読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

【恋愛】自分に自信がないのはモテない理由になる~自信がある人と自信がない人の違いと具体的な解決策

モテる男になるために 女性向け恋愛コンテンツ集 おすすめ 彼氏を作る 彼女を作る

f:id:Brightfuture:20160522195938j:plain

ぶっちゃけた話、恋愛を前提にしたときあなたは自分に自信があるだろうか。

 

当ブログ「3歩下がって歩く彼女の作り方」では、根本的な意味で恋愛に必要な要素が大きく3つに分けられることを説明している。

その中の一つが今回テーマにする「セルフイメージ」だ。自分に自信がある人と自分に自信がない人とでは恋愛がうまくいくかうまくいかないかに差ができる。

 

今回は「自分に自信がないのはモテない理由になる」ことを説明しよう。恋愛を前提にしたとき、自信がある人と自信がない人の違いについても詳しく説明し、具体的な解決策まで落とし込んでいく。

 

関りがないなら何も起きない

最近の恋愛は、好きになっても何もできない人が多いというデータがある(参考:【調査で発覚 付き合ったことがない20代男性は4割!】20代の草食男子は出会いを求めて告白する勇気を持て )。確かにただ話しかけるだけで何かが起きる保障なんてないのだけど、何もしないのであれば何も起きないことは多くの人にほぼ間違いなくて、よほど外見が魅力あるなどの惹きつける魅力がない限り、何もできないことが恋愛がうまくいかない原因となる。

 

参考記事を読んでもらってもわかるように、待っているだけの恋愛をするタイプは恋愛成就の可能性が現実的に低く、特に男性については恋をすれば何かと頑張るべきタイミングが多いというのが私の経験則だ。女性であってもきっかけを与えるくらいのことができるとかなり変わってくる部分で、いずれにしても積極性が恋愛をする上で重要なことはあらゆるデータで証明できる。

 

自分に自信のない人はこの「関り」を自ら作っていくことができない。又はきっかけを生かせず、相手からのアクションも拒否しているかのような態度を取る特徴がある。好き避け(参考:好きな人の好き避けと嫌い避けの違いが分かるようになる5つのチェックポイント)も自信がない人にありがちだ。

 

恋愛を前提にしたとき、自分に自信がある人と自信がない人の違いで最も顕著であるのがこの部分で、自信満々にアプローチができないといけないのではないけれど、及び腰で近づいても気まずくなる原因を作っているだけになってしまっているパターンが多くなってしまっている。

 

自分に自信がない人にもその程度が様々だが、気になる人や意識した相手になるほど何もできなくなるのは恋愛を考えた時にかなりの不利を受けている。

 

出会いに臆病になる

自分に自信がない人は積極的に出会いの場へ出ていくことができない。もっと言えば出会いに臆病になってしまうのである。

「どうせ…」と、可能性の模索すら放棄してしまうこともしばしばだ。

合コンなど、初対面が多い集まりに誘われても乗れないのが「何となく」という感覚的なものである場合は、根本的な意味で自信の無さから出会いを避けているパターンが目立つ。ほかに理由を付けていても、自分に自信がないから無意識にほかの理由を探している。

 

自信の無い人がなぜ自信を失ったかという問題があるのだけど、外見を理由に自分への自信を失うことはよくある話だ。確かに外見に異性としての優位性がないと思うのなら短期勝負的な出会いに魅力を感じないのは当然なのかもしれない。

 

しかし、だからと言って日常に恋愛へ発展する可能性を持った人がいるのかという問題は現実を直視すると結構稀な話でもあって、特に社会人になると一気に恋愛環境が悪化してしまうのが自信がない人の特徴になる。

 

出会いに積極的になる必要に気づきながら何もできないのは自分自身への自信の無さが原因かもしれない。自信がある人は色々な出会いに積極的になることができ、生かすこともできるから恋愛事情に違いができるのである。表現が少し極端だが、程度の問題が様々あったとしても多かれ少なかれこういった違いができてしまっているのは事実である。

 

後ろ向きな人は魅力的に見えない

自分に自信がない人と自分に自信がある人の違いとして、ここも大きい。

前者は傾向として「後ろ向きな感じ」を印象として人に与えやすく、後者は「前向きな感じ」の印象を人に与えやすい。

 

人は前向きな人が好きだ。意識高い系でいつも前ばかり向いている人は疲れてしまいそうだが、逆にいつもネガティブな人に比べると確実にモテる。後ろ向きな人と一緒にいる方が実際には疲れてしまうからだ。これはその人の雰囲気にも出てくることだから少しタチが悪い。

 

自分に自信がない人の雰囲気と自分に自信がある人の雰囲気に違いができる理由にもなっているため、表に出ていない内心で自信がないタイプもモテない理由になるところ。違いに注目することで理解できる部分だろう。

 

男女問わず「アイドル」に対して「キラキラ輝いている」と表現されることがあるが、これが今伝えようとしている雰囲気のイメージだ。今はアイドルデフレの時代なので後ろ向き全開のアイドルも存在するけれど、多数派は表に出すか出さないかを別にして自分に自信のあるタイプ。輝きと言えば少しオカルトチックに感じる人も出てくるかと思うが、言葉にしにくい雰囲気の良さは自分への自信と関連があり、自信がある人と自信がない人の違いになっている。

 

経験値の差

実際の恋愛は「女扱い」や「男扱い」がうまい人ほどうまくいく傾向が顕著だ。いかにも!って言う言動はよく批判の対象になるが、逆にまったく異性の扱い方が分からない人に比べると現実の世界ではむしろ恋愛がうまくいく要素になっている。

 

自信の無い人がこれまで挙げてきた理由などで異性との経験が乏しくなれば、自信のある人に比べて「経験の差」が広がることになる。引いては扱い方に差ができてしまう。

 

先日書いた「ウィル彼の3条件って知ってる?女友達を好きになった時のヒントになるかも 」で挙げた条件に「女の子扱いしてくれる」があるけれど、気になる女の子や気になる男の子に対し「ちゃんとした異性扱い」をしたくてもできないという人は多いのではないだろうか。経験がないのは一概に悪いことではないけれど、自分の恋愛に落とし込んだときモテるモテないに関係しているのは間違いないところだ。

 

経験の差が出てくると、さらに「異性としての自分」への自信を失いやくなるからタチの悪い問題。悪循環が起きているとしたら早い時期にどこかで断ち切る必要がある。

 

自信を手に入れるためには

f:id:Brightfuture:20160522200116j:plain

では、自信のない人が自信のある人になるためにはどうしたら良いかに切り込んでいこう。

 

この問題は性格を変えることに似ているから、一朝一夕に達成できるものではない。時間をかける必要があるだろう。だからこそ早い対処が必要だと考える人はじっくり読み進めていってほしい。

 

具体的な方法でおすすめするのは「行動」を変えること。

自分を責めても仕方ないし、自信をつけようとただ思ってもなかなか自分の性格には作用できない。だから行動を変えることが重要だ。

 

今回は「モテない理由」を知りたくてこのページにたどり着いた人も多いと思うので、恋愛を前提に説明しよう。

 

何でもいいから具体的に行動を起こす

自分に自信がない人がせめてフラットに、又は自信がある人に変わっていくのに必要なことは具体的な行動を起こすことである。

効率を図りたいところだけど、さきほど触れているように、なかなかこの問題に特効薬はない。時間の概念を捨てて焦らず、とにかく行動を起こすことから対処を始める。

 

今回の記事全体で説明していることを参考に何か始めてみる。行動を変えることで段々と性格を変えていくができるから「何かを始める」という方向で対処を考えるようにしよう。反省は大事だが、それ以上に「では何をするか」の方が大事である。

 

出会いに積極的になる

自信がない人が自信を手に入れるために早い方法は、具体的な行動を起こすことで成功体験を増やすことだ。

この方法のデメリットは失敗経験も増えることだが、自分を変えようとするなら早い方法になるのは間違いない。対処するつもりがある人は自分の恋愛を変えるためにこれまでとは変わって、出会いには積極的になる必要がある。

 

人の好みは多種多様なのもあって、あなたを気にいってくれる人、又はあなたと良い雰囲気になる人が必ずいる。恋愛は確立ゲームだと揶揄される理由がここにあるわけだ*1

 

社会人のために書いたのが下の記事なので具体的にどこに出会いを求めるのかについては参考にしてみてほしい。

 

異性とのコミュニケーションを増やす

恋愛を前提にしたとき、自分に自信がない人はとにかく異性とのコミュニケーションを増やそう。何が問題で自分への自信を失っているかを問わず、恋愛の意味で自信をつける方法はコミュニケーションの成功体験が最も良い。もちろんそのまま彼女を作ることも彼氏を作ることが可能な方法。コミュニケーションを増やすために具体的な行動をどう取るか考えると、今回のテーマは非常にシンプルになっていく。

 

それぞれで今自分の置かれている環境に差があると思う。

そもそも恋愛する可能性のある人が日常にいない人だっているのだろう。残念ながら、異性なら誰でも良いわけではないから、多少なりとも男女を意識した上でコミュニケーションを取る人と楽しい会話をして成功体験を重ねることが必要。この意味でも上記で挙げた方法のメリットが大きいわけだ。

 

男女を意識したコミュニケーションを増やしていくと、どんな人も必ずフィーリングの合う人や同じ価値観を持つ人、趣味や考えていることが似ている人と親密になっていく。確かにここはあなたの魅力の問題で確立の概念が存在するのだけど、異性とのコミュニケーションを増やすと、二人きりの空気にも緊張しなくなるし、話題の幅も広がってきて、自信をつけていくことが可能だ。それが俗に言うオーラみたいなものに作用するので雰囲気全体が少しずつ変わる。そういった経験を増やしてから日常にいる人と恋をしてみても良いだろう。

こういった方法で自分に自信をつけていこう。

 

まとめ

今回は「恋愛を前提にしたとき、自分に自信がないのはモテない理由になる」というテーマを解説した。

自信がある人と自信が無い人の違いは理解できただろうか。また、やってみようと思う具体的な解決策は浮かんだだろうか。

 

今回のテーマは、ある人を好きになった時に自信を失うこととは違った方向から説明している。あくまでも自分を見たときに異性として自信のない人が対象だ。片思い中の人が読んでいたなら下のカテゴリーにある記事を読んでみよう。

 

自分に自信がないかあるかで恋愛環境は変わる。セルフイメージが高くないと他人から見ても魅力的に見えない。今回の記事を参考に自分を変える何かを始めてみよう。

 

関連記事:

*1:個人的にあまり使いたくない言葉だが、現実を見るなら正しい考え方になっているというのが経験則。当ブログは好きになった人と両想いになるための記事も多く書いているので一つの側面として理解してもらいたい。