読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

【○○までに彼氏がほしい!】短期間で彼氏を作る方法まとめ~7つのステップで徹底解説

おすすめ 大学生の恋愛 女性向け恋愛コンテンツ集 彼氏を作る

f:id:Brightfuture:20160519173439j:plain

「一緒に海に行きたいから夏までに彼氏を作る!」

「一人は寂しいから誕生日までに彼氏がほしい!」

「30歳になるまでに彼氏がほしい!」

色々な理由があって、短期間で彼氏を作る方法が気になる女性もいるだろう。大声で周りに言えないけど、彼氏作りに頑張ってみようかなと思うとき、ネットから「短期間で彼氏を作るにはどうしたらいいか」を探す人がいると思う。

 

今回は「短期間で彼氏を作る方法」を7つのステップで徹底解説するので「○○までに彼氏がほしい」と本気の女性は参考にしてみよう。

 

自分を恋愛モードに入れる

短期間で彼氏を作るために、まず自分を恋愛モードに入れよう。私が普段女性と接していて、実はかなり大事なことだなとよく思う。「いい男いないかなぁ」と言う女性よりも「素敵な恋愛がしたいな」と思う女性の方が男性から見たときに魅力的だ。

 

恋愛モードから離れている女性は、どことなく男性が彼女候補から外すことが多くなり、女性側も吟味し過ぎたり逆にがっついた態度になってしまう原因になるから「自分を適切な恋愛モードに入れる」のが最初のステップ。

 

短期間で彼氏がほしい理由次第では、変に焦ってしまったり、逆に彼氏がほしいと言いながら恋愛する気もなさそうな慎重さを感じる女性がいる。それを「素敵な恋がしたい」という純粋な気持ちにしておくと、意識する男性が現れた時のイメージが変わるので、それぞれの方法で自分を恋愛モードに入れる行動を取ろう。

 

自分を恋愛モードに入れる方法としては、

「短期間で彼氏を作るぞ!」って気合は、多くの場合で今の男性が逃げていくオーラを放つので、前に出し過ぎないようにしながら自分を恋愛しやすい状態にしていこう。感情面の起伏が大きい女性は特に大事だ。

 

自分を磨く

短期間で彼氏を作るために、今から彼氏ができるまで何でもいいから自分磨きを平行して行っていこう。具体的な努力をすると目的達成に向けたモチベーションを高める効果があり、中途半端になってしまうのを防げる。連動させて前向きに彼氏作りに取り組みたい。

 

また、男性として思うのは「自分磨きをして、少しでも可愛くなっていく女性は、女性らしいテンションの上げ方ができていて、むしろそっちの方が可愛い」という点。

 

女性自身は分からないかもしれないが、ダイエットして可愛くなっていく女性は雰囲気も合わさって実に輝いて見えたりするのだ。ルンルンするような取り組みができると、何も言われなくたってパっと男性が見た時に素敵な女性に見える。

 

恋愛から遠ざかっている女性はムダ毛処理をちゃんとしてみたり、メイクのやり方を少し変えてみたりなど、小さなことでもいいから自分のテンションを上げるためにも何かをやってみよう。自分に少しでも自信を持てるようになるのも効果が大きいと思う。

 

 

以上、ここまでが「短期間で彼氏を作る方法」の準備。

彼氏が作ることのできる状態に自分を持っていく努力の大切さを知った上で、短期間で彼氏を作る具体的な方法に移っていこう。

 

活動範囲を広げて出会いと話題を作る


彼氏ができない女性は、結局活動範囲が狭くて出会いがないだけでなく、話題も少なくて、意識する男性ができても会話を広げていけないケースが目立つ。一歩引いた女性も可愛いけれど、会話が続かないのであればデートを重ねていくことや日々連絡を取り合う関係作りも難しくなって彼氏ができない。

 

短期間で彼氏を作るなら、とにかく外に出よう。

 

直接出会いを求めた場所だけでなく、ウインドウショッピングでもいい。今の時期なら季節の変わり目で街の空気も変わるので散歩などでも家にいるよりは色々な発見があったりする。日常の何気ないエピソードはライトな会話で役立つし、明るい女性との印象を与える。

 

活動範囲を広げると日常会話で話したくなる話題も増えるので、気分をアクティブにする意味も込めて外に出るようにする。

 

頻繁に色々な場所に行く忙しい女性は必要ない部分なんだけど、もし仕事が事務作業で会社内で過ごすことが多く、週末は家で過ごすことが多い女性などは、雰囲気も変わる可能性のあるところなので意識的に取り組んでみよう。

 

自分から話題を作れる女性の方が当然男性が話をしやすく、一緒にいて楽しい人になる。結果として好きになるような出会いもあるかもしれない。たくさんの角度から恋愛の可能性を作っておくこともここでは重要だ。

 

 

好きな人を作る、好きになってもらえる人を見つける

短期間で彼氏を作る方法で一番大事なのは「好きな人を作ること」だ。

彼氏がいない女性に話を聞くと、最もよく話題になるのが「素敵な男性との出会いがない」ということ。

 

普段の生活の中から彼氏候補と出会うのを目指してもいいが、短い期間で彼氏を作りたいなら普段の生活に加えて、SNSや紹介、合コンも考えてみよう。


自分から積極的に男性にアプローチできる女性は、おそらく普段の生活で彼氏候補とコミュニケーションを取る方が短期間で彼氏ができると思う。問題になるのが「自分から動けない人」の方だ。

 

短期間で彼氏を作りたいなら、好きになる人と出会う方法以外に、好きになってもらう人と出会う方法も大事で、特に受け身の恋愛をするタイプの女性は現実的に後者である「好みの男性に自分をみつけてもらう方法」の方がすごく大事。

 

自分が素敵な男性を見つけるため以上に、自分を素敵な男性が見つけられるように出会いを作る活動をしていくことが重要だ。短期間で彼氏を作るといっても、「ダメンズ」と付き合っても良いことは一つもない。あなたが素敵な男性だと思った人と付き合うことへは妥協するべきではない。幸せが遠ざかっては元も子もないのである。

 

そのために良質な出会いを作ろうとしたら、どうしても量が必要になるのはあなたの経験則からもわかることではないだろうか。「彼氏にする相手は選びたい」と思ったときも、なるべく多くの選択肢を確保しなければならない。積極的に行動しよう。

 

結婚を意識していrなら「婚活」も視野に入ってくるが、それなりの費用が発生するのがデメリット。実際に婚活サイト大手のパートナーエージェントでは、会員の1年以内交際率は92.4%に及んでいる面もあるので、なかなか彼氏を作ることができない女子は検討してみてもいいだろう。繰り返しになるが、それだけ短期間で彼氏を作りたい女性は色々な方法で自分を見つけてもらう場所を確保するのが大事だ。

 

男性からアプローチを受ける環境になれば焦りみたいなものはなくなる。もちろん短い時間で彼氏を作ることにも直接効果がある。

 

付き合うことになる異性というのは、経験上、ある程度出会いで決まっているのではないかと感じることがある。「運命の出会い」なんて言えばメルヘンチックでも、縁のある人と親しくなるのが恋愛だ。

 

短期間で彼氏を作るというのは、ゆっくり流れる時間の中で自然に巡り合う縁のある人へ、時間を凝縮して自分から出会う方法を作ることが最も直接効果がある。縁がない人とは何も無いのが恋愛だ。

 

そういう人とは付き合っても結局うまくいかない。

 

普段の生活でゆっくり出会うべき人と出会うのも素敵だけど、忙しく余裕のない社会人は結局何も起きない結果に終わることも多い。自分に合った方法を考えて、多くのパターンを作っておこう。

 

次からは、好きな人や好きになってくれそうな人を見つけた後、どうしていったら良いかを説明していこう。

 

魅力的に自分を知ってもらう、相手を深く理解する

意識する男性が現れたら、自分を魅力的に知ってもらうようにコミュニケーションを行おう。短期間で彼氏を作る場合は、相性をより重視する方がいい。ここはあなたに合う人と付き合う方が幸せであることも理由だ。

 

 

恋人を作る際は、余計なことが災いして変に不信感を与えないために、小手先のテクニックを駆使しないで、自分を知ってもらうという方向でコミュニケーションを取るようにしよう。加えて、相手のことも同時に知っていくことで短期間に距離を縮めるように頑張ってみる。

 

なるべくありのままの自分でいるようにしたほうが男性はアプローチしやすいので、「仲良くなる」ということだけ考えたほうが結局うまくいく。特に恋愛コミュニティーを通して出会いを確保している人は、お互いが「恋人がほしい」と思う中の出会いだから、より大事なことなので意識しておこう。

 

自分を魅力的に知ってもらうのに自分の恋愛がわからない人は下の診断を受けてみると恋愛の仕方がはっきりすると思う。

 

誰かが誰かを好きになるときというのは、どこか惹かれるところを見つけた時だ。興味を持ってもらうことにも影響が大きく、自分の見せ方にも影響するところなので「自分の魅力がわからない」という人は自分の強みを知ろう。

 

男女に友情は成立しないと考える人がいるように、お互いが異性であることを意識するのが男女である。仕事や友達関係ではそういった感性を除外して付き合うが、実際に男性が女性に、女性が男性に取ると失礼に当たる態度や言葉がある。まったく意識しない人は逆にイタイ人だというのが一般的な感覚。セクハラなどもある。

 

従って、次の見出し部分にもつながっていくのだけど、仲良くなる方向のコミュニケーションで十分恋人同士へ近づくコミュニケーションになっていくので、縁のある人といい雰囲気になっていくことを目指して接していこう。

 

いい雰囲気になる感じがイメージできない女性は、恋愛の雰囲気にもっていくことが苦手なので、なおさらネット恋活を検討するべきかもしれない。

 

連絡を取り合い、デートを重ねる

仲良くなってきたら毎日連絡を取り合うように自分からも動こう。どんな内容でもいいからとにかく日常的に連絡を取り合う関係を作っていく。「繋げていくこと」を意識するように、一回のやりとりを長くするのではなくて、簡単な会話を毎日するように連絡を取る。

 

毎日連絡を取り合えば、意味を別にしてあなたの存在が意識される。

 

人は身近な人ほど親近感を持ちやすく好感を覚えやすい。最初は短いやりとりを意識しながら距離を縮めていくと、親近感と好感の両方へ作用できるので、次の日に繋げていくように連絡を取り合う。お互いに異性として興味を持っていれば段々と関係が深まるメッセージのやり取りも増えていくのでデートのきっかけ作りも意識できると更に良い。

 

ここで唯一テクニック的な意味も込めてやっておくと効果があるのは「押し引き」だ。

あまり意識しなくてもナチュラルに押し引き状態になる恋愛は多いから特に意識しなくてもいいが、しつこくならないように、相手からより意識してもらえるようにするのに対し、間隔にメリハリをつけるのは心理学的にも効果がある方法である。

 

毎日連絡が取れる関係が作れたら、相手が「さみしい」と感じるレベルの間隔を空けるようにすると、あなたがより意識してもらいやすくなる。あくまでも一定期間、自分から連絡をしないと相手の気持ちもわかりやすくなるので、より心地の良いやりとりを目指してみよう。

 

また、デートについても次に繋がるようにあまり間隔を空けないように会う機会を作って行くほうがうまくいく。特に今回は短期間で彼氏を作りたいという目標があるので、デートをした際はそのデート中に次の機会を決めていこう。

 

「次は○○に行こうよ」とか「○○にも行ってみたい♪」って、話の流れの中で伝えるのが主体的に発言できる女性向けのアドバイスだ。

 

もしそこまで自己主張できない場合は、相手の男性が会話の中で出す「場所」や「趣味」などに「私も行ってみたい」という気持ちを伝えるようにして男性からの誘いに期待してみよう。

 

デート中に決まらない場合は後日きっかけになるLINEやメールを送って、自分もデート成立に努力してみると、「定期的に会う関係」が作れる。ここまでくると後は縁があるかどうかという問題になる。

 

後一歩だ。

 

告白してもらう、相手によっては自分から告白する

短期間で彼氏を作る最終過程は「告白」ということになる。あいまいな関係を続けると、付き合うきっかけなく自然消滅することになるので解説しよう。

 

「告白は○回目のデートでするものだ」とかの考え方より、重要なのは以下の3つを相手の男性が確信すること。

 

  • あなたに告白したときの成功イメージ
  • あなたのことを告白するだけ好きになること
  • あなたと付き合ったら幸せだろうと思ってもらえること

 

女性は自分から告白するより男性から告白される方を望むと思うので、この3つがそろうことを意識しておこう。特に重要なのが好きな人へ好意を伝えることだ。

 

意識する男性とのやり取りが続き、定期的に会う関係が作れたら、どことなく好意は伝わっていくものだが、鈍感な男性もいる。男の人でも、実際好きになるとなかなか自信が持てないものなので「告白しやすい状況」を作ることが彼氏を作るコツでもある。

 

伝わるように伝えよう。下の記事も参考になると思う。

 

告白できない男性も今は増えてきたので、「自分から告白すること」もできたら視野に。恋愛はタイミングがとても重要だから、柔軟に考えて素敵な彼氏を作ってほしい。

 

まとめ

今回は短期間で彼氏を作る方法についてまとめた。長い記事になってしまったが7つのステップを徹底解説したので、いろいろな状況時に役立ててほしい。素敵な彼氏を作ることにいかしてもらえたらうれしい。

 

魅力的な女性になれるように、下の記事も参考にしておこう。

 

関連記事: