読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

【恋愛】お世辞の見分け方~本気で褒めている時との違い

女性向け恋愛コンテンツ集 モテる男になるために 付き合う前の時期

f:id:Brightfuture:20160915182858j:plain

恋愛が絡む男女の会話によく登場するセリフが「それって、お世辞でしょ~?」というツッコミと照れ隠しの言葉。自分を褒めてくれたと言っても、それを真に受けるかどうかはまた別の話だ。

 

しかし、相手が本当に褒めているとしたら、冗談で流すだけでは多少勿体ない。もし、好きな人が褒めてくれたり、気になる人が褒めてくれたならなおさらだ。お世辞の見分け方を知りたいと思う人も多いはず。

 

そこで今回は、恋愛を前提に「お世辞の見分け方」について、本気で褒めている時との違いでまとめてみたい。人は心にもないことをそんなに簡単に口にはしないが、お世辞を見分ける方法については大事になる場面が恋愛中にあると思うので、参考にしてもらいたい。

「人の評価」の大前提

まずは今回のテーマの大前提のお話しから始める。

 

あなたが誰かかから褒められるとき、その褒め言葉はあなたから得た印象を基にしている。例えば太っている人に「スタイルいいよね!」とはお世辞でも言わないし、ブスやブサイクに「可愛いね!」「かっこいいね!」とは言わない。

 

他人からの評価に対して、あなたが「それは違う!」と思うことがあるなら、それは基本的に間違いだ。人からの評価とは「その人にそう見えた時点、その人にそう感じさせた時点で間違いという概念がないもの」である。

 

評価は他人の絶対基準で行うので問題ないもの。恋愛感情はまさにその典型例だ。評価は主観的で良い。誤解が生じて当然なのである。なぜなら、他人からの評価を変えるためには、その人に違う自分を伝えて、相手の印象を変えないと変わらないものだからである。自分が完全に操作できないのだ。

 

私は、お世辞か本気で褒めているかを考える前に誰かから褒められたときは、自分を客観視するきっかけにしている。「そこがいいところなのかな?」とか「そんな風に感じさせるんだな…」みたいに。

 

正し、今回テーマの軸にしているように、褒めるという行為はお世辞もあって、打算も働くものだ。鵜呑みにするのは勘違いヤローになってしまいかねない問題ではあるので、やはりお世辞の見分け方は大事になる。特に恋愛感情が絡む男女間ではナイーブな問題だろう。

 

あくまでも褒められたときは、その言葉が「自分」を基に発せられたことを踏まえ、「それは間違いだ」とばっさり切らず、評価を受け止め、時に自信も持ちながら、「でも、お世辞かも?」って感覚で、これから説明していくお世辞の見分け方のポイントを押さえて正しい情報を得てほしい。

 

具体的で無ければ無いほど褒め言葉はお世辞の可能性が高くなる

人がお世辞を言う理由は、円滑なコミュニケーションのためや会話の雰囲気を良くするためだ。相手に好感を持ってもらいたいときもお世辞は言うため、誰かからお世辞を言われること自体は悪い意味だけで捉えないことは基本にある。

 

しかし、お世辞で言うことはあくまでも相手を基にしながらも、「一般的に言われたら嬉しいことや喜ぶこと」の中からセリフが選ばれる側面があるので、お世辞を見分けたいと思ったら「具体性」には注目するべき。一般的な言葉だけであればあるほどお世辞である可能性は高まる。

 

たとえば「かっこいいね」「可愛いね」と言った言葉よりも「背が高くてイケメンだね」とか「目が大きくて可愛いね」という方が相手の思ったことがより具体性を帯びていて、本当に褒めている可能性が高まる。本当に思ったことだから具体的なのだ。

 

誰かから褒められたときは「具体性」について注目し、「なんでそう思ったんだろ?」という問いに答える話が出てくるかどうかを見てみよう。「モテそう」なんて言葉は何の具体性も無いので、そのセリフだけならお世辞の可能性が十分にある典型例だ。

 

今回はいくつかお世辞の見分け方をちゃんと説明していくので、正しく見分けたい人は必ず「複数の視点」からきちんと見分けるようにしてもらいたい。

 

褒め言葉を否定した時の相手のリアクションで見極める

みんなの前で褒められたときや、まだ知り合い程度の人から褒められたときは、その褒め言葉を否定するリアクションを取ることが多い。褒められたことを常に真に受けていては「お世辞って言葉知らないの?」なんて思われてしまうものだ。恥ずかしくて照れ隠しで否定する人も多いと思う。

 

そんな時は相手のリアクションに要注目。あなたが褒め言葉を否定した時に、簡単に流す人ほどお世辞の可能性が高く、過剰に反応する人ほど本気で褒めている可能性が高い。お世辞はコミュニケーションを円滑にする効果を期待して言われることがある言葉なので「そんなことないよ~笑」って言葉だけでも笑顔が生まれ、その目的が達成できる。お世辞は、敢えて否定の否定はしない特徴があるのだ。

 

一つの視点として、「あなたのリアクションに対する相手のリアクションに注目」すると、お世辞の見分け方がより正確になる。

 

主語を使うか使わないかでお世辞を見分ける

お世辞は、一般論にするかしないかで見分ける方法も分かりやすい。それを見抜くのに「主語」に注目してみよう。

 

たとえば、「モテそう!」という言葉はお世辞で使われやすい。これは主語が「一般的な女性や男性」になっている可能性も含まれているし、視点も客観的だ。

 

しかし「俺は、〇〇はモテると思う」みたいに、みんなとか「誰か」よりも「自分」を押し出す褒め方をする場合は本当に褒めている時だ。主観的に見た上で評価したことを予想させる発言に映る。

 

「みんな〇〇って言っている」という褒め方は、相手がどう思っているかがぼやける。

対して「俺は〇〇と思っている」という言葉は「みんなは知らないけど、少なくても自分は」という意味が含まれている場合もあり、主観的に見ているから本気であることを予想させるのである。

 

恋愛が絡んだ場合は照れ隠しや恥ずかしいからと言った理由で「主語」を一般化することが見分け方を難しくしている面があるので、次からは恋愛感情が絡んだときにも使えるお世辞の見分け方に絞って紹介しよう。

 

何度も同じ部分を褒めるのは本気の証拠

例えば「髪がきれいだよね」と褒めらたとして、もしそれがお世辞ならその場で瞬間的に浮かんだ褒め言葉だから、同じことを褒めるよりは「美人だよね」とかのように、褒め言葉だけでなく褒めるポイントが変わってくる。本気で褒めている場合は「相手が思っていること」であるため、何度も同じ部分を褒める時は本気で褒めてるときの態度だ。

 

「いつもがんばっているもんね」と、頑張り屋さんなところ素敵だと思って本気で褒めるなら、「努力家だね」とか「いつも一生懸命だよね」などと言葉を変えることがあっても褒めるポイントが変わらない。

 

外見に絡むポイントでも同じで、褒め言葉は何度も同じことを言わなくても、褒めるポイントが変わらずに、何度も同じポイントを褒めるなら本気で思っている可能性が高い。少なくてもあなたの良いところはその褒めポイントだと思っているのだろう。

 

恋愛感情が絡むと、多くの場合で「それ、本気で言ってる?」と思うことが出てくるが、こんな見方をすると相手の心理が少し見えてくるはずだ。

 

相手の性格を踏まえると本気かお世辞か見抜ける

褒めた相手の性格を知っていれば本気かお世辞かはより分かりやすくなる。これはチャラさとかの「信頼性」をしっかり判断できればそれ以上ない見分け方になるだろうが、そこまで相手を理解していなくてもお世辞の見抜き方のポイントがある。

 

それは「相手の異性への積極性」だ。

 

異性である男性や女性に積極的な人は、本気で言っている場合に「目をしっかり見て言う」とか「お世辞じゃないことを伝えてくる」みたいな積極性を見せる。適当な言い方をしているときはあなたへのアプローチというよりはお世辞でその場を盛り上げているだけだろう。

 

対して、異性に消極的な人が本気で褒めるときは「目を見れない」「恥ずかしそうにする」「照れてごまかす」と言った態度を取るのが特徴。お世辞の時の方が「目を見られる」し「態度を変えずに伝えることができる」のが特徴だ。

 

異性に消極的な人はたとえお世辞でも異性を褒めるときに照れるタイプも多いが、そんな人は言葉を一般化して持ち上げる感じでお世辞を言う。みんなの前よりも二人の時に褒める時も消極的な人は本気で言っている場合が多い。

 

恋愛を前提にお世辞の見分け方を見るときは、相手の「異性慣れ」のところで判断する目も持ってみると、積極性の部分で態度の違いが見える。

 

ついでに褒めるのはお世辞の褒め方

今触れたばかりだが、何人かで話しているときに褒めるのはお世辞の可能性を高めるのだけど、「二人の時」以外に見分けるなら、あなたが褒められた時の状況が「ついで」か「主役」かでお世辞と本気の違いを考えてみよう。

 

もしみんなで話しているときに、誰かに「ついでに褒められた」なら、お世辞の可能性が高くなる。他のポイントでもお世辞っぽい雰囲気なら本気で思ってないのだろう。流れで褒めただけかもしれない。

 

たとえば「〇〇ちゃんってモテるでしょ?」とあなたの友達が質問形式で褒められたとして、その会話の流れで「〇〇ちゃんもモテそうだよね」ってついでに聞かれたならダシに使われているパターンだ。「一緒にいるのに触れないのは失礼」と考えていそうな態度である。

 

これが友達よりも先にあなたが聞かれたなら、相手はあなたへの興味が強いから聞いた可能性が高くなって、ついでに友達にも聞いていたとしてもそれは友達に対する「ついでのお世辞」である可能性が高い。

 

多くの人と一緒にいるときは、自分を最初に話題に出すのか、流れで自分に話題を振られるのかでお世辞と本気の違いが見える場合がある。

 

まとめ

今回は「お世辞の見分け方」を、本気に褒めている時との違いも含めてまとめた。恋愛が絡む状況と一般的なシチュエーションで説明したが、少しでも見分けやすくなっただろうか。

 

お世辞で言っているのか、それとも本気で言っているのかは相手の気持ちの部分なので正直微妙な判定しかできない。ただ、いくつかの視点を持っているとより正確に予想できる場合は出てくるはずなので、「本当はどう思っているんだろ?」と思ったときは参考にしてもらいたい。

 

関連記事: