読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

彼氏が風邪を引いた!彼女としてどう看病してあげるといいの?体調が悪い時は何もしない方がいいの?

女性向け恋愛コンテンツ集 付き合いはじめのテクニック

f:id:Brightfuture:20160521174827j:plain

彼氏が風邪を引いたとき、看病してあげたくなる女性は多いのではないだろうか。普段元気な彼氏が風邪を引いて辛そうにしていると、優しい女性は心配になると思う。

 

でも、男性が風邪を引いたときは、彼女に看病してもらいたいと思う人と、看病してほしくないと思うの人の真っ二つに分かれる。

 

今回は彼氏が風邪を引いたとき、彼女としてどう看病してあげるといいのか、体調が悪い時は何もしない方がいいのかという疑問に答えてみよう。対処の参考にしてみてほしい。

 

 彼女に看病してほしいと思うか、看病してほしくないと思うかは真っ二つ

Q.あなたは、風邪をひいたとき、彼女に看病に来てもらいたいと思いますか?

「思う」51.0%

「思わない」49.0%

風邪のとき、彼女に看病にきてもらいたいと思う男性は51%「病気のときこそ愛を感じたいから」|「マイナビウーマン」

 マイナビウーマンの行った男性向きアンケートでは「自分が風邪を引いたとき、彼女に看病してほしいと思う男性」は51%と僅かながら、看病してほしくないと思う男性を上回った。

 

しかし、引用記事では「過半数」としているのだけど、ほぼ真っ二つに分かれると認識する方が正しいかなと思う。1~2%の違いなら誤差だろう。

あなたの彼氏がどんなタイプかで看病してほしいと思っているか、それとも何もしないでほしいと思っているかが変わる印象。「風邪を引いた男性は彼女として看病してあげるべきだ」という考えは間違っていそうだ。

 

彼女に看病してほしくない男の心理

「彼女に看病してほしくない」と思う男子の気持ちを紹介しよう。

看病してほしくない男性は、どんな心理で彼女の看病がいらないのだろう。

 

風邪をうつしたくない

風邪を引いたらしんどいから、彼女の看病は嬉しいと思うものだけど、自分の風邪をうつしたくないから断ることがある。辛いならそばにいてあげたいという彼女の気持ちは結構染みるものだが、彼女にまで風邪を引かせるとかわいそうなので、「行ってあげようか?」って質問に「一日寝れば大丈夫だから」と答える。ぶっきらぼうに断る男性は本来やさしさで言っているのに、風邪で余裕がないだけかもしれない。

 

寝てたい

彼女が看病にきてくれると、何だかんだ相手をしないといけない状況になることもしばしば。来るまでの時間も微妙に空くし、とにかく風邪を治したくて彼女の看病を断る。看病はありがた迷惑になってしまうこともある行為だろう。

 

弱いところを見せたくない

風邪を引いたときは精神的に弱っているし、寝癖全開で、彼女にカッコつけてる余裕もない。プライドの高い男性や付き合ってまだ浅い彼女なら、弱いところを見せたくなくて彼女の看病を断ることがあるかもしれない。

 

「辛いなら頼ればいいのに…」って彼女なら思うだろうけど、男性らしい理由だ。

 

看病を断る彼氏のためにできること

49%の男性が彼女に看病してもらいたいと思わないので「看病してあげようか?」って聞いても断られることがあると思う。そんな女性でも「何かしてあげたい」と思うときは、私が彼女からしてもらって嬉しかったことを紹介するので参考にしてみよう。

 

心配しているメッセージを送る

風邪を引いて寝ている彼氏を気遣って連絡を控える女性がいるけど、「心配していることを伝えるLINEやメール」はしておいていいと思う。「おはよう」や「おやすみ」と共に気持ちも一緒に送るくらいなら重くはならないと思うので、遠慮し過ぎて放置してしまうような感じにしないようにしよう。あんまり連絡しないように気遣ってくれるけど心配もしてくれる状態が一番うれしいかもしれない。

 

買い出し

一人暮らしのカレなら風邪を引いた時に買い出しをやってあげると喜ぶと思う。「栄養取って早く元気になってね」なんて言葉は素敵。買い出ししてくれたものをドアのぶにかけてもらったことが昔あって、愛情をを感じた。買い置きがない彼氏だったら買い物に行くのがしんどいから置き土産みたいにすると喜んでくれるかもしれない。

 

予定を開けておく

あまり気を遣わないでほしいと思う彼氏も多そうなのだけど、「辛かったらいつでも言ってね」って気持ちを形に表してくれるのは愛を感じる。高熱を出して寝込んでいるときなどは自分の予定を開けておくと寄り添ってくれてる感じがする。「私も一緒に早めに寝るね」って感じのメッセージならさらっとしているのに愛情を感じる言葉。心配してくてるんだなと彼氏により伝わるかもしれない。

 

彼氏を看病の仕方

彼氏があなたの看病を歓迎してくれるときは、以下の4つをポイントにして看病してあげよう。どんな看病の仕方が彼氏を癒すのか、参考にしてみよう。

 

手料理

風邪を引いているときは食欲がないから彼女の手料理が一番うれしい。おかゆや雑炊などは何食分か一気に作ってあげてもいいだろう。うどんなどの麺類も病気のときは食べやすいので、水分も同時に取れる食事を作ってあげよう。時間をかけずにちゃちゃっと作ってくれる彼女は素敵。

 

料理が苦手な女性はコンビニでそろうものでも用意してくれると助かるのでやってあげるといい。食べたいものを聞いてから家に行くと迷わないかもしれない。

 

身の回りの世話

風邪のときは最低限の家事でも億劫なのでひとこと声をかけて、嫌がらないようであれば簡単にやっておいてあげると彼氏は助かる。遠慮する場合もあると思うので、嫌なのかそれとも遠慮しているのかという視点で考えてみよう。やっている間に彼氏が寝れるのも看病として良い。

 

あまり部屋をいじられたくない男性もいるので、勝手に色々やると逆効果になることもある。

 

何も言わないで寄り添ってあげる

看病してほしくないと考える男子の言い分は「ゆっくりできない」ということ。彼女として看病に行くなら彼氏がゆっくりできる環境を作ってあげるのが最も彼氏が癒される。弱気になって甘える彼氏なら、何も言わないで寄り添ってあげるようにすると、風邪を悪化させずに良い看病になる。見られるとゆっくりできないという男性も多いので、聞いてみてもいいかなと思う。ゆっくりしてもらうにはどうしたらいいかを考えると彼氏は癒されるはず。

 

構い過ぎない

せっかく看病に来たと言うことで頑張ってしまう女性は「構い過ぎ」に注意。かまってちゃんな女性だと自分の感覚で弱った彼氏に構ってしまって余計負担をかけてしまうことがあるから、気をつけよう。看病が世話焼きになり過ぎると確実に負担になってしまうので、彼氏の体調次第では寝ている間にほかのことをやってあげる感じの方がいいかもしれない。

 

まとめ

今回は「彼氏が風邪を引いたときの対処法」をまとめた。彼女としてどう看病してあげたらいいか、体調が悪いときは何もしない方がいいのかなどの参考にしてもらえたらと思う。

 

冒頭のアンケートで紹介しているように、男性が風邪を引いたときは「看病してほしくない」と考える場合も多いので、無理に何かをしようとしなくていい。彼氏の様子や会話の中で彼氏の望むことを考えてあげるといい彼女になると思う。

 

関連記事: