読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

芸能人と結婚する方法(テレビ番組)で紹介された恋愛アプローチ方法

モテる男になるために 婚活

f:id:Brightfuture:20141109155719j:plain

テレビを見ていたら、「芸能人と結婚する方法」という番組がやっていたので、ここで紹介できる恋愛のアプローチ方法として使えるものが無いかと思い、見てみた。

 

これから書くことが実際に役立つ内容となるのかは、相手が芸能人ということの特殊感があって正直微妙だが、芸能人に恋をすることもあるかもしれないし、本質を見抜いて自分のアプローチに応用できることもあるかもしれないので、参考になればと思い、報告することにした。

 

ちなみにその番組は、芸能人と結婚した3人の一般人が実践した方法である。

ここでは結婚までの道のりを紹介するには長くなり過ぎるので、恋愛成就までを中心に紹介していこうと思う。

 

夏川純を落としたアプローチ方法

最初に紹介されたあのは「夏川 純」を落としたアプローチ方法だった。以下詳細を説明しよう。

 

芸能人と気付かない振りをする

出会いは友人同士の食事会だったのだが、その一般人は本当に夏川純を見て、芸能人だと気付かなかったらしい。

しかし可愛い女性だと思った彼は、連絡先を聞くためにトイレに立ったスキを狙った。

 

普段、「ファンです」といきなり言われることが多い芸能人に取って、ストレートに連絡先を聞かれることは非常に稀。

彼女は、何となくその申し出をまともに受けて連絡先を教えてしまった。

 

芸能人は周りを警戒する職業なので、ファンだと言われると身構えることが多いとのことで、ストレートなアプローチが新鮮だったようだ。

 

誘いを断られても仮病でつけ込む

何度か連絡を取るようになった彼は、夏川純を誘ってみることに。

忙しい芸能人だけになかなか会えなかった時、彼が実践したのが仮病を使うことで心配させ、予定をキャンセルさせること。

予定と言っても、芸能人同士の食事のことだったが、芸能人故にこの方法は効果的であったようだ。

 

変わりのきかない芸能人に取って、体調不良は一般人より重大な問題。

心配になった彼女は、とにかく様子が知りたくなって、予定をキャンセルしてでも彼の所に行きたくなったとインタビューに答えていた。

 

彼女よりも父親に告白

徐々に距離を縮めていった彼は、ある日彼女の家で何人か集まることになった会に参加する。

その時、彼女の父親と遭遇した。

 

彼の取った行動は、まだ付き合ってもいないし、本人にすら気持ちを打ち明けていない状況の中、、

「真剣にお付き合いさせて頂いております」

と父親に告白したのだった。

 

一見飛んでもない行動だが、夏川本人はとても好印象だったと話している。

当然驚いたが、その真剣さがとても嬉しかったようだ。

このエピソードはその後に大きな影響を与えていった。

 

真剣な気持ちを受け止めた彼女は、彼と会う内に魅かれていき、交際をスタートさせる。

そのお付き合いで、大きかったのが次に挙げることだった。

 

悩み事にはハッタリで向き合う

芸能界に限らず、勤める業界ごとに悩みは違うし、悩みを理解するにも専門性が必要になることがある。

そんな中彼女の悩みを聞く時、彼の取った行動はハッタリでもいいから前向きに相談に乗ってあげることだった。

夏川本人は、その気持ちに励まされ、ずっと一緒にいたいと思ったそうだ。

前向きにさせてくれる存在になったとインタビューに答えている。

 

そしてその後も、関係を深めていき、見事に結婚するまでに至った。

 

大場久美子を落とした恋愛方法

次に紹介されたのが「大場久美子」を落とした恋愛方法。ファンからの恋愛だから参考にできる人もいるだろうか。詳細を説明していこう。

 

ブログから孤独感を読み取る

最初は、ただのファンとしてブログを見ていただけだったのだが、ある日のブログの写真で彼女の孤独感を読み取ることから恋愛が進み始める。

 

ブログ内でも悩みが多い旨の記述が多かったのだが、きっかけとなったその写真とは「キレイな夕日の写真」だった。

そこから彼女の孤独感を察知した彼は、ブログのコメントで発言し、励ましの言葉を送った。

 

芸能人のブログなので、コメントは多いはずだが、励ましに使った言葉が響いてネット上の付き合いが始まった。

良い形で男性の包容力をアピールできた好事例ということになるだろう。

 

直接会えたら心に爪痕を残す

そこからファン向けのイベントに参加した彼は、直接会う機会に少しでも印象を残そうとプレゼントを渡すことを考える。

 

選んだプレゼントは「古物書」。

可愛いものを貰い続けていた大場久美子にとってはすごく印象に残ったそうだ。

 

ブログで励ましの言葉を送ってくれていた彼だと気付き、友人関係に発展していくことに繋がった。

 

家に呼べたら合鍵を渡す

連絡先を交換して何度か会う関係になった彼は、ある日自宅に彼女を招待する。

そして、父親を使って合鍵を渡すという行動に出た。

 

何とも大胆な行動であるが、大場本人はすごく暖かい気持ちになったそう。

家族全体で自分を受け入れてくれているように感じてすごく嬉しかったとのことで、いつでもここにきて良いのだという気持ちが、感じていた孤独感を取り除いてくれたように感じた。

 

そういったことで交際が始まり、結婚に至った。

 

心の隙間を埋めることが恋愛にも有効であることがわかる事例と言える。

その人がどんなことを悩みにしていたり、辛いと感じているのかは分からないから、しっかり相手のことを考えてあげることは普段の恋愛でも重要だろう。

 

中川パラダイスを落とした方法

最後に紹介されたのが「中川パラダイス」を落とした方法だ。ガンガン押していった女性の恋愛方法を参考にしてみよう。

 

ファンレターを速達で送る

ファンレターを送るところからアプローチを始めた彼女は、速達で送ることで少しでも印象に残るよう工夫をした。

ファンレターを速達で貰うことは稀らしく、スタジオのゲスト達もその有効性に共感していた。

これが次の行動を助けることになる。

 

ライブ後の交流会でチャンスを掴む

そんな活動をしつつ、あるお笑いライブの後にチャンスがやってくる。

中川パラダイスに次のお笑いライブのチケットを買ってくれるように頼まれたのである。

 

彼女の取った行動は、

「裏に連絡先を書いてくれたら買います」

と言い、条件を提示することだった。

 

当然、芸能人として活動中の話しなので、その場で連絡先を交換できるはずもない。

その場は案の上断られる。

 

しかし、彼女の目的は強い印象を残すことだった。

 

再び速達でファンレターを出すのだが、その時に連絡を聞いたエピソードを書くことでさらに興味を持たせ、ついには連絡先を聞くことができた。

 

目に付く速達でファンレターを送っていたので、目を通すようになっていたのである。

 

露出が多めのファッションで会うが、終電で帰る

連絡先交換後に会う約束を取り付けた彼女は、露出の多いファッションに拘ってデートに出かけた。

彼女の気持ちが分かっている状態なので、その日の内に誘われることになるのだが、彼女はその日も含めて、何度も終電で帰ることを繰り返す。

 

抱かせるまでに如何に心を掴むかに意識的に尽力したのである。

 

そんなことを繰り返して、ある日ついに彼女の家に彼を招くことになる。

そこに付くまではラブラブモードで向かったのだが、玄関で一言。

「私、彼氏以外家に入れないの」

そこまで行って御預けはごめんだと、彼は付き合うことを了承してお付き合いが始まった。

 

肉食系の女性らしくその後も色々と施策を繰り出して、結果的に結婚にまで至っている。

男の期待感を煽って興味を持たせつつ、抱かせないことでしっかり彼女になることは、女性が積極的に男性へアプローチする時の王道的なアプローチ方法。

 

女性側も誘いを断るのは多くの面で難しさを伴うが、彼女になりたいのなら男性の狩猟本能を刺激しながら追わせることは重要である。

 

恋愛アプローチへの発展性

見出しにブチ上げてみたものの、今回紹介した「芸能人と結婚する方法」は普段の恋愛に対する発展性は低いのかなと思うところもあるが、冒頭述べたように一つ一つの行動の本質を考えると、使えるエッセンスはあろうかと思う。

 

全般的に感じることは、計算されたアプローチであることだろう。

 

計算して恋愛することは、それぞれで意見が分かれるところだと思う。ただ、芸能人が相手の場合のように、難しい恋愛を進めていくには多少計算が必要になってくることもあるし、致し方ない部分もあるかと思う。

 

好きな人に一生懸命なことは悪くないのだろう。結果として上に挙げた3パターンは気持ちが相手に届いて結婚まで至っている。

 

その事実はそれなりに大きいのかもしれない。

 

まとめ

今回はテレビ番組をきっかけに「芸能人と結婚する方法」を具体例で紹介した。恋愛アプローチの方法として参考にしてもらえたらと思う。

 

普段の恋愛でもそうだけど、やっぱり恋愛は「どうきっかけを作るか」が大事だ。積極的にならないといけない場面を見逃してしまうとなかなか幸せになれないので、結婚を意識する人は早い段階で具体的な努力をはじめよう。

 

 関連記事: