読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

好きな人と連絡先を交換したいなら~メアドやLINEのIDを交換する方法やきっかけ

モテる男になるために 女性向け恋愛コンテンツ集 好きな人とのLINE

f:id:Brightfuture:20160623211556j:plain

「なかなか二人になるチャンスがなくて距離が縮まらない」

グループ内恋愛だったりコミュニティー内恋愛の場合でも、きっかけがなくて連絡先の交換ができないという人は、社会人になってから以降案外少なくない。

相手との距離を縮めて振り向いてもらうためには「二人でのコミュニケーション」は必須だから連絡先の交換ができないと進まない恋愛に悩みがちだ。

 

今回はそんな人へ向けて「好きな人と連絡先を交換する方法」をいくつか紹介しよう。

男性・女性問わず使える方法を紹介するので、好きな人のメアドやLINEのID交換をしたいなら参考にしてみよう。

 

何人かと交換して流れの中で好きな人とも連絡先交換をしてしまう方法

好きな人との距離がまだある内は直接アプローチして連絡先の交換をするのに躊躇することもあると思うので、まずは第三者を巻き込んで連絡先の交換をする方法から。

 

何かの集まりなどで誰かと連絡先を交換することになった場合、好きな人もその中にいればちょっと面倒な展開だけど、それを使って連絡先の交換をすることができるのでそのタイミングを生かそう。

 

「〇〇も連絡先交換してなかったよね?教えて?」

関係性などでセリフは少し変わってくるけど、誰かと誰かが連絡先を交換している状況で自分に連絡先を聞かれるのは結構あるあるで自然な連絡先の交換方法になる。

同じ空間にいるのならば仲の良さは置いておいて、一気に交換する機会は多い。

 

連絡先を聞かれたら嫌だと思うのはあくまで「知らない人」であって、何度かあっていれば交換する方が普通。特にグループやコミュニティー内なら何かと連絡先をしらないことのデメリットがある場合も多いので、「とりあえず交換する」という形は多いから変に考え過ぎずさらっと聞こう。

あまりコミュニケーションが取れていない相手でも、誰かと交換した流れで聞いてしまえば、連絡先の交換はそう難しくない。

 

少し仲がよくなった相手には携帯を取り出して「思い出したように」連絡先を聞く方法を

考えすぎるから連絡先の交換さえハードルの高さを感じてしまう。

少し仲が良くなったと思える相手なら「思い出したように」聞いて連絡先を交換しよう。

 

携帯を取り出す用事があった時に、

「そういえば連絡先も交換してなかったね」

これで十分。

 

改まって「連絡先を教えて?」と言うよりも交換するのが当たり前だと思っているような感じで聞かれると構えることもないし、自然に連絡先の交換が可能だ。

「連絡先を交換する仲」に定義などないのだから、本人の感覚で良い。

タイミングやきっかけを考えると変に意識してしまう人は、敢えて「言い訳なし」で「機会がなかっただけ感」を出して連絡先を交換しよう。

 

趣味などが合って「今度」が出たなら連絡先の交換を

会話中に好きな人と意気投合することがあった際に「今度」が出たなら連絡先の交換は基本OKだ。

連絡先を交換していなければ「今度」が成立しない。

 

もちろん社交辞令で言う場合もあるとは思うが、アプローチする方の立場としてはそれを生かしたい。

すぐに話題が切り替わらずにある程度話が続いた場合や、強めの言葉で「今度」のモチベーションが語られるなら社交辞令で言っている可能性が低いので、「じゃ、連絡先教えて」と流れのまま聞いてしまおう。

連絡の取りようがない相手を誘うことはできないのだから、あなたの方が社交辞令と捉えられるリスクもあり、聞くことがマナーになるケースもある。

 

シェアするために「便宜上」連絡先を交換する

みんなで撮った写メをシェアするために連絡先を交換することも日常で「あるある」だ。

「送ってあげるね」って言葉だけで連絡先を交換するきっかけができるし、言い訳も簡単だから結構選ばれるケースが多い。

写メの話題から「シェア」を目的にアドレス交換すると不自然な感じにはならないだろう。

好きな人に写メを送ってほしいって頼んでもいい。

 

連絡する口実を作ってメアド・LINE交換する

連絡先の交換をする時に気になるのが「下心」を疑われること。

変に警戒されるとその後の関係作りが難しくなるから躊躇する場合もあるだろう。

そんな時は「連絡する口実」をはっきり伝えて連絡先を交換しよう。

 

「このメンバーでまた集まりたいから連絡先教えて?誰も言い出さなかったら一緒に幹事やってよ」

飲み会が盛り上がった時などは、こんなセリフで聞いてみてもいいし、何かの貸し借りをして口実にしてもいい。

「聞いてほしいことがある」とかで相談を持ち掛けるのも一つだし、なんで相談したいと思うのかの理由まで一言つければ、相手は嫌な気持ちにはならないはず。

 

口実を作って連絡先を聞くと、相手はその口実のことを考えるので、連絡先交換が自然か不自然かを考えず、必要性の方に意識が行くので「下心」が疑われにくくなる。

 

まとめ

今回は好きな人と連絡先を交換したいと思った時にメアドやLINEのIDを交換する方法やきっかけを紹介した。

 

連絡先の交換については「関係がある人」に対しては躊躇する必要はないと思っている。

小学生の時に連絡網があったように、何かで関わりのある相手とは現実的につながりがある方が便利だし、ないと困ることもあるから連絡先の交換は「何かを口実にして」聞いてしまおう。

聞いているのが普通だと思われるくらいの仲の良さがあるなら「そういえば…」って言葉で十分である。

考え過ぎずにさらっと聞こう。

 

迷うのが合コンとかの関わりのない相手や紹介された直接かかわりがない人。

そういった関係は「警戒心」を持っている場合もあるから、自分から「もしよかったら連絡先登録しておいて」と教えてみて相手に判断を委ねてもいいし、できたら話を盛り上げて流れを作って連絡先交換を行いたい。

ある意味で瞬発力勝負になってくるけど、その場で交換できないと切れてしまう状況だったら相手もそれを理解しているので、繋がりたい相手なら積極的にチャンスを生かしそう。

お酒が好きなら「一回のみに行ってみない?」と気が合った相手にはストレートに誘ってみるのもいいだろう。

 

関連記事: