読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

クリスマスに失敗した!挽回のチャンスは?対処する方法はあるの?~クリスマスに喧嘩をしたカップルを見て

女性向け恋愛コンテンツ集 モテる男になるために カップルあるある 付き合いはじめのテクニック クリスマス

f:id:Brightfuture:20160528184531j:plain

クリスマスイブに、イルミネーションを背にしてあるカップルが真隣で喧嘩をしていた。「クリスマスと言う特別な日に、何でこの二人は喧嘩を始めたのだろう」などと思いながら、私は私でクリスマスイブを幸せに過ごすわけだが、もしかしたら当ブログの読者もイベントデート失敗によって気まずい雰囲気を体験した人がいるかもしれない。

 

クリスマスを楽しみにしていたか、又はとてもめんどくさいと思っていたかを別にして、素敵な日にするべき日に喧嘩をしてしまったり、機嫌が悪くなって雰囲気が壊れてしまったりすると凹むものだ。仲直りできてもその日が返ってくるわけではないのでとてもさみしい気持ちになる。彼氏や彼女の気持ちも気になるところだろう。

 

そこで今回は、「クリスマスに失敗した!」という人向けに、クリスマスデートの失敗を挽回するチャンスはいつ、どのタイミングが良いか、対処する方法などについてまとめたい。彼氏や彼女とのイベントデートに失敗した人は参考にしてみよう。

カップルに取って一番大事な日は?

クリスマスイブのデートに失敗してしまっても、カップルに取って一番大事な日はクリスマスではないので、まだ対処のしようがある。マイナビウーマンの行ったアンケートでは、カップルに取って一番大事な日を「誕生日」だと答えている。

 

以下引用する。

1位 自分の誕生日、または彼の誕生日 42.0%

2位 ロマンチックなクリスマス(イブも含む) 11.2%

2位 お互いに仕事が忙しくて記念日などに無頓着 11.2%

4位 思い出がつまった、付き合い始めた日 9.8%

5位 初デートの日 9.6%

クリスマスイヴより、バレンタインより大事な日は? 20代女子に聞いた「あなたが一番気合が入る記念日・イベント」ランキング|

 

圧倒的大差で「クリスマス(クリスマスイブ)」よりも「誕生日」の方がカップルに取って大事なイベントであることが分かると思う。

 

クリスマスデートが失敗に終わって、喧嘩してしまったり、気まずい雰囲気になったとしても、一番大事な日を台無しにしたわけではないので過ぎてしまったことだし、前向きに考えよう。

 

対処する気持ちがあるなら挽回のチャンスは存在する。ここは気持ちを切り替えて、そのまま気まずくなることがないようにしたい。

 

クリスマスの喧嘩を仲直りする

クリスマスに喧嘩したカップルは、なるべく早く「仲直りする」必要がある。当ブログの過去記事に「喧嘩前よりもラブラブになれる仲直りの方法」についてまとめているので、仲直りしていないカップルは参考にしてみてほしい。

 

クリスマスにケンカしてしまっても、ちゃんとお互いの気持ちを確認し合う機会にできれば今後の雰囲気は前よりも良いものとできる場合だってないわけじゃない。

 

確かに大事な日のケンカは末期的結末へと進むことが多い部類の出来事だが、それを心配して何もできなくなるとそれが原因で別れしまうかもしれない。

 

反省は大事だし、起きたことを大きく捉えて色々考えるのは大切なことだけど、それはあくまでも二人が幸せに付き合っていくため。切り替えて仲直りの方法を真剣に考えてほしいと思う。

 

誕生日に頑張るのが基本的な対処の方法

イベントごとは特に男性に取ってめんどうなものと感じやすいが、イベントを大事にしない彼氏に対し、大きな不満を持つ女性は少なくない。

 

また、逆に彼女の失敗でクリスマスが台無しになってしまったとしても、彼女がイベントを大事にするタイプであったなら、挽回のチャンスを探すべきなのは言うまでもない。イベントの失敗はカップルに取って小さいものとは言えないから、何かしらそれを気遣った行動をとるべきだろう。

 

先程のアンケートを見ても、重要度の観点からクリスマスの失敗を挽回するチャンスは「誕生日」にあることが分かる。

 

クリスマスプレゼントを用意し忘れて失敗してしまったりすることも今回のテーマではあり得るが、その場合なども含めて「彼女(彼氏)の誕生日」を素敵な日にできるように頑張るのが基本的な対処の方法だ。誕生日デートの企画をアレコレ考えてみよう。

 

分かりやすい頑張りは「お金をかけること」に違いないが、それよりも大切なものは「気持ち」だ。

 

恋人のことを思ってすることの全てはきっと彼女や彼氏に届くはず。お金の無い人も無いなりの工夫をすることで挽回のチャンスを作れると思うから、恋人のために考える時間を作って、素敵なデートをしよう。

 

しかし、相手の誕生日までにまだ日にちがあるカップルは、もっと早めに雰囲気を元に戻したいので、次の見出しに注目だ。

 

恋人の誕生日が遠い人、恋人よりも自分の誕生日が先に来てしまう人は

自分のせいでクリスマスデートが失敗に終わった人は、相手の彼女や彼氏の誕生日に頑張ることで挽回を試みるとして、問題になるのは恋人の誕生日がクリスマスから遠い人、もしくは恋人よりも自分の誕生日が先に来てしまう人はどうしたらいいかという問題だ。

 

イベントをイベントで挽回する方が発想が簡単だし、「イベントを大事にしない彼氏(彼女)」は不満を持たれやすいので基本の対処方法を誕生日としたが、それ以外でおすすめは「即座に挽回すること」。要は、「イベントの失敗はすぐに取り返そう」ということだ。

 

つまり、クリスマスにしろ記念日や誕生日にしろ、カップルがカップルらしく過ごすべき日に喧嘩してしまったり、気まずい雰囲気を作ってしまったりしたら、なるべく時間を空けずに「変わりの日」を作ってしまうことで対処・挽回を考える。

 

いつもとは違ったデートを企画して、プレゼントを渡せなかったらそのサプライズデートで渡してみよう。もし自分が悪くて失敗デートになった場合は、誠意をモノに変えて表現することが現実的に効果のある対処法となる。

 

この方法の良い点は、あまり時間を置かないことで「変わりの日」も含めてクリスマスや記念日デートの思い出にできてしまう点だ。「やり直そう」という言葉が必要かどうかは各自のイベント当日の雰囲気から決める。

 

私は、個人的にはその言葉があってもいいかなと思う。その方が雰囲気は出ると思うし、正式な仲直りが必要なカップルもいると思うので、文字通り仕切りなおすこすことができるメリットは大きい。

 

逆にそういう話を抜きにするべきは「付き合いたてのカップル」だろう。良い雰囲気をちゃんと作った後にでもイベント失敗の話をしてみてもいいと思う。変に気を遣った感じになるとデメリットの方が大きくなるためだ。「変わりの日」に対する想いを語ることで愛情を表現しよう。

 

ちゃんと二人で振り返って思い出に変えるのは今後のことを考えても重要なことなので、二人で目を瞑るように忘れるより、「ごめんね」って会話をして、これからへ二人で期待できる空気を作ることがコツだ。

 

クリスマス失敗は挽回できるのか

今回は二通りの対処の方法を紹介したが、そもそもクリスマス失敗でカップルが壊れることがあるかという問題にも答えを示そう。

 

まず、うまくいっているカップルについては、ちゃんと対処・対策をとることで、雰囲気がおかしくなったり、よもや別れてしまうことは少ない。これまでうまくいっていたカップルは過度に心配しないようにしよう。そちらの悪影響の方が大きい。浮気が絡むとアレだけど、うまくいっていたカップルなら小さな一つの失敗で壊れる恋愛はそう多くない。

 

逆に、これまで喧嘩ばかりになっていたカップル、うまくいっていなかったカップル、記念日などイベントデートで喧嘩経験のあるカップルは、クリスマスの失敗がそのまま別れのきっかけになることはあり得る。対処の方法を実行する際は自分の気持ちをちゃんと言葉にしておこう。

 

何となくスペアのように変わりの日を作っても挽回できないケースが出てくる。ちゃんとしないといけない日にちゃんとできないことが致命傷になるのは、別れの決断など「最後の決断」に思い切りが必要なためであり、期待を裏切る行為があなたからの気持ちを否定していることから、よりしっかりとした対処が必要だ。

 

うまくいっていないカップルほど、こういった決断の機会になるポイントは後悔のないようにしたい。

 

まとめ

今回は「クリスマスに失敗した!」という人向けに、挽回のチャンスや対処する方法についてまとめた。クリスマスに喧嘩してしまったカップルやクリスマスイブの過ごし方が問題となって気まずい雰囲気になってしまったカップルは参考にしてみよう。

 

イベントの価値観については、それぞれでどの程度大事に思うかに差がある。紹介したアンケートからもそれは裏付けられており、イベントの失敗がカップルの行く末を決める要素になり得るかどうかは曖昧だ。気まずくなる原因の多くはどちらか片方の問題よりも悪循環により二人ともが関与する形になることが多いことを考えれば、違う機会でちゃんと挽回して、対処を終えたと割り切るべき。クリスマスの喧嘩だって後から振り返れば良い思い出になることだってそう珍しくない。

 

今回の記事を参考に自分たちにあった挽回の機会を作ってみよう。

 

関連記事: