読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

【恋愛】自分の性格を変える方法とは~ダメな自分を治す方法

女性向け恋愛コンテンツ集 モテる男になるために 彼氏を作る 彼女を作る

f:id:Brightfuture:20160521154451j:plain

「自分の性格を変えたい!」

そう思う人は「より良い自分」が見えているのだからいずれ本当に自分を変えることができる人だ。

ダメな自分を治す方法に悩む行為そのものが未来のあなたを輝かせる。

 

自分の性格を変えるには行動を変える必要がある。

自分の性格には良いところと悪いところがあるけれど、特に「恋愛」を意識したときは、好きな人から自分の性格を判断されるとき「接し方や態度」が大きなウエイトを占める。それを変えることで最低限「他人から見た自分の性格」を変えることができるのはイメージしやすいところだろう。

行動や態度が板に付けば、その時には自分の性格が変わったことを自覚できるはずだ。

 

今回は恋愛を意識しつつ、「自分の性格を変える方法」についてまとめていく。

自分の嫌なところを治すにはどうしたらいいか、ダメな自分を治す方法を解説するので参考にしてみよう。

 

 時間はかかるけれど、自分の性格は変えられる

ダメな自分を変えたいと思うなら、「自分の性格は変えられる」ことを信じることからスタートしよう。失敗も後悔もたくさん重ねながら、それでも人は変わらずにいられない生き物だ。あなたが思う「前」へ、自分を進めていく気持ちを持ってほしい。

今の自分は「変えられない」のではない。「変える」のである。

 

自分の性格について深く考える人はネガティブに考えてしまう人が多い。

考えても考えても自分の性格を変える方法が分からないと、気分はつい落ち込み気味。

 

しかし、その思考の過程に置いて「だから自分はダメなんだ」という落としどころを彷徨うべきではない。「それでも自分を前に進めるためにどうしたら良いか」を考えよう。苦しいことかもしれないけれど、今回の記事でそのヒントはふんだんに盛り込むので是非参考にしてもらいたい。問題解決型の思考は、落ち込んだり、凹んだその先にあることを知ってほしい。

 

時間がかかるかかるけれど、自分の性格は変えることができる。

むしろずっと何も変わらずに生きている人はすごく少数で、もしあなたが何年も何十年も何も変わらずに生きている人を知っているなら教えてほしいほどだ。

 

つまり、変わっていく宿命にある自分をより良い方向へ自ら導くことが性格を変える方法にもなるということ。ネガティブに考える時間が多い人生を送るなら自分の性格もネガティブになるだろう。しかし、ポジティブに変わろうとして考える時間、起きた事実をポジティブに受け止めようと努める生き方をしていれば性格もポジティブに変わっていく。

 

時間がかかることなので即効性も、もしかしたら自覚もないのかもしれないけれど、その人の雰囲気や空気というのは直近の何年かをどう生きてきたかで変わるところがある。自分の性格を変えたいと願うのなら、変ろうとする意思と変われるんだという期待を持ってほしい。

 

性格は変えることができないと思うなら、変えることのできる「行動・態度」を変える

人はすぐに成果になること以外は続けることが困難だ。時間のかかる方法を先に紹介したけれど、もちろん即効性が期待できる方法もある。

 

これまでの経験や努力の結果、もし「自分の性格は変えることができない」と強く思うのなら、変えることのできる「行動と態度」を変えよう。「〇〇できなかった」とか「〇〇してしまう」という自分を一つ一つ変えていく。

 

失敗もするし、できなかった経験も増えてしまうのかもしれないが、人があなたを判断するとき、見ているのは「行動・態度・言葉・雰囲気」である。

特に恋愛を意識した場合に「自分の性格を変える方法」は今挙げた4要素がすごく大事で、相手はあなたが何を思って一つの行動を取ったか正確には伺い知れないから、もっと表面的なもので判断している。

 

自分の性格を変えたいと思うきっかけは他者からの評価であることも多い。「嫌われる」とか「好かれない」と言ったような。

もし「こうしたら人と好かれるのにな」と思うことがあるなら、何度かで良い、やってみよう。

できなくてもいい、できる時を作ってみよう。

段々とその回数が増えていけば他者からの評価が変わっていき、その内他人から見た「自分の性格」が変わる。

 

今、あなたはこの記事を書いている私の性格をどう考えているだろう。

もし、あなたが私に対して少しでも感じることがあったなら、それは私がこの記事を書くという行動によってもたらされたものだ。確かに何を書くのかで予想する性格は大きく変わるのだろうが、いずれにしても行動が生んだものに違いない。

 

「理想の自分の性格」を何となくでも描けている人は、そんな自分を表現する瞬間を作ろう。特に他者を意識して「自分の性格」にアプローチする際は、行動・態度・言葉が重要。一貫してできるまでにならなくても「一つの機会」があなたのイメージを変えるのは事実で、それを「ギャップ」と呼ぶこともあり、機会と人によっては「本当の性格」だと判断する。

 

行動を変えれば、それによって次に起きる結果が変わる。

結果が変われば考え方や経験則が変わって、いずれ自分の性格を変える。

できることからやってみる。良い結果が起こった行動・態度・言葉を繰り返す。少しずつ好転していく中で自分を磨くことができれば性格も変えられるはずだ。

 

人の行動・態度・言葉をマネる

ここまでの「自分の性格を変える方法」が難しいと思った人は、友達や先輩や上司や先生など、素敵だなと思った人の行動・態度・言葉(ファッションなども含めて)をマネするところから自分の性格を変えていこう。「こうしたらうまくいく」という自分の姿がイメージできていなくても大丈夫。見本を探して見習えば良いのである。

 

繰り返しになるけれど、自分の性格を他者が見たとき、その判断材料はとても表面的なものだ。誰もが自分とかかわる人の気持ちはわからないから、何とか「相手を知ろう」とするとき、表面的なもので性格を含めた「その人」を知るしかない。

 

たとえダメな自分でも素敵な行動をとっている人は、自己評価とは裏腹に素晴らしい人だと噂される。本当はいい人ではなかったとしても…、でもこれは世の常だ。

自分を取り繕うのではない。どう表現するかを人間関係では求められる。それを良い方向で考えるという話だ。

 

もし常識やマナーに疎いことで自信がない人はベストセラーになっている下の「マナーの本」を読んでみるといいかもしれない。

図解 マナー以前の社会人常識 (講談社+α文庫)

図解 マナー以前の社会人常識 (講談社+α文庫)

 

 自分の性格を変えたいと思うならまず人のことを観察して、明確に自分の問題点を洗い出し、どうしたらそれを変えることができるかを考えるアプローチが有効。周りの人をマネしてみることなら簡単に始めることができる。

 

自分の良いところにも目を向ける

自分の性格を変えるには継続的な努力が必要だ。ダメな自分を治したいと思う人はつい自分を責めてしまうけれど、辛いことばかりでは続けることができない。ぜひ、自分の良いところにも目を向けてほしい。自分を好きになって、磨いていくという意識を持てれば、もっと意欲的に自分の性格を変えることができる。

 

自分の魅力に気づくと自信が持てるようになるし、自分を好きになることもできる~自分の魅力が分からない人が自分を好きになるために 」の記事でも触れているのだが、人の長所と短所はつまり「特徴」であって、時と場合、または見る人によって「長所と短所」が分かれる。

自分の性格を客観的に知ることで「自分の性格を変える方法」はより正確になるので、興味を持ったら下の記事の診断を受けてみてほしい。客観的に自分を知れると、表現の方法もより明確になる。

 

 

自分の嫌なところを「だって変えられないんだもん」と思うあなたは

この記事を読んでいる人の中には具体的に頑張ったけど「自分の性格を変えることができなかった」という人もいると思う。

 

そういう人は視野と考え方に幅を作っていこう。選択肢を増やしていくと「いつも○○してしまう」という自分の性格を変えることができる。自分の嫌な性格を治す際は、「だって変えられないんだもん」から「こうすればこんな風にならないのかな」とイメージを膨らませることが大事だ。

 

誰だって失敗は繰り返したくない。視野と考え方に幅が作れると、失敗するとわかっている行動や態度を減らすことができる。

 

少しずつなのではあるが、「こんな方法もあったんだな」と思うことで変わってくる部分がある。ちょっとずつでも変わっていく自分を認めてあげて、性格を変える方法へ昇華していくと「変わらない自分」ばかりに目を向けることも減ってくる。

 

変えられる「未来」をより幸せに迎えるために

自分の性格はダメだと考える人は、過去に積み重ねた失敗にフォーカスしてしまう傾向が強いとよく思う。変えられない過去を考え続けていて、また失敗するのが怖い面もあるのだと思うけれど、変えられる未来を自分で作って行こうとする意志が弱い。

 

過去の生き方が今の自分を決めてしまっているけど、これからの生き方が未来の自分を作る。

 

どちらに自分の視点を向けるべきだろうか。

 

反省し、改善・対処を考えたなら、少しずつ行動を起こそう。未来の自分を今から作っていこう。

 

私は何年かぶりに会う友人に「変わったね」って良い意味で笑顔で言う機会もあれば、内心で「あれ?」って思うこともあって、会わない期間にどう過ごしてきたかが結構重要なんだなと思うことがある。きっと私に対しても久しぶりに会う友人は何等かの思いを持つのだろう。

 

そんなことを繰り返す中で、私は「自分の性格を変えることはできる」と思っている。変わらない部分はある。でも、変えられる部分もあって、何にも変わらない人なんていないのだから、より良い自分になっていけたら素敵だなと思う。

 

自分の性格を変えたい人は是非前向きに明るい未来を作っていってほしい。

 

まとめ

今回は「自分の性格を変える方法とは」ということで、「ダメな自分を治す方法」をまとめていった。

自分の性格を変えたいと思う人が少しでもヒントを得てくれたらうれしい。

 

人の性格というのはなかなか一気に変えることが難しい。

でも、人の印象を良くするには行動や態度や言葉を変えることで達成できる。行動を変えると至る結果が変わるから性格も変わっていくだろう。

 

より良い自分に変わっていきたいという気持ちは素晴らしいものだ。

ぜひ、少しずつでも、たった一回の機会からでも、理想の自分を表現できるようになっていこう。繰り返す中で気付かぬ内にでも自分が性格ごと変わっていっているはずだ。

 

他者と密接に関わる恋愛では人を成長させる面もある。奥手な性格の人が「恋愛したい」と思うなら、下の記事も合わせて読んでみてほしい。

 

 

関連記事: