読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

3ヶ月以内に別れるカップルの法則~すぐに別れるカップルの特徴って何?

女性向け恋愛コンテンツ集 モテる男になるために 付き合いはじめのテクニック カップルあるある

f:id:Brightfuture:20160529183641j:plain

せっかく付き合うことになっても短期間で別れてしまうカップルは少なくない。「3ヶ月」という期間が壁に感じる人もいるだろう。

付き合ってみると案外1ヶ月という期間も長く感じるもので、うまく行かないカップルは3ヶ月記念日を迎えることなく別れてしまう。

 

そこで今回は「3ヶ月以内に別れるカップルの法則」を紹介しよう。すぐに別れるカップルの特徴ってどんなところにあるだろう?これから付き合い始める人がいる人は参考にしてみてほしい。好きな人がいる人も、付き合った時のために予備知識になればと思う。

 

友達同士から恋人同士になれないパターン

両想いであっても変に意識してしまうと、関係がぎこちなくなってしまって、自然消滅のように別れるカップルがいる。

 

友達同士から恋人同士にうまく移行できないと、カップルの空気が気まずくなってしまうことも多いから、恋愛経験の少ない人は付き合い始めの緊張感を抜け出せずに気まずさを漂わせてしまうかもしれない。

 

3ヶ月以内に別れるカップルの特徴として「恋人同士の雰囲気になれなかった」というのがあるから、友達から始まった恋愛で付き合うことになった際はぜひ気を付けてほしい。

 

付き合うことを二人で決めたらその時点でカップルにはなれるけれど、それで仲良しカップルの出来上がりではないから、友達同士の関係から付き合うことになったら変に意識し過ぎないことも大切なことである。

 

好きな人との会話で緊張してしまう人は、「カップルだからどう」とかの考え方よりもそれまでの関係から発展させていく考え方の方がうまくいくはずだ。

 

カップルの最初は緊張感があって当たり前なので焦らないことも大事なことになってくるだろう。相手の気持ちを信じながらも、彼女だから、彼氏だからという考え方ばかりになってしまわないよう、楽しく一緒にいられるようにしよう。

 

仲良しカップルになるためには、まず「一緒にいて楽しいこと」が条件となる。

 

微妙な気持ちで付き合ったけど好きになれなかったパターン

好きな人以外とでも付き合ってみようと思う人は案外少なくない。

 

二人の気持ちが一致せずに付き合い始めると「付き合ってから3ヶ月の壁」は、かなり分厚く高いものとなるだろう。片方の気持ちだけで付き合い始める場合など、好きだという気持ちが曖昧なのは、すぐに別れるカップルの特徴となる。

 

付き合うことを決めるタイミング、つまり告白のタイミングは、相手の気持ちが完全に把握できない以上「適切な時期」がとても難しい。この理由で3ヶ月以内に別れることになったとしても、仕方ない問題かなとさえ思うところがある。

 

ただ、付き合ってもいいかなと思ってもらえたなら彼氏や彼女は好きになる可能性を大いに感じたのだろうし、少なからず強めの好意はもっていたのだろう。

 

そう考えて言い換えれば、「付き合ってから自分をさらに好きになってもらえなかった」ということであり、これはどんなカップルでも3ヶ月以内に別れてしまう原因となる。

 

付き合ってから3ヶ月くらいの期間は本来の意味で恋人同士の関係になっていく期間とも言え、気持ちを固めていくような期間となっている。

 

好き同士で付き合ってもなんか違うと思うこともある期間なので、お互いが愛情を前提とした思いやりをもって、「これから関係を作っていく」という意識が大切だ。繰り返しになるけれど、カップルは「付き合おう」と決めた段階でカップルになれる一方、本質的な意味では「これからカップルになっていく」のである。軌道に乗るまで、二人で努力をしないといけないことがある。

 

 

デートがつまらなかったり話すことがないなど、二人が合わなかったパターン

多くの恋愛は、話が盛り上がったり、一緒に居る時の居心地の良さなどが好きになる時の理由になっていたりするが、意外と付き合ってから「やっぱり合わないな」と思うことがあって、3ヶ月以内のカップルは別れる時の理由になってしまうことが珍しくない。「二人が合わなかった」というのも3ヶ月以内に分かれるカップルの特徴と言えるだろう。

 

付き合う前は相手に合わせて頑張っていることも多いし、付き合ってから自分の趣味を紹介したり、彼女や彼氏になったことをきっかけに自分らしさを出すこともあるが、そこで空気の違いを感じてしまうことがある。

 

それでも好きという気持ちに影響がなければ段々と合ってくるパターンも大いにあり得るのだが、デートがつまらなく感じてしまったり、お互いの話がかみ合わずに話題がなくなってしまうような感じの会話になってきたりすると、3ヶ月以内のカップルでは破局の原因になり易い。すぐに別れるカップルの特徴はこんなところにも表れる。

 

好きになっていて、相手からも愛情を感じる時でも、結局一緒にいる時間の充実度や会話の楽しさは付き合っていく上でとても大切なものだ。

 

付き合い始めはまだ関係が落ち着く前なので合う合わないに敏感な時期でもあるし、何が原因になっているかを別にしても、一緒にいる時間が楽しくないのはまずい。好きだからこそ感じてしまう気まずさもあるので、精神的につらく感じてしまう人もいて、余裕がなくなると悪循環に陥ってしまうのだ。

 

最後の最後まで自然消滅で終わってしまう恋愛はそこまで多くないとは思うものの、そうなっていく気配を感じたことが理由で早期に別れを決断してしまうことがあるのも、交際期間の短いカップルの特徴だろう。

 

まだ本音を包み隠さずに話せる関係になっていない3ヶ月以内のカップルは、こういったことも原因で「悲しい気持ちのすれ違い」を経験してしまうことがある。相手への気持ちや相手から自分に向けられている愛情にも自信が持ち辛い時期なので、付き合い始めは「二人の時間が楽しいと感じること」が大事だ。3ヶ月の壁を超えるために必要なこととも言える。

 

二人でいることに慣れるまではデートプランに気を遣ったり、軌道に乗せていく努力が求められることを是非理解してほしい。そういった考えがあるだけで「自分から相手のために動いていくこと」ができるようになるはずだ。

 

付き合い方のズレで別れるパターン

付き合ってから3ヶ月以内のカップルは、二人で付き合い方を決めていく時期である。束縛に関することだったり、連絡の取り方やデートの頻度など、お互いの感覚をすり合わせて心地良い付き合い方を模索していく。

 

もちろんこれは、言葉にして「話し合い」の形を取るだけが方法ではなくて、付き合っていく内に何となく決まっていくことや、会話の中でお互いの希望みたいなものがふんわり伝わって決まっていくパターンなど様々である。

 

しかし、付き合い方は案外人それぞれで、考え方や価値観に差が大きい部分なので、ここでも「合う合わない」が発生する。ここが問題となれば3ヶ月以内で別れるカップルとなるだろう。

 

恋人同士なら当たり前だと思っていることにも実は個人差が大きくて、3ヶ月以内の若いカップルは喧嘩しながらここを合わせていくことも多い(喧嘩を理由に別れるパターンもある。これについては後述する)。

 

実際にカップルの間でズレがあれば、どちらかが我慢したり二人の間を取ったりと、付き合い方を落ち着けていく工程が必要だ。暗黙の了解も含めて、「二人のルール作り」もこの時期に為されていく面がある。

 

だが、譲れないことや我慢できないことにズレが生じてしまうと、お付き合いの継続がなかなか難しく、折り合いがつかない状況になるケースも多々あり、短い交際期間で別れる時の理由や特徴となる。

 

片思いの頃には確認しにくい「付き合い方が合わない」という問題も、3ヶ月以内に別れるカップルの法則であって特徴。この部分は実際に付き合ってみないと分からない所なので、ある意味仕方のない理由と言えるかもしれない。

 

束縛に関することは代表的だけど、恋愛の辛さを実感するようであれば別れが早まってしまうだろう。色々なズレを感じることで愛情が冷めるケースも珍しくない。

 

 

ケンカ別れするパターン

親密な関係になるカップルにおいて、「喧嘩」は避けることのできないものだ。

 

好きな人は自分の感情をより強く揺れ動かす人でもあるので、「好きだから喧嘩になる」という側面もあり、うまく喧嘩の仲直りができる人は交際が長続きしやすい。

 

しかし、素直になれなかったり限界まで我慢して爆発するタイプの人など、当然相性の問題もあるけれど、交際3ヶ月以内のカップルは「喧嘩」が直接別れの危機になりやすい。

 

ケンカの原因やケンカに至るまでの経緯、二人の性格や相性など、様々な要因を加味しながらも、付き合ってから3ヶ月以内と3ヶ月以上では「喧嘩」を原因に別れる可能性に大きな開きがあるのは特徴と言えるレベルだ。前者はよりその可能性が高いのである。

 

ケンカ別れは、交際期間の短いカップルほど経験しやすい法則がある。

 

付き合ってからの年月が短いほど存在の重要性も低いし、問題を解決するためのコミュニケーションも表面的になり易く、相手への理解も乏しいからだ。

 

素直な気持ちを言葉にするのも信頼関係があってこそだし、一人で考えている時間も相手の気持ちを疑ったり、合わないのではないかとも考えがち。気まずさを意識してしまって空気が変わることもままある話となっている。

 

原因自体はくだらないことであることも珍しくないが、喧嘩を一つ一つ乗り越えていって信頼関係をこれから作っていく時期である「付き合ってから3ヶ月以内のカップル」は、大きな喧嘩になった時は尚更その処理が大事になることを是非理解してほしい。

 

二人の気持ちを確認し合う機会にもなるのが「喧嘩」なので、どのように仲直りするかも重要で、ある程度経験も問われる部分だろう。下の記事でここを詳しく説明しているので「仲直りの方法」に自信がない人は合わせて読んでみよう。この特徴を回避できるかもしれない。

 

気持ちが重くなって別れてしまうパターン

カップルは、お互いの愛情を前提にお付き合いを継続させるが、気持ちが重すぎるのも問題となる。

 

気持ちを押し付けるタイプや好きすぎて不安になってしまうタイプなど、これも様々なタイプがあるのだが、付き合ってから3ヶ月以内のカップルで、まだこれからラブラブカップルになる段階では、「徐々に」色々なものの距離を縮めていく感覚も大事だ。

 

重い愛情を受け取ると「別れるなら早い方がいい」と依存状態を避けたい心理も顔を出すので、交際期間が短いカップルが別れる法則として「気持ちのアンバンス」がある。

 

 

人は追われると逃げたくなる心理があるので、付き合いたての状態で相手を追い回してしまうのも問題となる。その結果、相手が引いてしまうとさらに追いたくなってしまう悪循環になるケースも目立つから気を付けよう。

 

強い愛情をもっていることは相手の彼氏や彼女に取って本来は喜ばしいことだから、その表現方法を考えるといい。どのカップルも多少「気持ちのアンバランス」は起こっているものなので、それが問題というよりは「二人の状態を良くしていくために自分がどうしたらいいか」の視点が欠けているように思う。

 

自分だけでなく相手にも軸足を置いて考えてみる癖をつけておくといい付き合い方ができる。自分の言動に対する相手のリアクションなどから、気持ちを探ってみよう。言葉にできない気持ちを態度や雰囲気に出す人も多い。

 

まとめ

今回は「3ヶ月以内に別れるカップルの法則」を紹介した。すぐに別れるカップルの特徴が分かっただろうか。

 

付き合ってから3ヶ月と言うと、色々なことが二人の中で落ち着いてきて、カップルとして良い時期に入ってくる頃。ドキドキ・キュンキュンすることがありつつ、本音で話すこともできるようになる、慣れと新鮮さのバランスがいい時期を迎えるころだ。

 

しかし、そうなっていくためにいくつかの試練みたいなものがあって、それを乗り越えていくことで信頼関係やお互いの理解が進んでいく。二人で合わせていかないといけないことが見つかったり、本音を隠してしまうから起きるすれ違いが生じたり、お付き合いを軌道に乗せていくのも相性次第では大変になることもあるのが現実である。

 

今回紹介したことなどに気を付けながらお互いで向き合って、自分たちに取ってより良い付き合い方を探してみよう。コミュニケーションを大事にして二人で向き合うことができれば、交際3ヶ月の壁は壁でなくなるはずだ。

 

関連記事: