読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

女性から告白しなければならない状況と男の特徴5つ

女性向け恋愛コンテンツ集 告白

f:id:Brightfuture:20160719182421j:plain

正式な彼女になるために、女性から告白しなければならない時がどんな時だかわかるだろうか。

 

女性から告白することには抵抗がある人も多い思うが、それでも時と場合によっては、女性から動かないといけない時が存在する。

 

今回は、女性から告白しなければならない状況と男の特徴を説明しよう。

 

関係をはっきりしない男との恋愛

モテるタイプに多いが、仲良くなった女性を「都合のいい女」にしてしまう男がいる。詳しくは、下の記事で個別に扱っているので確認してみよう。

上の記事は「ミス」という形で表現しているが、付き合っているのか付き合っていないのかをはっきりさせないことが問題となる恋愛がある。現実的に考えて「都合のいい女」になってきていると感じるときは、なるべく早めに対処する方が本命の彼女になれる可能性を高める。

 

もし関係が進んでも告白せずにいる男は、女性から告白をした方が良いだろう。

告白されていないと言っても、好きな人と上手くいっている形だから関係が崩れることを恐れると思うが、そのまま微妙な関係を続けた方が傷つく可能性が高いと思われる。

 

タイミングが難しいのでそこは吟味しつつ、どこかで関係をはっきりさせるためにも「女性から告白しなければならない状況」だ。曖昧な関係が辛くなってきた際はさらにその重要性が増しているので、きちんと本音の話ができるように頑張ってみよう。

 

自信のない男

告白は、男女に取って勇気のいる行為であることは共通している。本来は男性側が、決める時に決めないといけないのだが、自信のない男は告白がなかなかできないと言う特徴がある。好きだからこそ大事に想う心理なので、相手の男を責めるよりもあなたにできることをやってみる方が幸せになる道だろう。

 

自信の無い男は、告白を「男女のどちらからしても良いものだと思う」ことで心理的に逃げていることも多く、なかなか決断せずに微妙な関係を続けてしまう。女性から告白してこないからまだそういう時期じゃないのだと言い訳しながら、それでもアプローチだけはしていく形だ。距離が縮まってくると、自信がなくても誘ったり話しかけたりはできる。

 

自信がない男を女性が放置すると、何かのきっかけですれ違いが起きた時に諦めてしまうことも起こり得るのが告白しないときのデメリットだ。相手の男性は自分に言い訳してカップルになるための最後の努力をしない状態が続いているので、それがしんどくなった時に「諦めたい」という心理にもなりやすい。

 

女性からすると厄介な問題だが、自信の無さが告白しないことに繋がっていそうな男には女性から告白してあげた方が上手くいく。あまりはっきりしたことが言えない優しいタイプの男子なら、自分から告白することも考えてみよう。恋愛はタイミングも重要だ。

 

別れた直後の男

彼女と別れた後にあなたと彼が急接近した場合、男性からの告白はしばらく無い可能性がある。あなたのことを好きになっていたとしても、別れた後だけに「しばらくそのままの関係で良いかな」と思いがちなシチュエーションであり、付き合うことなく関係だけが進み易い。

 

それでもしばらくして男性から告白してくれれば問題ないが、別れた直後は傷ついている状態なので、また彼女を作るための告白に及び腰になることも。

 

特に、失恋したことをあなたが癒しているような状況になっていた場合は、告白することで関係が崩れることを恐れる心理も働くから厄介だ。相手の男性が抱く「元カノへの責任感」なども考えると、女性側から告白した方が良い状況だろう。

 

元カノとあなたが繋がりのある関係

上で挙げたことに付随して、元カノに何の未練が無い場合でも、あなたと元カノに繋がりがあれば、女性から告白した方が良い状況だ。

元カノと友達であればあなたも気まずい思いをしてしまうが、同じ職場とか同じサークルや同じ学校とかの意味で薄い繋がりがあるだけなら、自分から関係を固定させる告白をした方がいい。

 

直接仲が良くなくても元カノと次に好きになった女性に繋がりのある場合は、男性の特徴として告白を躊躇する場合がある。結局本当に好きになったなら相手の男性からいずれ告白があると思うのだけど、体裁を気にするタイプも多いから注意が必要。加えて、元カノにどう思われるかななんて思ったりも。

 

女性から告白されたなら相手の男性は自分の中で言い訳ができる。自分としては体裁が保てるので、「もっと時間が経ってからしか告白できない」と好きな人に考えさせることでタイミングを失ってしまうくらいなら女性から告白した方が良いだろう。

 

相手にカッコ付けたい気持ちが出ているのか、やせ我慢なのかは微妙な問題で、誰に気を遣っているかも曖昧だから、女性としてはヤキモキする理由だろうが、細かいことを気にするタイプなら色々と気にしてしまうものだ。「今は…」なんて思っている内に壊れる恋愛は少ないと思うから、相手の男性の元カノ関係がややこしい場合は女性から告白する方が上手くいくだろう。

 

鈍感な男

f:id:Brightfuture:20160719185538j:plain

男性で女性の気持ちに鈍感なタイプは少なくない。時には恋愛の雰囲気に疎すぎて、なぜその子と仲良くなっているのかもわからないという人まで出てくる。そんな特徴を持った人と恋愛したときは、あなたの気持ちに気付くことも遅れがちだから、遠まわしに伝えていた好意のサインを分かりやすくしていかないといけない。

 

女性の中にはうまくリードして男性に告白させることもできる人がいるのだけど、なかなか気づいてくれなくて恥ずかしくなったり時にムカついてきてしまうなら、自分から告白していくことを考えるべきだろう。鈍感なくせに彼女の気持ちが分かるまで告白できないという男性もいるので、どれだけ待っていても告白されない状況が続くこともあり得る。

 

鈍感な男は不器用であることも特徴なので、あまり「どちらが告白するか」の問題に拘らずに考えることも重要だ。

 

まとめ

今回は、女性から告白しなければならない状況と男の特徴を説明した。

 

お互いに好き同士であればどんな関係でも相手からの告白はあり得るし、今回取り上げたポイントも「彼女の方から告白しなければならない」と確定するわけではない。恋愛は二人でするものだから、全部をあなたが抱えないといけないわけではない。

 

しかし、恋愛は不安や心配がしんどいものでもあるので、告白を躊躇して男性任せにするのが楽になる方法とも言えないだろう。あなたの状況や好きな人の状況、二人の関係でも「自分から告白する選択」も頭にいれておこう。

 

女性から告白すること自体を、男性が嫌なことだとは思わない。

もちろん、男性的な感性で最後は自分がバシっと決めたいと思っていることもあるので勇み足は禁物でもあるが、本来あるべき時期に告白されないなら、女性からの告白はアリだ。状況によって相手から告白されたいと思うときが男性にもある。

 

色々な男性がいて、状況ごとでも変わってくるので、今回の記事を参考に「どうしたら二人がうまくいくか」を考えよう。

 

関連記事: