価値観や考え方が真逆でイライラする、気持ちが分かり合えない、DVやモラルの欠如、なぜか喧嘩ばかりしてしまう…。

対処や改善できる問題もこの中にはあるのだが、逆に言えばどうにかしようとしてもどうにもならないこともある問題が上に挙げたような付き合っていても幸せじゃない理由。

 

こういう人は「自分と合う人と出会うべき」だと思わなくもない。もし「すごく自分に合う人」と出会ったことがないなら猶更だ。

合わないと思う人と付き合っていると精神的な消耗も大きいので、自分の魅力は損なわれるところがあるし、日常がどうしても充実してこない部分がある。彼氏や彼女がいる状態では合う人と出会うことがさらに難しくなるのも別れるべきだと思う理由。

 

付き合いはじめの人はここで想定している状況が違うので下の記事を読んでみよう。それなりの期間付き合ったなら「合わない」と決断することも大事になるだろう。

 

幸せじゃないなら付き合っているだけで辛い

さきほども少し触れたばかりだが、幸せじゃない恋愛は続けているだけで辛いのも終わらせた方がいい理由。特にお付き合いは相手と密に連絡しながら続ける場合が多いし、距離を置いていたとしても精神的に相手の占める割合が多くなりがちだ。簡単に楽になる選択は避けるべきだが、長時間苦しむのも一定の時期に終わらせる必要があるだろう。選択するべき理由になる。

 

常々、恋愛は楽しいものであって苦しいものだと思う。幸せばかりではなくて嫉妬や不安などのネガティブな感情も連れてきてとても複雑。想い合っていてもすれ違ってしまうととんでもない方向に進んだりして、幸せで楽しいだけの恋愛は本気の恋ではなかなかないのかもしれないとさえ思う。比べようのない大きな幸せがそれでも人に恋をさせるのだけど。

 

人はやっぱり幸せになるために生きているのだと思う。幸せでいるために。

だから、幸せでない付き合いはそれだけで辛くなってしまうものだ。

幸せになるためにどう選択をするか考えるべきではないかと私は思ってしまう。

 

まとめ

今回は「付き合っていても幸せじゃないなら別れるべき理由」を5つポイントを挙げて説明した。色々な理由や原因があって「幸せではない」という付き合いをしているから、なかなか一緒くたにして語るのは難しいけれど、なるべく本質に迫れるように考えてみた。あなたに取って正しい選択をするきっかけになればと思う。

 

今回のテーマでは「幸せじゃない」という状態がどの程度確定的なのかが一番大事だろう。複雑に考えるから、考えている内に「幸せか幸せじゃないか」さえも分からなくなってこんがらがる。

それに答えを出したら「幸せになる選択」をしよう。彼氏や彼女とやり直すことだって一つの選択肢だ。それならきちんと向き合って二人で乗り越えようとすることが大事。

 

下の記事は「距離を置く」というテーマで書いた記事なので、合わせて参考にしてみてほしい。