読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

クリスマスプレゼントの素敵な渡し方~クリプレを渡すタイミングはいつ?どう渡したら喜ぶの?

カップルあるある モテる男になるために 女性向け恋愛コンテンツ集 彼氏へのプレゼント クリスマス

f:id:Brightfuture:20160528192955j:plain

彼氏や彼女のいる人に取って「クリスマス」はとても大事なイベント。今からドキドキしている人も多いことだろう。

 

「聖なる夜をイルミネーションに飾られた街並みの中、二人で手を繋いで歩く」

 

クリスマスデートは、想像するだけでもとても素敵なデートになる。今から言うべきではないかもしれないが、クリスマスのデートは何年も先まで覚えているとても幸せな思い出となるものだ。

 

しかし、これはあくまでクリスマスを彼女や彼氏と素敵に過ごせた場合。万が一、失敗デートになってしまえば悪い意味で忘れられないデートにもなってしまう。

 

そこで今回は、クリスマスの盛り上がりポイントであるクリスマスプレゼントの渡し方を紹介しよう。クリプレの渡すタイミングやどう渡したら喜ばれるのか等、クリスマスプレゼントの渡し方で悩む人は参考にしてみてほしい。

 

クリスマスプレゼントの渡し方で一番大事なのは雰囲気

クリスマスのプレゼントを渡す時の大前提を先に説明していこう。ちゃんと準備するタイプの人は、型にハマった自分のタイミングでプレゼントを渡してしまうことがあるので、臨機応変さが時折なくなってしまうのが弱点。最も大事にしないといけないことがおろそかになってはどんな工夫も逆効果になりかねない。

 

クリプレを渡すときの一番大事な要素とは「雰囲気」だ。シチュエーションや会話の雰囲気、周りの人との距離などは気にしておこう。大事な人に一生懸命選んだプレゼントを渡す瞬間は、1年とか長続きしているカップル以外は少しの緊張感があっていいし、ゲラゲラ笑いながら渡すより男性も女性も少し照れて渡す方が特別感があり、愛情が伝わる。普段のキャラとのギャップがあってもいいくらいだ。甘い雰囲気を作ろう。

 

直接手渡しせずにほかの方法でプレゼントを渡す場合も同じことが言えるので、発展的に考えて大事にしたいポイントが「プレゼントを渡すときの雰囲気」である。思っていたタイミングで邪魔が入ったりして、雰囲気が合わないときは別のタイミングに切り替える方が成功する。

 

と言うのも、クリスマスプレゼントに限らず、人からもらったものは、その場で開封し中身を見るのが当たり前だから。プレゼントを渡された瞬間の恋人のリアクションと、プレゼントを開けた瞬間のリアクションの2つの瞬間がプレゼントを渡す時の醍醐味である。

 

渡された方も同じだ。周りに人が多ければ恥ずかしくて素直にリアクションできない人はいるし、バカ話の中で渡されても「その日は年に1度のクリスマスだ」という視点でなんか違う。雰囲気がそれらしくなった、又はそれらしい雰囲気にした後、クリスマスプレゼントを渡すのが王道となるので、渡し方ばかりにこだわってしまうのは間違いになる場合がある。

 

クリスマスにプレゼントを渡すのは、恋人である彼氏や彼女も同じで、多くの場合でどちらかが渡したタイミングで相手も渡し、プレゼント交換の形になる。だからこそ「今?」と悪い意味で渡すタイミングに違和感を与えないようにしよう。

 

雰囲気がプレゼント交換にふさわしいのかどうか、これを考えるのはとても大事だ。

 

では、具体的にクリスマスプレゼントの素敵な渡し方を説明していく。

 

オーソドックスなクリスマスプレゼントの渡し方

まずはオーソドックスなクリプレの渡し方から2つ紹介しよう。

 

イルミネーションを見ている時などクリスマスデートの盛り上がりポイントで渡す

最もオーソドックなクリプレの渡し方は、クリスマスらしいイルミネーションや夜景を見ながら彼氏や彼女にプレゼントを渡す方法。

 

会話の流れを無視しなければまず外すことが無いタイミングだ。あるアンケートでは81%の女性が「キュンとなるプレゼントの渡された方」だと言っている(参考:恋人に渡すクリスマスプレゼントの渡し方 30記事 | nanapi [ナナピ])。

 

とにかく普通にクリスマスを盛り上げたいという人、あまりキザなことはしたくない人、過度に演出したくない人は、もう一つ下で挙げる方法とこの方法の二つから選択するといい。確かにサプライズ感をやり過ぎるとちょっと引く場合もないわけではない。

 

注意ポイントは、プレゼントの中身を見るときに手がかじかんで落としてしまう可能性があること。又は開けにくくなること。

 

クリスマスといえば冬本番でイルミネーションが見れるところは外であることも多いので、凍えるくらいの気温で外に長時間いた場合は、あまりお勧めできない。中身を見てもらう瞬間も大事なポイントなので、体が冷えきる前に渡せるといい。

 

喜んでもらえるタイミングではあるのでクリスマスっぽさはかなり出る方法だろう。

 

クリスマスディナーの終盤からデザートを食べ終わった直後までのタイミング

クリスマスディナーの時もオーソドックスなクリプレを渡すタイミングだ。雰囲気の良いレストランなどで食事した際は、王道の渡し方になるだろう。二人きりのテーブルで周囲の人との距離が取れている場合は、まず外すことがないタイミングとなる。

 

これの利点はプレゼントの確認をしやすいところ。上の方法では寒い・暗いが問題となってしまう場合があるが、この方法では暖かく明るい相手の表情もはっきりとわかるし、プレゼントでもらったものは細かいところまで見ることができる。

 

クリスマスのディナーをいつもより豪華にするカップルは多いと思うので、とても素敵なプレゼント交換ができるだろう。さきほど紹介した記事によると62%の女性が支持している。プレゼント交換することを踏まえても、相手に「え?」とは思われないタイミングで、サプライズ感は少し薄れるものの、適切なタイミングにはなる。

 

ハプニングも起こりにくい方法だからイメージ通りのクリスマスデートが楽しめるはずだ。

 

サプライズなクリスマスプレゼントの渡し方

ここからは、サプライズクリスマスで彼氏や彼女を喜ばせたい人向けにいくつか渡し方を紹介しよう。せっかくのクリスマス、いつもとは違った素敵なプレゼント方法を選びたい人は参考にしてみてほしい。

 

他にも紹介しているサイトがあるから私なりにポイントと思うところをアドバイスする。

 

プレゼントを二つ渡す

ダミープレゼントと本命プレゼントの二つを用意し、クリスマスプレゼントを二つあげることでサプライズを演出する。ありがちだけど、実行されるとかなり驚く方法なのでポイントを説明しよう。

 

メリットの一つ目は、プレゼント交換が恋人主導で行われた際に、もう一度自分のタイミングでサプライズ演出ができる点だ。

 

彼氏や彼女のために最高のタイミングで演出したい人は、突如としてプレゼント交換が始まるとがっかり感も止む無しだが、プレゼントを二つ用意していれば問題ない。

 

「プレゼントを渡されたのに自分は渡さない」という方法は間が抜けた感じになるので、この方法も一考の価値あり。

 

メリット二つ目は、二回相手の喜ぶ顔が見られること。

 

がっかりさせないために1つ目のプレゼントもそれなりのものが必要だが、お金をかけずに素敵なものを用意できればそこまでコストがかさまない。花などはお勧めとなる(参考:彼女へのプレゼントにお勧め!枯れない花プリザーブドフラワーの紹介 )

 

アクセサリーを何かに忍ばせる

アクセサリーは、外枠の箱を含めても「小さい」のがサプライズする時のメリットで、箱から出すことに抵抗が無ければどこにでも忍ばせてプレゼントすることが可能

 

普通に渡せばアクセサリーをプレゼントされるのがすぐにわかってしまうが、何かに忍ばせたりすると「何かな?感」があって中身を確認した時にサプライズがある。

 

ぬいぐるみや花束の中、相手のポケットやカバンの中など工夫できる選択肢も多く、状況に応じてアクセサリーを忍ばせてみよう。一見ほかのものをプレゼントされたと思う渡し方なら相手の表情に大きなギャップが生まれるはず。可愛い小物入れやオルゴールなどもおすすめだ。

 

イブはデートなしでお泊りだけなら「枕元」もアリ

忙しいカップルはイブにデートができない場合もあるだろう。普通はイブのクリスマスデートで渡すのが一般的だけど、イブのデートなしでお泊りし、クリスマス当日が本番の二人は枕元にプレゼントを置いてあげるサプライズもアリだ。

 

先ほどのアンケートでも64%の女性が支持している方法

 

関連記事「【カップルのクリスマス】クリスマスとクリスマスイブどっちが大事なの?」で、実はクリスマス当日12月25日の夜はクリスマスが終わっていることを説明しいる。

 

日本は独自の文化があるのであまり気にしなくていいのだけど、イブにデートできなかった寂しさを素敵な演出のきっかけにできれば良い思い出となるのではないだろうか。

 

「クリスマスメッセージカード」はサプライズ嫌いでも付けてあげると喜ばれる

 サプライズが嫌いな人はここまで読んでくれていないのかもしれないが、「せっかくのクリスマスだしサプライズをやり過ぎたくないけど何かはしたい」という人は「クリスマスメッセージカード」を付けてあげよう。普段手紙の交換をしていないカップルは、ちょっとしたサプライズになって良い思い出になる。

 

少しの工夫がとても嬉しく、文字にした想いはいつもと違った伝わり方をして素敵だ。

 

添えるメッセージは短いものでいい。長文も悪いわけではないので書きたいことがあるなら少し長めになってしまっても、より想いが伝わって恋人は喜んでくれるはず。あなたらしく表現できれば良い。

 

ポイントは、口でも言葉にしてクリスマスという特別な日をさらに特別なものにすることだろう。タイミングがないと言葉にできないことがあるので、メッセージカードだけでなく重ねて言葉にできると、その光景がまた良い思い出となるはずだ。

 

普段照れて「好きだよ」なんて言えないタイプほどこういった機会に愛情表現できると、彼氏や彼女は喜んでくれる。

 

いつもと全然違う特別なデートをしてプレゼントを渡す

クリスマスプレゼントだけでなく、クリスマスはそのデートも含めてすべてがカップルの思い出になる。サプライズを演出する方法はプレゼントの渡し方だけでなくデートプランから発想を膨らませていこう。

 

いつもと全然違うデートをすれば「新鮮さ」がドキドキを生むので、記憶に残るクリスマスとなる。

 

例えば、いつもと全然違うデートとしてはイルミネーションが見えるクルージングがおすすめだ。多くのサイトでクリスマスの特集が組まれているが、人気になっていて満席になっているツアーも多く、カップルに人気。

 

洋上で渡されるプレゼントも特別感があってサプライズになるし、クルージングは案外経験者が少ない。初めての体験でクリスマスを演出するのも素敵である。

 

まとめ

今回はクリスマスプレゼントの渡し方をまとめた。クリスマスプレゼントを渡すタイミングや渡し方で参考にしてみてほしい。

 

クリスマスは恋人たちに取ってとても大事なイベント。デートも特別なものにしてディナーにも気を遣う人は多い。12月24日のクリスマスイブは人気スポットのレストランがどこも予約でいっぱいだ。それだけ楽しみにして、いろいろな準備をする。

 

クリスマスプレゼントはその準備の中でも特に重要と考える人は多いと思うので、演出も含めて渡すタイミングや渡し方を考えよう。

 

カップルのビッグイベントは年に数回しかない。素敵なクリスマスを過ごすことは長続きのコツでもある。

 

関連記事: