読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

【恋愛アプローチ】押しに弱い女性を落とす「押し」とは~しつこい男と上手に押す男の違い

モテる男になるために 付き合う前の時期 彼女を作る

f:id:Brightfuture:20160618191818j:plain

前回記事で「押しに弱い女性の特徴」を紹介した。

押しに弱い女性の特徴と態度~積極的な男性に弱い女性のタイプ 

 

恋愛において押しに弱いのは女性の特徴とも言われる中で、特に「押されると弱いタイプ」についてまとめたのだが、そもそも恋愛アプローチとして「上手に押す」とはどんなアプローチだと思っているだろうか。

ただ単純にガンガン積極的に押していくことを意識するべき男性も多いのだが、好きな女性に対し「上手に押す男」に学ぶことは多いと思う。

 

そこで今回は恋愛アプローチとして「押しに弱い女性を落とす押し」についてまとめてみよう。

積極的に押していこうとするとき、自分が「しつこい男」になっていないかという不安はつきものだと思うので「上手に押す男」との違いについても触れていきたい。

 

アプローチは相手の女性のリアクションありき

好きな人にアプローチをする時、軸になるのは「リアクション」だ。

空気を読み過ぎれば押していくことなどできないが、相手の反応を見ないで押していっても逆効果になるのは言うまでもないこと。

迷惑を考えない「押し」では嫌われる原因となるだけだ。

 

上手に押す男は、基本的なスタンスを「押し」においていて、女性には積極的だ。

時には強引に押していくこともあって、ハタから見ていると猪突猛進で何も考えずにアプローチしているようにも見える時があるけど、相手の女性は交わしたりはぐらかせたりしながらも嫌がっていない。

この「嫌がっていない」という状態は恋愛のアプローチを意識した時にとても大事な状態。

押せない男はニュートラルな女性のリアクションで勝手に凹んでしまう人が多いけど、上手に押す男はこの状態の時に強引さを発揮する。

 

つまり、ただただ押していくわけではなくて、相手との距離や自分に対する印象を考えた上で押し方を決めているのが上手に押す男ということになる。

逆にしつこい男は、相手のことを何も考えずに自分の欲求のままアプローチをしているのが特徴。既読無視されても次のLINEに躊躇がなかったりするのだ。

恋愛で好きな人に押せない人は信じられないかもしれないが、こういう男はそこまで珍しくない。

すなわち、「しつこい男」になるまでには相手からの意思表示がやんわりあるのが通常で、押せない男ほどここも意識するべきだとよく思う。

 

男らしさに女性が魅かれるのは基本中の基本

あなたは女らしさに女性としての魅力を感じないだろうか。

これがNOと言うなら伝わらないかもしれないけれど、男が女らしさに魅かれ、女が男らしさに魅かれるのは恋愛において基本中の基本だ。

可愛い・カッコイイは、見た目だけでなく、性格やセリフ、仕草や雰囲気など、多岐に渡って異性が感じるものであり、アプローチをするなら当然意識するべきポイントになる。

 

押しに弱い女性を落とすなら、男らしさをアピールすることが有効だけど、アプローチにおいては「押し」がそのまま男らしい態度に映る点は見逃せない事実。

強引さは頼もしさを感じるし、曖昧な態度を取っても余裕を持って接する姿に包容力を感じる。

もちろん相手が大事なのだけど、嫌われていないのなら、押しに弱い女性に取ってあなたの魅力だと認識される可能性は十分にある。

好きになると積極的にアプローチできないという人はここも意識しよう。

 

熱意が女性を落とす

女性の方が恋愛には慎重だ。相手を信用するのにも男性より時間がかかる。

上のことは、性の成り立ちを考えると本能的な部分で言えることだけど、相手から想われていることに対しても価値観が高く、受け身的な恋愛をする人が多いから不安も抱きやすいのが一般的な女性の特徴で、特に「押しに弱い女性」はこの傾向がさらに顕著になる。

 

上手に押す男がアプローチによって伝えているもののひとつに「熱意」がある。

情熱と表現することもできるそれは、女性の本能を考えても恋愛において男性が伝えるべきものだ。

相手のことをどこまで大事に考えているのか、優しいだけの男は伝えるべきものに「熱意・情熱」があることを忘れている場合が多いように思う。

もし意識できるのなら、やさしさと強引さが自然に使い分けることができるはずだ。

だから上手に押す男はいい人で終わらないし、リアクションもはっきりする瞬間を作れるから押しひきも可能になる。

また、どのように伝えようかと考える人はしつこい男にはなりにくいだろう。

 

人を動かすのはよく「想い」だと言われる。

これは会社単位やスポーツチームとかでも言われることで、時に「感情論」だと揶揄されることもあるのだが、気持ちによってモチベーションに変化がある人間の特性を考えれば、現実的に「想い」が人を動かす瞬間と言うのはとても多い。

 

恋愛は人の活動の中でも最も「気持ち」が作用するものだ。

想いが人を動かすとしたら、恋愛においても当然同じことがいえ、伝えないと伝わらない点で「熱意・情熱」がものを言う。

押していくことができると言うことは、気持ちで気持ちを動かすことができるから、相手を特定した恋愛(好きな人にアプローチする)でうまく行きやすい。

いずれかのカタチでアプローチをするのが恋愛だと思うのだが、どうその気持ちを伝えるかと言う観点は「気持ちが気持ちを動かす」ことを意識して考えるべきだ。

確かに、熱意を持ってアプローチをすれば受け入れられない時に傷つき方はひどくなるけど、だからこそ男らしい姿なのだろうと思う。

 

まとめ

今回は恋愛アプローチの「押し」についてまとめてみた。

しつこい男になりたくないと思う気持ちを持ちやすいと思うけど、上手に押す男がどんな形でアプローチしているのか、イメージを持てただろうか。

 

押しに弱い女性は珍しい存在ではないので、もし相手が受け身だったら、しっかり押すことが恋愛では大事だ。

どちらもアクションがないならその男女には当然のように何も起きない。

頑張った分だけうまくいかない時の反動が大きくなる面は無視できない副作用かもしれないが、男らしく好きな人にはしっかりアプローチしよう。

 

関連記事: