読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

結婚式の準備~ブライダルフェアに参加する時期は最低で半年前、できれば1年前くらいから始めよう

結婚前の話

f:id:Brightfuture:20150317120205j:plain

結婚を決めた二人は、色々とやらないといけないことが出てくるが、その中でも結婚式の準備は、なるべく早めに始めた方が良い。

希望の日時・会場で結婚式・結婚披露宴を行いたいと考えた場合、かなり前から予約をしていく必要がある場合も多いからだ。

 

今回は、ブライダルフェアに行く時期について考えてみよう。

結婚式の準備をするためにブライダルフェアに参加するなら、最低で半年前、できれば1年くらいの余裕を見れると良いので、順に説明していこうと思う。

 

ウエディングプランナーの意見

結婚式を行うに当たってカップルが具体的な話を進めていくのに、会場側は担当者を付ける。

結婚式・結婚披露宴はある程度パッケージ化されているが、かなり裁量枠の大きなイベントのため、細かな打ち合わせをウエディングプランナーとしていくわけだ。

 

記憶に残ったウエディングプランナーは5人ほどしかいなかったが、彼女たち(全員が女性だった)は口を揃えて言っていた。

「希望の日時・会場をご希望なら、最低でも半年前から決めていかないと取れないことが多いですね。早い方は1年以上前から動いています」

愕然とする言葉だったが、実際に1年以上先のスケジュールをチラ見せしながら言っていた(個人情報の見えない形で)。

 

ウエディングプランナーの人と話をする際は、大体6か月後のスケジュールを前提に話をする感じだった。

季節は何時くらいを考えていますか?等の質問もあり、冬に冬と言えば1年後をイメージする感じ。

冬に春と言えば、当然ながら彼女たちは驚いた顔をする。

「時間が無いんで、早く決めていかないといけないですよ」

具体的に不味い状況だと言う人もいるくらい。

ブライダルフェアに行くなら最低で半年前、できれば1年前という理由として大きいところだ。

 

結婚式場を見ると妥協できなくなる

結婚式場をいくつか見ていくと、それぞれの個性・長所・短所が色々見えてくる。

結婚式・結婚披露宴にかかる出費は莫大だし、結婚するカップルに取って結婚式は一生の思い出。

妥協できるはずもない。

 

色々見るうちに、「ここにも行ってみたい」と検討する先が増えることもしばしばで、時間的な余裕はある程度見ておいた方が納得のいく選択に繋がるのは間違いないだろう。

 

結婚式は二人だけのものではない

結婚式は二人だけで行うものではないし、「披露宴」と言うようにお披露目の場でもある。

多くの人の前で結婚を宣言する意味も大きいのである。

 

当然ながら参加者全員が当事者になる関係上、色々な気配りも必要になる。

親の意向を踏まえることなどはその最たる例だろう。

 

結婚式の準備をするのに時期の余裕が無ければ、融通が利かくなくなる。

空いている日の空いている時間を希望することになるので、そこがダメになればまた空いているスケジュールの中から選んでいくことになるから、前々から動いて選択肢を確保しておくことは重要。

今は大安に拘るカップルが減っているが、本人達の意向だけで決めていくことはできないはずなので、調整に時間がかかる場合を想定しておく方が良いだろう。

時間的な余裕があれば、選べる選択肢が増えるので、調整はし易い。

 

親が事前に式場を見ておきたいと言う場合も少なくないので、その点も考慮に入れておくと良い。

 

漠然とした状態では選べない

ブライダルフェアに参加することで、結婚式・結婚披露宴のイメージがある程度できてくる。

選択をするのに色々なところを見ておく方がやり易いのは経験則からも頷けるところだろう。

 

しかし、実際に式の様子を見たり、出される料理を試食するイベントは必ず希望する日時に用意されているわけではない。

「来週のここを見てから決めよう」と思うところが何件か出てくることを想定しておいた方が無難だと思う。

 

ブライダルフェアに参加することでイメージはかなり具体化されるが、それによって希望も具体化していく。

繰り返しになるが、結婚式・結婚披露宴は妥協し辛いので、早くに理想の式場が見つかればいいが、もし「もうちょっと」と理想を追うようになると、何日間か式場周りに費やす可能性が出てくる。

 

漠然としたイメージを具体化してからが本番なので、結婚式を挙げることがいずれかの時期で決まったのなら、早めに動いていく方が結局のところ負担も少なくなる。

 

焦るとケンカの原因になる

結婚式を挙げるに当たって、大きなデメリットの一つが「結婚前なのにケンカの原因になること」だ。

とにかく決めることが多すぎるため、二人の価値観が違っていたり、趣味嗜好が離れていると、摺合せが大変。

ケンカすることも出てくる。

 

これが時間的な制約がキツイ中でなら、更に顕著になっていく。

「来週の打ち合わせの時までに席数と席順を決めて下さいね」なんて言われながら毎週のように打ち合わせをし、家族とも調整しながら決めていく生活が続けば、どうしてもケンカは出てくるだろう。

多くの結婚するカップルは、それだけに自分の時間を使えない。

 

上で書いたことは、早くから結婚式の準備に取り掛かることの無かったカップルのことである。

早くから始めたカップルは、時間的な制約をあまり受けずに結婚式の準備ができる点でケンカすることをかなり防げるはず。

焦った時の精神状態はケンカの原因になる。

 

一番のメリットは希望が叶うこと

ブライダルフェアに早くから参加することのメリットは、自分達の希望が通る点である。

日時や会場もそうだし、各種オプションも準備の途中で付け加えたりしたいことが出てくるので、差し迫った状況ではそれを採用することが難しくても、余裕があれば希望通りの結婚式・結婚披露宴ができる。

 

これは、周りの動きからも言え、友達が二人の編集動画を流したいと言ってくれた時なども対応ができるし、親が色々と言って来る場合もあって、早くから動いていくことの大きなメリットとなる。

 

例えば3ヶ月前から準備を始めたとすると(珍しいようだが)、一度決めたことの変更はかなり困難であり、決めたオプションを取り消し・変更するのも困難になっていく。

理由は少し曖昧にされたが、プランナー曰く、色々な業者と連携するために、思っているよりも変更するのが難しいとのこと。

 

基本的にウエディングプランナーは大概の希望を聞いてくれる。

しかし、それは時間的な制約が無い中のことであって、急ピッチで予定を組んでいくと、矢継ぎ早に段取りを組んでいく必要が会場側に発生するため、途中で「ここをこうしたい」と言った時の対応は、お互いで大変な作業となってしまう点には気を付けよう。

 

時間の余裕があれば、できることも増え、自分達に取って妥協の無い結婚式・結婚披露宴を挙げることに繋がる。

 

まとめ

今回は結婚式の準備として、ブライダルフェアに参加する時期をどのように考えるか紹介した。

最低でも半年前からは始めたいので、具体的な話を1年前くらいからできると良いかなと思う。

 

一度、ブライダルフェアに参加してみると、たくさんのことが具体化していくので、デート気分で行ってみたり、親と一緒に行ってみることから始めてみると良いと思う。

 

ブライダルフェアの予約はネットで行う方が簡単なので、マイナビウエディングのサイトをチェックしておこう。

あなたにぴったりの結婚式場に出会える【マイナビウエディング】

ゼクシィもぜひチェック!

【ゼクシィ】日本最大級の結婚サイト 式場データ、フェア情報が満載

 

関連記事: