読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

社内恋愛をしたくないと思っている女性の特徴~社内恋愛に後ろ向きな女性

社内恋愛 年上の女性と恋愛 年下の女性との恋愛 女性の特徴

f:id:Brightfuture:20160820181902j:plain

社内恋愛に対するイメージはその人ごとに大きく違っている。「職場に恋愛を持ち込むな」という人もいれば「会社は自然な出会いで恋愛が始まるから理想的」という人まで様々だ。社内恋愛すると、相手が社内恋愛肯定派なのか社内恋愛否定派なのか気になることが多い。

 

現実に「同じ会社の人と付き合いたくないと思っている女性」は存在しているし、珍しい話でもない。

 

今回は、そんな社内恋愛に後ろ向きな社内恋愛したくないと思っている女性の特徴を説明していこう。会社内に気になる人や好きな人がいる人は、参考にしてもらいたい。

 

自分の会社に否定的な女性

愛社精神が無く、自分の会社に不満があったりして否定的な女性は、社内恋愛したくないと思っていることが多い。

 

社会人以降の恋愛は、男性の職業や勤め先は女性に取って重要なチェックポイントになってくる。そんな考えの下に、自分が否定的な会社に勤めている人と恋愛したいとは思わないから、こういう特徴を持った女性は社内恋愛したくないと考えるタイプの女性だ。社内の女性と話をしていて、会社を全面否定している女性とは恋愛に発展し辛いだろう。

 

ここのポイントは、ただのグチとは一緒にしないこと。

職場や仕事へは、誰でも不満ややりきれない思いをもっているものだ。自分の会社に対して馬鹿にしたり、冷めたようなイメージをもっているのかを見極めよう。明らかに会社を否定しているなと思う話を聞いたなら、「あなたが同じ会社に居る人」というだけで恋愛対象から外れる可能性が高まる。

 

プライベートと社内で態度の差が大きい

f:id:Brightfuture:20141109092045j:plain

社内の人のプライベートを見ることは少ないかもしれないが、例えばファッションとかメイク等が出社時と退社時でかなり違う印象の女性は、社内恋愛したくないと考える女性に多い。

 

態度に差があるということは、重要性に違いがあることが想定されるので、社内恋愛をしたくないと思っている女性の特徴になる。「会社が終わってからが本当の私!」というタイプは社内恋愛に否定的である。

 

ここのポイントは、社内で華美にならないように気を付けていることとは違う点だ。

他の女性との比較でも社内の男性には興味がなさそうだと判断できなければならない。

その差が難しいと感じるかもしれないが、他のポイントと合わせることで判断が可能になるかと思う。一般的に職場では派手なファッションをしないようにする女性が多いので、そこは勘違いしないようにしよう。

 

社内の飲み会でプライベートのリア充ぶりを自慢する

社内の飲み会の共通の話題は、やはり社内のこと。

せっかくの飲み会だからプライベートのことも話題になるが、その目的は普段話せないことを話すことでコミュニケーションを密にするためだったりする。

 

これを越えてプライベートの話を聞くのではなく、自慢するような話しぶりでリア充を強調する女性は、社内恋愛には後ろ向きである可能性が高い女性だ。勤めている会社の一員である自分より、プライベートの自分の方が好きである場合に、そういったことが起こり易く、当然その会社内の男性は恋愛対象になりにくい。

 

プライベートの話題が多くなる程度では問題ないが、社内に関する話題との比重や、職場の否定具合と合わせて判断していこう。プライベートが充実している女性との社内恋愛は難しいので、そこも一緒に判断できるポイントとなる。

 

職場に一線を引いている

f:id:Brightfuture:20141109092447j:plain

仕事は、自分が食べていく手段としてその会社で働いている部分もあるため、職場とその他で完全に線を引いている女性もいる。このタイプは仕事とプライベートで分けたいという意思が強いため、社内恋愛に後ろ向きだ。

 

そもそもそんな女性はアプローチになびかないから、関係を深めていくこと自体が難しいので気付き易いポイントである。

 

特徴は、さきほど挙げた上のポイントとは真逆で、プライベートの立ち入る話を避けたり、同性同士でも関係が希薄なことが多い。社内の飲み会なども欠席できるものは回避する傾向がある。

 

人と深く付き合うと面倒も増えるのが人である。

その点で、あまり踏み込まれないような態度を取る人が職場では存在する。このタイプに属する女性は社内恋愛にも後ろ向きであり、社内恋愛をしたくないと思っていることが多いだろう。性格が消極的な女性の場合は見分けにくい特徴だが、会話を重ねると伝わるものがあるはずだ。

 

社内恋愛カップルに否定的

社内恋愛カップルに否定的な女性は、自分が社内恋愛するのにも後ろ向きだ。分かり易いポイントを敢えて挙げたのは、これを利用して直接リサーチが可能だから。

 

会社にいるある女性が気になった場合、アプローチするならストレートな話は社内恋愛の特徴を考えた時に、あまりよろしくない。社内恋愛にはデメリットがあるからなのだが、その詳細は下の記事で一度まとめている。

 

 

会社内は、関係が公的なものであるため、アプローチする側にも一定の配慮が必要ということである。そう考えると、社内恋愛に対してどのように思っているのかを直接的な表現で聞くことは難しいことになる。ストレートに聞いてしまえば口説いているように感じる場合があるからだ。

 

しかし、他の社内のカップルについて聞くのなら、直接的にはならずに社内恋愛に対してどのように思っているのかリサーチ可能。当然、社内恋愛をしたくないと思っているなら、社内カップルを否定的に話すのが特徴になる。

 

その会話の中でなら、ストレートにどう思うのかを聞いてしまっても問題ない流れを作ることもできるだろう。本格的なアプローチをするかどうかに迷うときなど、確かめてしまいたいならおすすめの方法だ。

 

まとめ

今回は、5つのポイントで社内恋愛に後ろ向きな女性・社内恋愛はしたくないと思っている女性の特徴を説明した。

 

社内恋愛をしたくないと思っている女性とは絶対に付き合えないわけではないので、好きになってしまったら、どのくらい難しい恋愛になるのかを計る指標として考えてみよう。

 

ちょっといいなと思う程度であれば、押すか引くかを判断するポイントにできるかと思う。

 

会社内の恋愛は、マイナス面もあるので慎重に行動したいと思う男性は多いことだろうし、実際にデメリットはある。

 

下の記事でそこには触れているので関連記事として合わせて読んでみよう。

社内恋愛のアプローチで片思いの時に気を付けること

 

今回の記事を参考にして、職場の関係を悪化させることなく上手く立ち回ってほしい。

 

 アプローチを行っていくなら:

 ⇒社内恋愛~アプローチのコツを知って片思いから両想いへ

 

婚活するなら20代から:

女性の婚活は20代から始めるだけで理想の相手と結婚できる可能性が全然違う!結婚相手の条件に拘る人へ