読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

バレンタインデーは彼女に何かしないといけないのか問題を解決する~バレンタインは何か彼女にしてあげた方がいいの?

モテる男になるために カップルあるある

f:id:Brightfuture:20160525124651j:plain

いよい間近に迫ったバレンタインデー。彼氏として迎えるバレンタインが初めてなら、特別な感じで迎える2月14日になるかもしれない。楽しみにしている人がいることだろう。

 

しかし、その中にあって「彼氏ってバレンタインに何かした方がいいの?」と、疑問を持つことがあると思う。

 

女性から男性にチョコを渡すのがバレンタインだけど、彼氏がした方がいいこと、彼氏がしなければならないことを知りたくなる人がいる。

 

そこで今回は、「バレンタインデーは彼女に何かしないといけないのか問題」を解決しようと思う。彼女のいる男子は参考にしてみてほしい。

バレンタインに何もしないのは最低という女性の意見

今回記事を書くことにしたのはこんな書き込みを見つけたから。

以下引用する。

バレンタインデーに、彼女に何もしない男は最悪ですよね?

 

こういうイベント事は、二人で楽しむものだと思います。 それなのに、バレンタインだからって、彼女を喜ばすことを何も考えない男って最低だと思うんです。 普通、何かプレゼントしてくれたり、食事でレストランに連れて行ってくれたりするものですよね? 付き合う前なら、女性からチョコあげたりしても行けど、付き合った後は、バレンタインは男性がリードして何か企画するべきですよね?

バレンタインデーに、彼女に何もしない男は最悪ですよね? - 恋愛相談 締切済 | 教えて!goo

 

バレンタインの検索の仕方によってはこの質問がトップに出てくるのだが、ちょっと笑ってしまったというか、呆れてしまったというのが私の感想。

 

あなたはどう思うだろう。

 

もちろん、これに寄せられたアンサーは彼女の意見をやんわりと否定する内容のものだった。彼氏が何かしてくれて当然という考え方にも問題あるし、バレンタインには対となる「ホワイトデー」があり、色々なところが間違った質問。

 

私なりに「彼氏として迎えるバレンタインデー」を解説しようと思った。

 

彼氏として過ごすバレンタインデー

私の経験を基に「バレンタインデーは、彼女に何かしないといけないのか問題」を解決する。

 

彼氏として過ごすバレンタインデーのポイントを押さえよう。

 

バレンタインは、彼女が彼氏のために頑張る日

両想いのカップルは、「相手のために何かをする」時に「嬉しい」という感情を抱く。好きな人のことを想って、「ワクワク」したりするのも男女共通だ。

 

それを前提にバレンタインを考えると、「女性から男性へ」というイベントである以上は、彼女が主体性を持って彼氏のために何かしてあげる日であることがバレンタインの基本であることが分かる。

 

そこには、彼氏のために用意したチョコやプレゼントが当日のワクワクになっているだろうし、私自身そう感じている彼女の姿をほぼ例外なくみてきた。恥ずかしがり屋の女の子もいたけど、それでも「好きな人にチョコを渡す日」として楽しんでいたことは伝わった。

 

男子は受け身で良い日であると思う。

 

彼氏がバレンタインに逆サプライズで盛り上げるのは良いことだと思うけれど、「何かしてあげないといけないのか問題」として大切なことは「リアクションで気持ちを伝えること」の方だ。

 

照れずに、恥ずかしがらず、バレンタインにしてもらった全てのことにちゃんとリアクションしてあげよう。

 

適当な態度では普通伝わらず、分かってくれない。嬉しいと言う気持ち、頑張ってくれたことで可愛いと思った気持ち、愛情を受け取ったことを、リアクションで彼女に示せると良いバレンタインになる。

 

彼女が当日を含めてバレンタインを迎えるまでに用意した全ては彼氏のためだ。しっかり受け取ってあげることが「してあげること」として重要だろう。彼女をがっかりさせるとしたら、「お、おう」なんて悲しいリアクションをした時である。

 

彼女が「それだけ?」ってなっても仕方ない。

 

 

この記事をもし女性が読んでいたら、下の記事を参考にしてみよう。

 

お返しの基本は、やっぱりホワイトデー

ある年のバレンタインでは、彼女にご飯をおごってもらって、チョコとプレゼントまで用意してもらった経験がある。デート全般も彼女が行き先を決め、リードまでいかなくても食事する場所を前もって決めてくれていたりした。この経験が複数回ある。

 

もちろん、彼女が自主的に想いをもってやってくれたことで、彼氏である私としては少しだけ申し訳ない気持ちになりつつも、やっぱりすごく嬉しかった。バレンタインらしくて良い思い出だ。

 

このとき、私は当日に具体的なお返しをしていない。と言うか、私はバレンタインに彼女に特別な何かをしたことがない。嬉しいという気持ちをちゃんと伝えて、想いと行為にお礼と感謝の気持ちを伝えただけだ。それでも例年問題なく過ごせている。イベントを超えて、むしろラブラブになったとさえ思うところ。

 

やっぱり彼女へのお返しはホワイトデーであって、彼女がやってくれたことに少しおまけをしてお返しできれば、バレンタインデーとホワイトデーのセットで素敵なイベントにすることができる。

 

バレンタインは彼女に花を持たせるでいいだろう。もし心配なら「ホワイトデーは俺が頑張るね!」って趣旨の言葉を伝えておこう。「うん。期待しているね!」って返ってくると思う。そのときの笑顔はきっと何も言えないくらい可愛いはずだ。

 

ここで彼女が「今日は何も無しか…。せつな…。頑張ったのに…。」とはなかなかならない。バレンタインはこれで良い。

 

バレンタインは彼氏が頑張ると水を差す

私の経験では「今日は私が頑張る」と彼女に言われるのが「バレンタイン」と「自分(彼氏)の誕生日」だ。

 

この日は彼氏が頑張るとむしろ彼女の機嫌が悪くなる傾向もある。「ありがとう」と言いつつ、存分に彼女の愛を受け取るのが彼氏の務めでもあって、色々してあげたいと思う彼女に水を差すのも無粋。

 

頑張りたいと思っている彼女の気持ちが態度や行動で透けて見えたら、彼氏はちゃんと受け取ってあげようとするべきだ

 

特に普段彼女のために色々と頑張っている男性はなおさら彼女がメインで頑張る日にしておく方が良い。彼女だってお返しがしたい。バレンタインと彼氏の誕生日は彼女が彼氏のために頑張る日なので愛情を受け取ろう。そして、受け取った気持ちをリアクションで返してあげよう。

 

何かしてあげたいと思うならやってあげても良い

今回はバレンタインデーに彼氏としてやるべきことがあるかないかをテーマにしているから、念のため「何かしてあげたい」と思う彼氏にも一言付け加える。

 

繰り返しになるが、私はバレンタインに彼氏が彼女のために何かやってはいけないという趣旨でこれを書ていない。

 

ホワイトデーは当然として、バレンタインデーにもちょっとしたお返しくらいはしておきたいと思うなら、やってあげよう。彼女に花を持たせつつ、自分の愛情もカタチにできれば、彼女は喜んでくれると思う。

 

私は普段彼女をリードする彼氏なのでこういった日は受け身になっている部分がある。「たまには私が!」って気持ちを彼女が持つためだ。

 

つまり、彼女の意向をちゃんと分かれば、彼氏として過ごすバレンタインは成功するということ

 

二人のイベントらしく過ごそうとしている彼女なら彼氏からのサプライズがうれしいだろうし、今日は私が頑張る日!として過ごそうと思う彼女なら、彼氏には何もしないで楽しんでくれた方がうれしい。

 

こういった考え方で彼氏として迎えるバレンタインに臨もう。

 

 

まとめ

今回はバレンタインは彼女に何かしないといけないのか問題を解決した。バレンタインに彼氏として何か彼女にしてあげた方がいいのかどうかを知りたい男性に参考になったら嬉しい。

 

基本的に女性から男性にチョコを渡すのがバレンタインで、カップルのバレンタインでも基本はこれ。

 

加えて、食事を特別なもの(手作りやちょっといいお店)にしたり、プレゼントを付けたりする。メッセージカードで普段言えない感謝の言葉を送るのもポピュラーだ。

 

特に彼氏がしないといけないことがあるとすれば、ちゃんと愛情を受け取ること。

 

照れずにちゃんとリアクションしてあげよう。がっかりするとすれば、それはせっかく頑張ったのに全然喜んでくれなかったと思わせた時だ。素敵なバレンタインを過ごそう。

 

関連記事: