読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

年下の女性に好かれる年上の男性の特徴と魅力の見せ方

年下の女性との恋愛 モテる男になるために 社内恋愛

f:id:Brightfuture:20170129154852j:plain

年下の女性を好きになった場合は、せっかくだから年上の男性としての優位性を生かしてアプローチしていきたい。

 

この記事で年下の女性に好かれる男性の特徴を知って、効果的な年上の男性の魅力の見せ方ができるようになろう。

年下の女性を見下さずに包容力をアピールする

年下の女性に好かれる男性は、包容力を持っているのが特徴だ。基本的に女性は男性に対して頼りがいを求めているが、それを包容力にまで高めていけると、年下の女性に好かれる男性になれる。

 

好きな女性へ包容力をアピールするためには、まず余裕が持てるようになろう。おどおどしている態度は包容力の真逆である。

 

年下の女性が言うことややることを、笑顔で見守るように接するようにし、何かサポートができる状況ならさりげなくフォローしてあげる。世話焼きになる必要はないが、気にしていることはアピールしても良いだろう。

 

怒っているならなだめるように話を聞き、何か良いことがあって喜んでいるなら微笑んで褒めてあげる。包容力と言っても難しいことはない。年下の女性と同じ立場でモノを考えないようにして、一歩引いて受け止めるようにするといいだろう。

 

もともと年上の男性として彼女は見ているのだから、そこにプラスのイメージを付与していくと、同い年の男性とは違った見方になっていくはずだ。

 

注意は、無暗に説教や上からモノを言わないようにすることである。

 

それを行ってしまうと、包容力より傲慢さを年下の女性に見せることになってしまうから。若い考えで甘いなと感じることがあっても、彼女に気付かせるような話し振りをしよう。

 

正し、しっかりとした相談を受けたのならダメだしや上からのアドバイスも必要になる場合もある点には注意。相談を持ちかける時は、怒って欲しい時もあるし、ちゃんとしたアドバイスが欲しい時もある。

 

そういった時には、年上の男性だから話せることをしっかり伝えていけば良い。ここは実際のあなたの人間力がどうしても出てくるが、年下の女性が気づいていない話ができれば合格点だろう。真剣な話には真剣な話で返すことを基本にして対処しよう。

 

年下の女性を普段から下に見てしまっては良い部分をアピールできないが、場面をしっかり判断できれば年上の男性として魅力的にアピールできるのがこんなときだ。

 

年下の女性は、包容力を持つ男性と親しくなれば甘えることができるようになる

普段は、自分の周り中で気を張っている年下の女性も、年上の男性の前で甘えることができれば相当な癒しを感じるはず。そんな存在になれるように包容力をアピールしていこう。

 

経済力で年上男性の能力を見せる

f:id:Brightfuture:20170129163909j:plain

年下の女性を落とすのはいつだって「経済力のある男性」だ。お金を目的にしていると感じればさみしさもあるが、稼げる男性は単純に能力が高いのだから、モテて当たり前。効果的に経済力をアピールできると、あなたの魅力も「年上」がメリットとして伝わるだろう。

 

年下の女性に好かれる男性の特徴として、経済力を通して年上の男性としての価値をうまくアピールできていることが挙げられる。

 

社会人になると、男性の経済力は容姿を越えるほど大事なものになってくる。女性は考え方が現実的で、少年の心を持った男性が考える「恋愛」と違ったイメージで見ているところもある。年齢が上がってくると、なおさらそうなっていく傾向が顕著だ。

 

そんな視点で「経済力を持っている男性」を考えれば、一定の競争に勝っているから経済力を手にしているわけで、男性としての魅力をストレートに表していると見ることができるのだ。

 

年下の女性には、経済力をアピールするというより、前提として捉えた方が良い。

同世代で行くレストランよりワンランク上のレストランに連れて行ったり、なかなか食べない料理に誘うのは、好奇心の強い年下女性へのアプローチにおすすめ。

 

5歳以上離れているなら驕りを基本にして、年上だから知っているお店などにも積極的に誘ってみよう。何か口実を見つけたいなら下の記事がおすすめだ。

 

経済力を上手くアピールできれば、男性として頼りがいを感じるし、先程挙げた包容力を裏付ける指標になる。間違っても「お金で落とす」なんて考えずに、年上の魅力の伝え方として考えてみよう。

 

精神的に有利な点をアプローチに生かす

日本の文化的には年上の人と話すより年下の人と話す方が、精神的に優位になれる。年下の女性に好かれる男性は、そこを上手く利用しているのも特徴だ。余裕の見せ方がうまいのである。同い年の「ノリだけの誘い方」と違った誘い方で年下女性と親密になる。

 

短い言葉で食事に誘ったりして少し強引さを感じそうな誘い方でも、そう見せない余裕でスマートに誘ってしまうのがモテる年上男性。

 

精神的な優位性に見下した考えを入れてしまってはいけないが、あくまで年上の男性として積極的なアプローチをすることには、生かしていきたい。

 

年下の女性と1・2度食事に行く機会を作れたら、その後は少し上から誘ってみるのも年上らしいテクニック。

 

「連れて行ってあげる」

「予定なかったらちょっとついてきて」

等、年下の女性があなたに甘えるような関係を少しでも作れたのなら、誘い方は少し上から強引な誘い方をしても、年の差恋愛では有効。デートも成立しやすいだろう。

 

特に「押しに弱い奥手の女性」なんかにはすごく効果的である。

 

断られたら、「可愛がっている後輩を誘っただけ」といったリアクションをしておけばいい。

「じゃぁ、また時間ある時にいいお店連れていってあげるから」

くらいで軽く流しておけば気まずくなることはないので、押していく際は自分が年上である点をうまく生かそう。

 

時には同じ目線で接して距離を縮める

年上の男性とは「少し合わないこともあるんじゃないか」と心配になる年下の女性が多い。盛り上がった時のテンションや流行の話題など、実際に年の差があると少し感じ方が変わることもあるのが現実的な話だ。

 

年下の女性に好かれる男性は、場面毎に相手の目線までうまく降りていくことができているのが特徴で、オンとオフの切り替えもうまい。上司と部下の関係で恋愛する人は特にその傾向が高いだろう。

 

真面目な会話や相談では年上らしい態度を取り、その他の場面では態度を上手く使い分けて、年の差を感じさせない努力もしているのがモテる年上男性。女性は、素敵な年上の男性に魅かれること自体は多いとしても、実際に好きになるまでにはいくつかハードルがある。自分に合った人だと感じてもらえる努力は必要だろう。

 

接し方などの切り替えを器用にこなすことは包容力を感じる要因にもなる。

ただいつも受け止めてくれて、包んでくれるだけでは、目上感を抱くことにもつながってしまう。少し恋愛的には遠いイメージだ

 

しかし、フィーリングも合うと思わせることができれば、一気に恋愛を進めていくことが可能になる。

 

簡単なギャップを見せるコツは、その子の興味のあるものを調べて話をしてみたり、グチを聞いた時にたまには自分のグチを話してみたりすること。「話が合う」と思ってもらうために、時にはテンションを合わせてみることもお勧めだ。

 

包容力を忘れてはいけないが、それだけでも距離が縮まらないことも事実なので、違った面を意識的に見せていくべき時期がある。

 

年下の女性に好かれる男性は、こういったことが自然な形でできているという特徴もある。

 

まとめ

今回は「年下の女性に好かれる年上男性の特徴と見せ方」について解説した。

年下の女性との恋愛は、後輩として可愛がっていくことの延長線上に進めていくと上手くいく。

 

普段後輩を可愛がるようにその女性にも接していくことで距離を縮め、まずは仲良くなってから年上男性の魅力を見せるようにしていこう。

 

相手に引かれてしまうのが心配になれば恋愛を進めていくことが難しくなってしまうが、年上の男性として余裕を持ってアプローチしていくと相手に頼ってもらえる関係から恋愛に発展させていくことが可能になってくる。

 

包容力は持とうと思って持てるものではないのかもしれないが、自分が尊敬する先輩の行動などを参考に考えていくと、ヒントになることは多いだろう。

 

年下の女性に好かれる男性の特徴を参考に、年上の男性として上手く魅力を見せていこう。

 

関連記事: