読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

いきなり告白されると相手はどう思う?成功の確率や振られる理由を解説

モテる男になるために 女性向け恋愛コンテンツ集 付き合う前の時期

f:id:Brightfuture:20161128213055j:plain

「一目ぼれした好きな人にいきなり告白するとどう思われるだろう」

「仲良くなる前だけど好きな気持ちが止められないから、いきなりだけど告白してしまいたい」

 

恋愛には順序があると分かっていても、「いきなり告白すること」を考えたことがある人は少なくないかもしれない。今まさに検討している人もいるのだろう。

 

このブログでは「好きな人と関係作りをしよう」と常々伝えており、距離を縮める方法についても多く発信しているが、それはいきなり告白することを否定する考え方だ。

 

今回は、そんな考え方を基に体験談も踏まえながら、「いきなり告白されると相手はどう思う?」という質問に答えを示したい。成功確率や相手の心理、振られやすい理由などに触れていこう。

高校生でいきなり告白されると

私の場合、高校生の時は1年に一回くらい「いきなり告白される」という経験をしていて、その中には付き合うことになった女子もいた。

 

高校生の時の恋愛はそれ以降に比べてフィーリングカップルの要素が強い。読者からの恋愛相談でも、仲良くなって距離を縮めて、デートを繰り返して付き合う、みたいな恋愛が高校生の時は少ない。

 

高校生の恋愛がまだ子供の恋愛も多い年頃だとすると、「いきなり告白するのはアリ」ということになるかもしれない。読者から聞いている話では実際そういう告白に至った人も複数人いたから、一般的な恋愛の一つの形であるとの認識も持っているところだ。

 

特に、容姿に自信があるタイプなら、いきなり告白した場合の成功確率が悪いと思わないのが10代後半からそれ未満の人。可愛い女子、カッコいい男子なら、成功の確率がすごく低いってこともないだろう。

 

10代の恋愛もできれば順序を踏みたいけれど、気持ちを伝えられない人に比べていきなりでも告白できる人の方が恋愛に成功している面は否定できない。アリなら彼氏や彼女が欲しいと思う人も少なくないため、フィーリング的な恋愛があなたの周りでも多くなっているなら、「いきなり告白する」ということを選択肢にしても良いと思わないでもない。

 

大学生でいきなり告白すると

私の場合、大学生を過ぎてからはいきなりの告白を全て振っている。中には友達に「何であの子振ったの?」と詰め寄られるような女子からの告白もあって、相手が気に入らなかったというのが理由ではない。

 

詳しい理由は後述するが、大学生以降はいきなりの告白だと気軽に付き合えない人の方が多い。好きになりきっていなくても付き合う人はいるが、それはあくまでも関係がある程度できていることが条件となるだろう。一緒にいて楽しいから付き合うのがアリとなる。

 

いきなり告白する相手というのは、多くの場合でイケメンや可愛い女子だったりすると思うし、雰囲気が良かったり、仲良くなる前から相手に魅力を感じるから好きになるわけだが、そんな人は告白される経験をしている人がほとんどだ。だとすれば、いきなり告白することで心を動かすのは難しい相手となる。告白されて舞い上がるタイプじゃないからだ。

 

外見はモテと関係するけど、付き合うことはそこまで関係ない。大学生の恋愛から先は、こんな考え方が必要になってくる。片思いの時に頑張ったから両想いになって付き合う時に仲良く付き合える面があるから、きちんと関係作りをする片思いの仕方をおすすめしたい。

 

社会人でいきなり告白はナシ?

今述べたように、社会人の恋愛までなると、いきなり告白するのは正直賛成できない。明確に私は反対だ。

 

恋愛の仕方も学生と社会人で違ってくるし、社会人の恋愛は甘酸っぱい体験と言うよりもう少し現実的だ。止むを得ない事情がない限り、きちんとアプローチするべきだろう。付き合っても学生のころのように上手く行かない。

 

今の世の中では多くの人が恋愛未経験で社会人になっているが(参考:調査で発覚 付き合ったことがない20代男性は4割!)、人間関係の作り方はその人の人となりが出る部分。日常的に関わり合うカップルの関係になろうとするのに、その前段階がないなら、その常識感覚が疑われ兼ねない。

 

転勤や転職、配置換えなどの事情があれば今後の付き合い方と相談になるが、関係作りが難しいという理由でいきなり告白するのを検討するなら、発想を変えて「どう仲良くなるか」を真剣に考える方が恋愛成就の可能性を高める。

 

いきなり告白されたらどう思うか?と言えば、社会人だったら「何でいきなり告白?」って戸惑いが大きい。迷惑とまでは言わないが同じ会社の人だったりすれば気まずさが仕事の邪魔になるかもしれない。もし好きでいてくれたなら関係を作ろうとしてほしかったと思うのではないだろうか。

 

では、なぜいきなり告白されると振られてしまう可能性が高いのか、その理由について経験を踏まえてもう少し解説していこう。

 

いきなり告白すると振られる理由

たとえいきなりだったとしても、告白がOKされると二人は付き合うことになる。それを相手の立場で考えると、いきなり告白された場合、友達期間も短くなりがちで知り合い程度の関係から親密に付き合うカップルとなる点は、やはり恋愛的に難しいスタートになると言わざるを得ない。

 

告白の返事に「お友達から始めましょう」という言葉があるけれど、文字通り告白を機にお友達から関係を作る恋愛は非常に稀だ。現実的に考えるなら、OKされた場合、彼氏彼女の関係を「友達になる工程」から作り始めることになるだろう。恋人と友達は明確に違う関係性だが、親密になる工程自体は似ているところも多いからだ。

 

「付き合うことが想像できない」

こんな理由がいきなり告白した場合によくあるリアクションである。

 

それも含めて、いきなり告白されるとOKがもらいにくい理由を解説する。

 

「自分の何を知っているのか」と思ってしまう

いきなり告白されると、「俺(私)の何を知っているの?」という感覚になる。どんな告白も驚くものだが、仲良くなる前に告白されると戸惑いを隠すことができない。

 

そういった感覚は、次に「外見だけで好きになったの?」という感覚に変わる。「そもそも本当に好きなの?」と思う人も多くいることだろう。

 

イケメンや美女は外だけを見て好きになられることにアレルギーを持っている人が少なくないし、恋愛の本質からも遠ざかるため、気持ちの軽さを想起させる点には注意が必要である。

 

自分のことをよく知らない人から告白されて、付き合うという判断をするということは付き合うってことを軽く考えているタイプが該当するかもしれない。だから、30代より20代、20代より10代の方がOKする可能性が高い。

 

逆に考えてみると、付き合うことが重いことだと思う人はいきなりの告白に対してOKする選択肢がない場合も多いと言える。いきなりならどんな相手でも断ることを決めているのは、恋人になることに大きな意味を感じている人だ。

 

いきなり告白すると振られる可能性が高いのは、相手が自分を知らないと考えるからである。

 

付き合っている姿が想像できない

世の中には「お試しで付き合う(参考:お試しで付き合うとは~言う心理や付き合う理由と期間)」という言葉もあるが、付き合えば別れがあるのが恋愛で、多くの人は簡単に付き合うことを決めない。

 

いきなり告白することのデメリットは、お互いがよく知り合えない点が一番大きい。たとえ一瞬「ちょっといいな」と思ったとしても、相手を知らないことが「付き合う」という特別な状態になる決断へ待ったをかける。

 

何人かと付き合って、好きな人と関係作りができるようになると、「デートに行ったらなんか違った」という経験をすることがある。何とも表現に迷うのだけど、二人で長時間一緒にいると見えるものがあって、そこに違和感を覚える場合だ。

 

デートを何度か繰り返してから告白するなら、その告白にどんなリアクションをするか相手が考える際、具体的な材料がある状態になる。好きになる前だったとしても、「ちょっといいな」で付き合うことを決めるのは「一緒にいて楽しかったから」だ。もちろん恋愛的なドキドキやキュンとするタイミングも何度かあった時が付き合う時だろう。

 

いきなりの告白が振られるのは、付き合っている姿が想像できないから。上手く行く姿も、一緒に居る時の空気や雰囲気も分からない以上、どうしても「ごめんなさい」と言わざるを得ない。

 

「なぜいきなり告白することにしたのか」が分からない

ちょっと逆の立場で考えてみると、いきなり告白する人に対し、「何でいきなり告白するの?」とあなたも思わないだろうか?

 

LINEやメールを交換すれば直接会わなくてもコミュニケーションが取れるし、知り合いならせめて友達になろうとしてほしいと思ってしまう。

 

人と仲良くなる時、多くの人が「心地良い距離感」を意識するから「いきなり告白する」という感覚が理解できず、「なんか変」って感覚がお近づきになることすら躊躇わせることがあるのだと思う。

 

特に女性の場合はそう思う人が増えるだろう。女性の感覚なら「ちょっと怖い…」って思ってもおかしくない。

 

恋愛の仕方や価値観に関わるところで違和感を持たれると、恋愛成就の可能性はそれだけで低くなる。告白されるなら、告白されるまでのエピソードがないとその行動自体が不自然に思えるので、距離感を失っている行動だと思えば一人よがりな印象を与え、やはり断るしかない状況になる。

 

いきなり告白するのは、ちょっと待とう

私の意見では、今回のテーマ「いきなり告白する」という行動に反対だ。振られる理由を読んでその意味は大よそ分かったと思うが、やはり順序を踏む恋愛の方が自分たちの可能性にかけることができるし、たとえベストなタイミングで告白できないとしても、関係作りに費やした時間は好きな人に「前向きな検討」くらいはさせることができるはず。

 

上手く行かない恋愛に対して「もう告白してスッキリしたい」って気持ちになるけれど、それは少しでも努力した後の話であり、まだできることがあるなら「いきなりの告白」に頑張るよりも、違う方向で頑張りたい。

 

距離を縮めるように片思いできれば、付き合うことになった後も上手く行く。両想いでも付き合って上手く行かないカップルは多いのだから、もう少し長い時間で好きな人とのことを考えるべきだと思う。

 

もしアプローチの仕方が分からないなら、下の記事を読んでみよう。参考にして、自分のことを好きになってもらえるような恋愛の仕方をしてほしい。

 

 

好きな人と仲良くなりたいなら~好きな人と仲良くなるためにするアプローチは自分を好きでいてくれることを期待してはいけない 

 

好きな人との距離感とは~心も体も、適切な距離で接するために恋愛における「距離感」を徹底解説

 

内気な性格の女子が幸せな恋愛をするために!7つのポイントでモテ行動が取れるようになろう

 

大学生で恋愛経験なしはヤバイ?不安なあなたへ、大学生恋愛の特徴と恋愛経験ゼロを卒業する方法を解説する

 

女性の扱い方が上手い男と下手な男の違い~女性の扱いを知らない、分からないならこの差を意識しよう

 

まとめ

今回は「いきなり告白されると相手はどう思う?」という質問の答えをまとめた。成功の確率や振られる理由にも触れていったので、ぜひ参考にしてみてほしい。

 

いきなり告白するにはそれなりの事情がありそうな気もするけれど、順序をぶっ飛ばしていきなり告白するとなれば、どうしても可能性は低くなるというのが経験則だ。特に学生を過ぎれば恋愛の仕方も大人になっていかないといけない。

 

好きな人ができたなら、告白に至るための軌跡を歩もう。