読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

彼氏がほしいと相談してくれた読者に彼氏ができた経緯~私がしたアドバイスと彼氏ができるまでに女性がした具体的な行動

女性向け恋愛コンテンツ集 私の恋愛観 おすすめ 彼氏を作る 彼女を作る

f:id:Brightfuture:20160519172048j:plain

彼氏がほしいと思ったとき、あなたはどんな行動や努力をするだろう。

彼氏がほしいけれどどうしたらいいか分からない女性は今回の記事が参考になるかもしれない。

 

当ブログは本当に真面目な恋愛相談のみ受付をしているので、最初に細かなプロフィールや詳しく恋愛環境について説明してもらってから具体的に恋愛相談に乗るかどうかを決めて対応させていただいている。1日に2万人以上はこのブログに来てもらっているので、どうしても気軽に相談してね!とはできないからだ。

 

そんな中、「彼氏ができました!」とか「ブログを参考にして頑張りました笑」とかの報告メールを頂くことも度々出てきて、これまでほとんどブログ上では紹介してこなかった私のアドバイスと読者の彼氏を作るための具体的な努力をシェアすることも、他の彼氏がほしいと思っている女性に参考になるのではないかと思い、詳細を紹介してみようと思った*1

 

彼氏がほしいと相談してくれた読者に彼氏ができた経緯を紹介するので、彼氏がほしいけどどうすれば彼氏ができるのか分からない女性は参考にしてみよう。

 

 相談した女性のプロフィール、状況、内容

どんな女性が相談してきたかをまず説明しよう。

  • 24才の女性で会社に入社して3年目
  • 職場は企業のコールセンターで女性ばかり、男性は何人かの統括上司だけ
  • 入社してからは忙しくて、やっと落ち着いてきたところで彼氏がほしいと思ったが今の環境では彼氏ができる可能性がないことに悩む
  • これまで付き合った経験がなく、本格的には自分から男性にアプローチしたことがない
  • 合コンや紹介されることもほとんどないので新たに出会う男性がほとんどいない
  • どう恋愛したらいいか漠然と分からない
  • 容姿は普通で、自分でブスだとは思っていないが可愛いとも思えない
  • 片思いの経験は何度かあるが、何もできないことが多かった
  • いい雰囲気になった男性はいたけど、告白できず、告白されることもなかったから付き合っていない

何度かメールのやりとりをしてこういったプロフィールと恋愛環境や恋愛経験について説明してもらった。

 

相談者の状況から言って、すぐに彼氏ができる環境ではないとの印象を持ったが、一番の問題は出会いがないことで、恋愛のきっかけもないところだった。

 

こういった漠然とした相談をされることは過去に少なくて、「好きな人がいるけどどうしたらいいかが分からない」とか、「男性からアプローチらしきことをされたけど、相手はどんなつもりでそんなことをするのか」という女性の相談の方が多かった。

こういった女性の方が彼氏を作ること自体は比較的簡単で、状況ごとに対処や対応の方法を説明しながら進めていけば、彼氏を作ることができるというのが私の経験則。

 

ただ、この相談者はかなり真面目に相談するタイプの女性だったので、やりとりを通して私なりにアドバイスをしてみた。

 

同じ職場にいる女性がどう恋愛しているのかを聞く

最初にアドバイスしたのが「同じ職場にいる女性はどう彼氏を作っているのかを聞いてみる」ことだ。同じ環境にいる人でも彼氏がいる人と居ない人、恋愛をしている人と恋愛をしていない人がいるので条件が同じな分参考になるはずだと思った。何人かでもいいから聞いて見ることをおすすめして、返信を待った。

 

相談者からの返信では、恋愛している人も含めて以下の方法で彼氏がいる女性は彼氏を作っているとの報告があった。

  • 食事会や紹介
  • 学生時代の友達やそのつながり
  • 習い事やコミュニティー
  • ネットのつながりや恋愛コミュニティー

女性ばかり何十人といる職場の女性なので参考意見は多数。一番多かったのは「食事会や紹介」という意見だった。生活環境の問題で出会いがない女性は何らかの繋がりから恋愛のきっかけを作っている人が多いからある意味予想通りの結果。

 

この中から相談者が選択したいと思える具体的な努力を聞いたところ、「これまで彼氏がいた経験がないから自信がなくてちょっと焦りみたいのもある。早めに彼氏ができる方法は何だと思うか」との趣旨で質問をもらった。

 

私が送ったメッセージのポイントは以下の通り。

  • 積極的にアプローチできないなら「待ち」でもいいが、最低限アプローチされる環境を作る必要がある
  • 現在の環境で彼氏ができないと思うなら何か始めてみることを考えないといけない
  • 具体的な努力を始めれば段々と男性との交流も増えるから失っている自信は少しずつ戻る
  • 恋愛経験がないことは、特に女性に取って彼氏を作る上で魅力にもなるから自分を卑下する必要はない
  • とにかくはじめ易い活動から何か始めよう

このようなアドバイスというか私の意見を伝えたところ、具体的な方法を聞かれたので、提案した「彼氏を作るための具体的な努力」は、職場の人も一部が使っていた「恋愛コミュニティー」で男性とのつながりのきっかけを作ってみることだった。

 

恋愛コミュニティーで彼氏を作るためにまず必要な「出会い」のきっかけを作る

恋愛に取って「出会いがない環境」はきっかけがない状況なので一番まずい状態。どれだけ素敵な人でも、見つけてもらわないと誰かを好きになることはおろか、誰かに好きになってもらうきっかけもチャンスもない。

 

「いずれ彼氏ができたらいいな」と思うなら時間の問題で日常にもいくつかの機会があると思うけど、早いタイミングで彼氏を作りたいと思うなら「機会を作る努力」が最も初歩的で効果が高い方法だ。

 

当ブログで散々説明している恋愛(彼氏を作る、彼女を作る)するのに必要な要素は以下の3つ。

  • 出会い
  • コミュニケーション
  • セルフイメージ

彼氏ができない女性が彼氏を作るのに必要なたった1つの方法」でも主に主張しているので相談者にも読んでもらった。

最も単純に説明すると、上で挙げた3つは出会いを通じて様々な機会を作ることで解決するということ。段々とではあるがコミュニケーション能力も向上し、セルフイメージも向上していく。何となくでもイメージが伝わったところで職場の友達にも相談してもらい、相談者が選んだ方法は「恋愛コミュニティー」を始めてみることだった。

 

私も賛成し、フォローする旨を伝える。

 

どこを使ったかと選んだ理由

相談者が選んだ恋愛コミュニティーはペアーズとピュアアイ。

さすがに相談してくれる読者に「ここ使った方がいいよ」と言うのもアレなので、恋愛コミュニティーを使っている女性にどこを使っているか聞いてもらい、そちらを参考にするように伝えたところ、彼女が選んだのはこの二つだった。

 

選んだ理由を聞いてみたら以下のところがポイントになったとのこと。

  • 旦那さんよりも今は彼氏を作る方を頑張りたいので本格的な婚活はまだ先でいい
  • とりあえず無料のものから中身を見て始めたい、必要があれば女性も課金するシステムの方が良い男性がいそうなイメージがある(ペアーズはメッセージのやりとりも無料)
  • 男性も基本料が無料だと気軽過ぎて真剣な出会いは無さそうなイメージがある
  • 一つより二つ登録して自分に合う方で本格的に活動してみたかった
  • 退会が簡単だから合わなかったらすぐ辞められる
  • 別に隠したいわけではないが、周りや親にはバレると何となく恥ずかしいから

読者からの相談をきっかけにこのブログのコンテンツも強化している当ブログの事情もあっていくつか質問したところ、こういった理由でペアーズとマッチドットコムを選んだとのこと。

私はネット恋活のフォローをしていく形で彼氏ができるまで相談とアドバイスを繰り返すことになる。

 

2か月間の恋愛コミュニティー活動

結果から言ってしまえば彼女が本格的に活動を開始してから彼氏ができるまでにかかった時間は行動を開始してから約2ヶ月間だった。私のアドバイスで約3週間ほど実際に合うまでの時間を延ばしたので実質的には約1ヶ月間と言った感じだろうか。こればかりは「たられば」を言っても仕方ない。

理想の相手と言えるかどうかは私には分からないけど、本気で好きになって本人から見れば素敵な彼氏と付き合うことになった。やっぱりこんなブログを2年弱も続けている私なのでこの瞬間は非常に嬉しいし、醍醐味。付き合ってからの記事もたくさんあるので色々読んでもらっているようだ。

 

読者のために「彼氏がほしいと思ってから彼氏ができるまで」の詳細を説明していこう。

 

彼女が恋愛コミュニティーに登録してからすぐに何人かの男性から「いいね!」(好意や興味を持った旨を伝えるサイン、マッチドットコムも同様のスタイル)が付く。気軽に恋愛を考える人が排除できるようにプロフィールはがっつり書くようにアドバイスしたので、それを読んで「いいね!」してくれた男性だ。

 

彼女は恋愛経験が少なく、男性のさばき方が分からないので、私は何かあればメールで相談するように伝えていた。一度本格的に相談に乗った際は途中で切るようなことはしない。経験がある職場の友達の意見と私の意見を両方聞いて判断していくように伝えておいた。

彼女にもらった質問と私のアドバイスをポイントに絞って5つ紹介しよう。

 

いいね!でマッチングした後、軽い男を見分けるにはどうしたらいい?

丁寧なメールで挨拶してくるタイプの男性と、とりあえず「いいね!」してから会話のノリを重視する男性は最初だけだし厳密に分けて考えなくてもいい。恋愛コミュニティーのアプローチ手段は基本的にいいねを「きっかけ」にしてマッチングをしてからやり取りがはじまるので、メールのやり取りを通じて誠実さや人間性、自分との相性を確認しよう。

 

何人も男の人からアプローチらしきことをされた経験がないから全部対応するのは疲れる、それでも全員相手をした方がいいのか

とりあえず落ち着こう。恋愛コミュニティーは普段出会いがない人や忙しくて日常に恋のきっかけがない人がきっかけを探して活動するところ。どんな女性も一定のアプローチらしきものを受けるので、男性の選別は必要になる。

相手のプロフィール欄を見てみて、自分の理想や価値観、考え方や趣味など、合いそうだと思う人とやりとりしてみよう。恋活をしていればきっかけはたくさんあるのでよりいい人を探そうとする態度で問題ない。疲れてしまって日常に元気が無くなれば恋だってうまくいかないのだから大変なら返信する人はある程度厳選してかまわない。

私としては「誠実さ」と「きちんとした対応」にポイントを置いてほしい。恋愛は究極のコミュニケーション。プラスして「合うと思える人」とつながるのがベスト。

 

最初はどんな会話をしていればいいのか

まず、自分と相手の男性のことで色々と知り合おう。普段どんな仕事をしているのか、趣味や日常のことを軽いニュアンスでどんどん質問していく。そこから会話が盛り上がるのでそうなったら質問に拘らす会話を楽しもう。その人を知ることも大事だし、少しずつ距離を縮めることも大切。楽しくやりとりできる人はメールを続けてみよう。

 

LINEの交換はすぐにしてしまっていいのか

すぐに連絡先を交換しなくていい。「教えて下さい」と言う男性の全てが軽い男ではないけど、連絡先を教えないとやりとりが終わる男は軽いやつである可能性が上がる。LINEはブロックとかあるけど、トラブルは避けたいので「もっと知り合って仲良くなれたらLINEしましょう」とでも言っておこう。焦らずに活動するのは基本中の基本で、特に女性は慎重で良い。

 

会いたいと言われたらどうしたらいいのか

ある程度の期間やり取りをした上で会うのは問題ない。ネット彼氏を作っても仕方ないし、恋愛コミュニティーはきっかけ。私も何人か経験がある(簡単に経験談を説明)。だけど、すぐはダメ。最終的には自己責任で判断するべきだが、1ヶ月くらいはメールやLINEでその人を知りたい(1ヶ月彼氏ができるまで延びた理由がこれ)。

軽い出会いを求めている男はやりとりしている内に「本気ではない」ことがすぐにわかるので、誠実にきちんと対応して相性も良い男性がいたら会うことも検討していこう。

なぜ軽い男が分かるかと言うと、こういった恋愛コミュニティーはきっかけがたくさんあるので相手にあまりこだわらない人は釣りをやるように去っていくから。

 

長い時間(数週間程度でも)やりとりすれば「一種の情」みたいのも生まれて信頼関係も少しずつできてくるので、そうなってから会う方をおすすめする。

 

 

こんなやりとりをしていた。

 

出会った男性

彼女が最終的に出会った男性は、写真で容姿を確認し合ってやり取りを続けたある男性二人。1ヶ月以上連絡を取り合ってから実際に会ってみた。

 

彼女は相談だけでなく、感想やその後について報告メールをくれていた。下がポイントになると思われる彼女からのメールの要約。

  • 文字でやり取りしていたので会ってみると若干違和感があった
  • 普段出会わないタイプの男性だし、会ったことない男性だから緊張がすごかった
  • 会話はぎこちなかったかもしれないけど、色々知ってから会ったので話題は尽きなかった
  • 一度会って楽しく過ごせたら友達とか知り合いと変わらない印象になっていった
  • 好意を持っていないと会わないので、気持ちも伝わってきたし付き合うまで早かった

二人のうち、会った後にもやりとりが続いた男性と付き合うことに。デートは聞いているだけで3回。週に1度くらい。デートらしいデートは1回だったけど、食事をしながら色々と話したそうだ。

 

結局初めて会ってから付き合うまでは1ヶ月かからなかった。これは意外かもしれないけれど、男女が出会ってから付き合うまでの期間として案外普通。

むしろ、普段からつながりのある人ではないから「より慎重になるように」アドバイスした。今から考えれば私のアドバイスが適当であったならもっと早く付き合うことになった二人だったと思う。相談者を傷つけたくなかったから私の方が慎重になってしまったところがある。

 

彼氏がほしいと思った女性が実際に彼氏を作るためにポイントとなること

今回、この女性が彼氏を作ることに成功した理由としてポイントになるのは「きっかけ」を作ったことだと思う。

別に日常に恋人ができる可能性がある人は「恋愛コミュニティーやSNS」など、恋活や婚活をしなくても、素敵だなと思った男性とのコミュニケーションを増やし、関係を作っていけば男女なのだしいずれは縁がある人と結ばれて彼氏ができる。これはあまり容姿の魅力とは関係なくて、むしろその人の女性としての魅力全体の問題だから改善していくことも努力することもできる部分がある。頑張る方向だって様々だ。正直、所謂「競争力」がなくたって素敵な恋はできる。

 

でも、実際にはなかなかそういった男性とのコミュニケーションがとりづらくて、自分から話しかけられないとか、連絡できない女性も多いのが現実だとこのブログを通してよく思う。

そういった性格の問題や恋愛環境の問題、恋愛経験の問題などが災いすると、内面が素敵な女性でも彼氏ができないことで悩むというのは出てきてしまうのでる。

 

そういった女性は具体的に何かを始めてみることを当ブログ上でいつもおすすめしている。努力はなんでもいい。簡単な方法はネットということになるのだろうが、そこにも考え方や価値観、自分との相性という問題があるので選択肢は自分に合ったもので良いだろう。

 

不思議な話だけど、何か始めると焦りとか不安は多少なりとも和らぐ。それは素直にその女性の魅力も高めるはずだ。現に相談に乗ったこの女性のメールは生き生きしていくように変わっていったように感じた。

これは確かにたまたまなのだろうし、この人には魅力があったのかもしれない。たまたま良い人と出会えただけかもしれないし、考えだせば特殊要因みたいなことだってあるのだろうが何かヒントがあるのは間違いないと思うところである。すぐに彼氏を作る方法として参考にするべきではないとしても成功事例として紹介したくなった。

 

恋愛に絡む直接的な努力は結局男性とのコミュニケーションを増やすことになるので、最初は反省するような機会も出てきてしまうのだろうけど、慣れるだけでも恋愛的なコミュニケーション能力は向上していくし、恋愛は確立ゲームなんていう人がいるように、何かのきっかけで自分と出会うべき人とも出会えば彼氏がほしいという願いはきっと叶う。

 

いい恋のきっかけは理想の人と出会うことが一番だと言われる。ビビビッと来る体験ができるかどうかは分からないが、傷つくこともある恋愛では個人的に素敵な恋だけしてほしいと常々思う。何か参考になる経緯があったなら嬉しい。

 

まとめ

今回は彼氏がほしいと相談してくれた読者に彼氏ができた経緯を紹介した。私がしたアドバイスと彼氏ができるまでの女性がしたことで参考になる部分があっただろうか。

 

彼氏がほしいと思う女性は何かきっかけを作ることに頑張ってみよう。恋愛は相手のあることなので特効薬みたいなものや完全な正解がない。

ただ、きっかけがない人は恋に発展していく可能性すらなくなってしまうので、恋愛をしたいなら不利が大きい。自分を「彼氏が作れる状態にする努力」はしておく方がいいだろう。

 

関連記事:

*1:相談者には趣旨を説明し、了承を頂いている。「匿名で詳細は事実をポイントに絞って説明する形なら」ということで相談者には配慮した記事にした。なお、当ブログは恋愛相談を受ける際に、無断で詳細を記事にすることはないのでご安心を。