読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

女友達に告白する時のポイント~告白する前に確認しておこう

付き合う前の時期 告白

f:id:Brightfuture:20160710183741j:plain

女友達を好きになった場合、友達関係が壊れるリスクがあるのでなかなか告白の踏ん切りがつかない場合もあるだろう。

気まずい関係になれば、日常生活にも影響する場合がある。

 

しかし、告白しないことには彼女にできないし、好きな女の子からの告白を待っているのは男らしくない。

どこかで決断するべきだとは、男なら誰しもが思うところ。

 

今回は、女友達に告白する時のポイントについて紹介するので、参考にしてみよう。

告白する前に確認しておくべきことを挙げておきたい。

 

ポイント① 告白前にアプローチが届いているかを考える

女友達に告白する時は、その前段階であるアプローチがしっかり届いているのかを考えてみよう。

女性は、意識していなかった男性とはなかなか付き合わない。

友達関係からスタートしたとしても、最低限自分を異性として意識させるところまではアプローチをしていることが告白の前提条件。

ただ気まずくなるような告白は、関係が悪化して生活し辛くなるのでお勧めできない。

 

好きな女の子に自分を意識させるための方法がよく分からない場合は下の記事も参考に。

好きな子と距離を縮めるために呼び方を変える効果と方法

男友達から好きな人になるきっかけ~友達から彼氏になるヒント

 

 

ポイント② 真正面からぶつかる

ここからは、告白する時のポイントに入っていこう。

 

女友達に告白する時、途中から冗談にしてしまったり、照れてしまって告白だか何だかよく分からないメッセージになってしまう人がいる。

「告白したのに返事が無かった」という相談は結構ありがちだ。

 

相手が女友達だから、諸々考えることがあるのは百も承知だが、真正面からぶつかれない告白なら覚悟が足りないと言わざるを得ない。

 

逆の立場で考えてみよう。

彼女はあなたの気持ちに半信半疑なはずだ。

「好きっぽいけど、友達だし。勘違いかも。」

なんて考えている。

そこに腰の引けた告白をしたところで、心は動かないし「からかっているのかな」とか「冗談で言ってるんでしょ」となってしまう。

彼女にだってテレがあるだろう。

ただでさえ友達同士の間柄で告白するには雰囲気作りが難しいので、テレ隠しは最小限にしてしっかり真正面から告白しよう。

相手は友達だと思っているのだから、告白されるとは思っていないので、言葉選びは重要だ。

 

ポイント③ 真剣さと一途さをアピール

女友達が相手だから、告白された時に「何で?」って漠然とした疑問が湧く可能性が高い。

更に、「気の迷い」とか「失恋でもしたの?」なんてマイナスに疑われることも。

従って、「何で好きになったか」は明確にして、片思いの期間とかについても一言加えると良い。

 

女性に一途な想いを伝えることは重要だ。

信用できない相手と女性は付き合えない。

友達関係なら、人間としての信用はある程度獲得できていると思うが、恋愛相手として、彼氏としては、まだまだ信用されていない可能性が高いだろう。

長く片思いをしていたことを告白するのは恥ずかしいことかもしれないが、もし告白をOKするかどうか彼女が迷うようなら、確実にプラスの効果が期待できる。

 

告白で振り向かせるなら「一途さ」をアピールしよう。

大げさに「初めて話した時からずっと好きだった」って言葉でも良いくらい。

好意のある相手から言われたら、愛されたい女性心理が刺激されて嬉しいと感じる言葉だ。

 

ポイント④ 酔った勢いで中途半端な告白をしない

告白するのにお酒の勢いを利用とするのは仕方ない部分があると思っている。

本当はよくないのだろうが、現実問題として、恋愛とお酒はリンクし易い。

 

正し、告白をどのように受け取るかについては、お酒の勢いは確実にマイナス面の影響を及ぼす。

従って、「利用する」のではなく、「酔った勢いだけで告白」するのはよくない。

 

二つを比べて何が違うかと言えば、前者は告白ありきで行動しているのに対して、後者は結果的に告白したと言う点。

つまり、「覚悟を決めてから告白しよう」と言うこと。

 

酔っていると普段できないこともできてしまうので、言葉は信用されにくくなる。

そこで中途半端な告白を女友達にしてしまっては、告白自体が流されて気まずくなったり、そもそも想いすら否定されかねない。

 

また、覚悟が決まっていない告白は、先程挙げたように途中からフェードアウトするような言い方になったりすることも多く、酔い方次第では話をまとめていくこともできなくて、言いたいことも言えなくなる可能性もある。

冗談にする伏線とか考えているなら、リスクだけが残るだろう。

 

ポイント⑤ 曖昧な返事にはツッコむ

女友達に告白する時に思いきった言葉が選べない男子が多い中で、その返事をする女の子も同様のことが起こり得る。

曖昧な答えとなって、フッているのか、OKしているのか分からないような返事になることも多い。

 

そんな時は、マイナス思考になりがちだが、しっかり答えをもらおう。

再度、自分が真剣に告白していることを伝えて、ちゃんと考えてもらう。

もちろんその場で答えを貰った方が良いのだが、それが彼女の都合で無理なら、考えてもらって良いので、ちゃんと返事をもらえるように、曖昧な返事にはツッコむ。

 

もし、どうしても曖昧な感じでフラれてしまった場合は下の記事を参考にしてみよう。

「告白してフラれたけどもう一度告白したい!」そんな男性に送るゲッターズ飯田の風水格言

 

 

まとめ

今回は女友達に告白する時のポイントを5つ紹介した。

告白する前に確認しておくと、少しでも告白を成功させることに繋がるかと思う。

 

友達から彼氏になろうとすると、気まずい関係になるリスクを考えてしまうが、告白を中途半端にするのが最も後悔し易い。

しっかり覚悟を決めて、男らしく告白しよう。

 

関連記事: