読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

結婚の意思が無い彼氏…このままだらだらとした付き合いを続けてもいいの?20代から30代の「結婚願望のない男性」とのお付き合いについて

カップルあるある 女性向け恋愛コンテンツ集

f:id:Brightfuture:20161004163639j:plain

結婚の意思がない彼氏との付き合いは、「ダラダラと付き合っている」って感じがして、結婚願望が強い女性ほど悩みになってしまう。

 

「私は、このままで幸せになれるのかな…?」

「結婚する気がない彼氏と付き合っていたら後悔するかもしれない…」

 

20代から30代の間は、将来結婚したいと思っている女性に取って大事な時期だ。結婚願望のない男性と付き合うかどうかも問題だし、ダラダラ付き合うべきかも迷うところ。

 

そこで今回は、「結婚の意思がない彼氏とダラダラとした付き合いを続けて良いのか」という問題について考えてみる。あなたの彼氏が結婚願望のない男性だったら詳しく読んでみてほしい。

 今、彼氏が大好きだと言える?

結婚の意思がない彼氏との付き合いが本当にダラダラするとしたら、それは惰性で付き合っている場合だ。友達関係ならまだしも、恋人関係は腐れ縁になってしまうと幸せが感じられない。もしかしたらそこに安息はあるかもしれないけれど。

 

結婚願望がない男性と結婚願望がある女性が付き合うのは、そこに強固な恋愛感情がある場合だ。付き合い始めはそんなに気にしなくても良いが、半年から1年、2年と月日が経つに連れて「結婚したいのか、したくないのか」の価値観は直接カップルに影響を与えることになるため、結婚の意思がないと感じた時は、前提条件として「彼氏への愛情がどれくらい大きなものか」を考えないといけない。

 

結婚したくないと考える人が増えて、生き方も多様化した現在では、結婚したい人から見た「時間の無駄」という付き合いが現実的に増えている。結婚の意思は変わるものでもあるが、変えることができるかと言えば難しい場合が多く、自然な価値観の変化をあなたが受け入れようとするとき、絶対に条件となるのが「愛情問題」である。

 

好きならまだお付き合いを継続する意味があり、強い愛情が無いなら「結婚が遠のいている事実」を受け入れるべきだろう。

 

結婚の意思は変わる場合があるのか、男性心理は?

結婚の意思がない男性と一口に言っても様々なタイプがいて、強弱も本当に分かれている。あなたの彼氏は「どの程度、結婚の意思がないのか」を考えてみることは、今回のテーマに答えを出す際、大事な考え方だ。

 

私も「結婚の意思がない」という男性と何人も出会ってきた。その中には、結婚しないまま30代を終えた人も当然いたが、数か月後に結婚した人もいた。しかもそれが複数人いるのだから「価値観の変化」というものは「起こる」というところまでは言える。ずっと結婚願望が強い人というのも、実は珍しい現実もあるだろう。

 

結婚の意思は変わる場合はちゃんとあるから、付き合ってからの期間が短いほど「オレ、結婚したくないんだよね」って言葉を鵜呑みにする必要はないかなと思う部分もある。1年を過ぎたあたりから先は「結婚の意思に変化が起きにくい」から、より真剣に「彼氏の気持ちの変化が起きるのかどうか」を吟味しないといけないだろう。

 

急に結婚の話をした彼氏の場合などはそうなのだが、自分が「結婚」という問題と僅かながらも向き合った際に、彼女に結婚の話を振る彼氏がいる。そこで気持ちの変化が起きていく可能性はないわけじゃなくて、結婚願望のない男性と言ってもどれだけ真剣に結婚を考えたかによって意思の強さも変わってくる。

 

そんな状況を表す一つのエピソードとして、「別れてすぐに結婚する」なんて話があるくらいだ。結婚問題と真剣に向き合っていない彼氏ほど、状況が変わることで気持ちが変わる可能性があるのだと思う。

 

原則、彼氏が好きなら結婚を目指す!その理由とは?

あなたの結婚願望が強ければ強いほど、結婚する気がない彼氏から段々気持ちが離れていくはずだ。もうすでに冷め始めているかもしれない。そうではないと言い切れる人は、「結婚を目指す」という考え方にシフトして、彼氏の気持ちを変える努力の方を始めるべきだろう。

 

「原則、彼氏が好きなら結婚を目指す」と主張する理由は、「結婚の意思がない彼氏であっても、あなたが好きだから」である。好きな人と別れるのは「もう無理…」って状況にならない限りいずれにしても難しいだろう。

 

あなた自身は「結婚」としっかり向き合って、彼氏の気持ちを変える努力をして、要は「ダラダラ付き合うのではなく、彼氏を変えようと頑張って、答えを出すように付き合おう」と言うことだ。現在の問題点は「ダラダラと付き合っている感じ」が時間の無駄のように感じている点。ここはどんな女性も、結婚したいなら放置するべきじゃない。

 

彼女から将来の話をされたりすれば、結婚の意思がない彼氏ほど嫌がるのだと思うけれど、だからと言ってダラダラとしてしまえば、「責任取ってよ!」なんて言葉が口から出てしまうかもしれない。だったら、そんな結末を迎える前にタイミングや言い方をちゃんと考えて、二人で「未来」を考えた方が良いだろう。

 

無理に「別れないといけない!」って考えるから決断できずに問題へ悩みながらも放置してしまっている。20代~30代の女性は、結婚を意識したとき、「対処」に意識改革をしても良いのだと思う。

 

彼氏に結婚の意思がない理由は何だろう?

まだ話をしないといけないことも残っているはずだ。

 

「結婚相手が見つかるか不安なだけ」で別れられないなら

自分に女としての自信がない人は、結婚の意思がない彼氏とダラダラ付き合う傾向が強い。もし「結婚相手が見つかるか不安なだけ」で別れられない場合は、恐らく答えは自分の中で出ているのに、問題を先送りしてしまっているかなと思うところだ。

 

確かに「次の人が見つかるかどうか」が現在の彼氏や彼女と別れるかどうかに影響を与えることがある。これは本音の話で、実際に「モテるタイプは離婚率が高い」というデータもあるくらい。「次が見つかるのかどうか」は、恋愛や結婚で実は大きな要素となる。

 

だが、私の経験上も周りを見渡しても、この理由でダラダラ付き合っていても時間の無駄だ。「何かを手に入れたければ、何かを捨てないといけない」の典型例となる。恋愛は副作用も強いから、気持ちが遠ざかると幸せが逃げてしまう。

 

もし、結婚相手が見つかるか不安なだけで、結婚の意思がない彼氏とダラダラ関係を続けているなら、止めるのが賢明な判断になるだろう。

 

出会いが無かったり、恋愛に自信がない場合でも、実際に婚活を始めれば結婚の意思がある男性との出会いでイメージとは違った方向へ進む場合も多い。要するに、「進む勇気がない」という状況に陥っているケースだ。それは問題の先送りだから、いずれ時が満ちて向き合うことになる。

 

たとえば、婚活大手の楽天オーネットならお互いの理想同士で現実にマッチングする人がいるのかを知ることができる「結婚チャンステスト」をやっている。

 

イオングループの結婚相談所ツヴァイは「理想の人と出会うためには、まず自分を知ること」ということで「恋愛傾向診断」に力を入れている。婚活がどんな感じかを知るための資料も同時に届けてくれるから、見てみたい人はこちらの方がおすすめだ。電話で送付先確認があるけど、案内だけだから気軽に受けられる。

 

結婚は年齢も絡むものだから、実際に「時間の無駄」が存在する。惰性で付き合うデメリットに目を向けるべき人は、後悔しないために「今」ときちんと向き合っておこう。

 

一度距離を置く選択肢も意識してみる

結婚の意思がない男性は「将来の話」に対して「逃げる」という態度で接することが実に多い。「どう思っているのかも良く分からない…」なんて女性もこれを読んでくれているだろう。

 

そんな時は、あくまでもよくよく考えた後であるが、「一度距離を置く」という選択肢も検討してみよう。一緒にいるだけじゃ考えが深まらないことがあるし、「またか…」なんて彼氏に思われるのも上手く行かない原因となる。

 

少し離れてお互いに考えてみることで、カレばかりではなく、あなた自身も考えが深まっていくだろう。「ダラダラ付き合っている」という感覚があるなら、その関係をリフレッシュする効果もあるため、「今を変えること」ができるかもしれない。

 

ちなみにこれは結婚問題が煮詰まった友人カップルが実際に採用した方法で、約2ヶ月くらい距離を置いた後、婚約に至った。「どれだけ大事な存在か、会えない時間で気づくことができた」という言葉の意味は、結婚を決意するに十分な理由となったようだ。

 

 

長く付き合えば結婚できると思わない、ずっと一緒にいたい女子になる

結婚の意思がない男性に結婚願望を抱かせるためには、「付き合った期間」によるアプローチも有効じゃないわけじゃないが、「長く付き合えば最終的に結婚できるはず!」と思うのは大変危険な考えだ。

 

結婚できるかどうかは、相手の価値観に依存する部分がある一方で、一人の女性との出会いで一気に変わることもある。「一生一緒にいたい相手が見つかる」なら当然、どんな男性でも結婚を意識するということだ。

 

従って、付き合う期間をどう伸ばしていくかを考えることより、ずっと一緒に居たいと思える女子になる方がよっぽど大事であり、あなたにも求められる努力があるだろう。

 

男性同士の会話で、「もう、長いしな」って言う男性が後にその彼女と結婚したことは何度もあるのだけど、少なくてもその時間で「二人の絆」をしっかり深めていた。ただ時間を送る付き合いは、むしろ結婚を遠ざけるだろう。

 

一生一緒にいる恋愛の仕方は、お互いが少しずつでも成長して行けなければ達成できない。彼氏の結婚願望を意識すると同時に、自分自身が素敵な女性になろうと頑張ってみよう。

 

「この彼女となら…」と思ってもらえる状況なら、将来の結婚はより現実的になるはずだ。

 

まとめ

今回は、「結婚の意思がない彼氏とダラダラ付き合いを続けていいの?」という疑問に、いくつかの選択肢と考え方から私の意見をまとめた。20代から30代の女性で結婚願望が強い場合、「結婚願望のない男性」との付き合いは迷いや悩みがあるので、参考にしてもらえたらと思う。

 

今回の問題は、「ダラダラと付き合っている点」が問題だ。まず「本当に好きなのかどうか」、次に「どの程度の時間が過ぎたのか」を考えて、決断のタイミングからは逃げないように向き合う。

 

相手男性の意思が変わる可能性は、あなたと過ごした時間が少ないときほど残っているから、やはりそれなりの時間を一緒に過ごして、未来を考えることができるかどうかのジャッジは焦るべきではない。

 

結婚の意思というのは「ある・ない」だけでは括ることができず、出会った相手に寄るところが十分に「決意」へと影響するため、信頼関係をもっと温めるべきカップルもいるだろう。

 

「答えが出ているけど考えてしまう人」もいたと思うから、実際に婚活に動き出すことで心がスッキリする場合もある。後悔のないように充実した日々を自分から作っていこう。

 

関連記事: