読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

年上の女性が持つ魅力と年下の男性がアピールしたい魅力

モテる男になるために 年上の女性と恋愛 社内恋愛

f:id:Brightfuture:20161001195634j:plain

「年上の女性は魅力的だ」と言う男性がいるが、実際のところどんな所に魅力があるのだろう?

もし恋愛をした場合に、男性はどんなところを年上女性にアピールするべきなのだろうか?

 

この記事では「年上の女性が持つ魅力」と、「年下の男性がアピールしたい魅力」について解説するので、年上の女性と恋愛したい男性は参考にしてみよう。あなたが年上の女性にアプローチするときのアピールポイントを紹介する。

年上の女性が持つ魅力

f:id:Brightfuture:20161001195800j:plain

まず、年上の女性と知り合ったばかりの男性に向けて「年上の女性が持つ魅力」について説明する。気になる年上の女性ができたときや、年下の女性とばかり恋愛してきた男性は詳しく読んでみてほしい。

 

素直に甘えることができ、相手がそれを喜んでくれる

年上の女性が持つ魅力として、一番最初に紹介したいのが「甘えることができる」点だ。

 

年齢の関係は、言葉使いに出るように、非常にはっきりした人間関係を生む。先輩と後輩関係で恋愛的に意識した場合は、ここをきちんと理解しておくと、距離を縮めることが少し簡単になるだろう。異性関係は強い上下関係にはならないので、年齢差は恋愛に上手く生かすことができる要素にもできる

 

出会った女性が年上だと知ると、まずは敬語で話すようになると思うが、そういった関係は、素直に甘えることができる環境を作る。甘えることと、敬語で話すことの相性がとても良いのである。普段同い年の女性や年下の女性と接する時と比べ、「話し方からして違うので、それを生かすことも可能なのだ。

 

また、相手となる年上女性の方も、会話が敬語とタメ語で進んでいく関係の中で、甘えてくる男性に対して「素直な好意を抱いてくれている」と感じることから、あなたが甘えてくることを喜んでくれるのが恋愛する上で嬉しい特徴だ

 

女性に甘えたいのに甘えることができない男性は、年齢の上下関係を生かすと良い。人は、関係性の中で付き合い方を選ぶ傾向が顕著で、特に日本の文化は長く続いた年功序列の制度の影響もあって、年齢の上下に関する意識が高い。甘える・甘えられるの関係は、年齢差があるとやりやすいのだ。

 

甘えることは本来、男らしさを損なう面を持っているのはよく言われることだが、年齢の上下がある場合は、これが少しマイルドになる。要は、「年下の男子だから」って印象で「男らしくない」という印象が薄れるところがある。恋愛が進んで来ればまた違ったアピールも必要になってくるが、仲良くなる途中でこんな印象をもってくれるのは嬉しい。

 

距離を縮める期間では、年上には年上の振る舞い方があって、年下も年下の振る舞い方が存在し、出来た空気を守るようにコミュニケーションを取る。上手く会話をしていきたい時には、関係性が固定されているのは大きい。お互いが方向性の見える会話は、コメントがし易く、年上女性に甘える年下男性の関係は、淀みないコミュニケーションを可能にしてくれるだろう。

 

普段甘えることができていない男性は、年上女性との会話の中で、甘えることを喜んでくれることがどれだけ自分を癒してくれるのかに気付くと思う。年上の女性が持つ最大の魅力だろう。

 

気配りが自然で上品

上で挙げたような関係は、年上女性をより女性らしく感じさせる。年下の男性に甘えられることで年上の女性は母性本能がくすぐられ、あなたは自然で上品な気配りを体験することになるだろう。年上の女性が持つ魅力の2つ目は「気配りが自然で上品なところ」だ。

 

あなたにも経験があると思うが、男性は女性の喜びそうなことが頭に浮かんだとしても、「本当にそれを受け入れて喜んでくれるかわからない」と思ってしまい、素直にそれをできないことがある。良かれと思ったことでも、今目の前にしている女性が喜んでくれるとは限らないからである。

 

それは、やはり女性側も同じで、恋愛を進めていくことを難しくしている。恋愛に限らず、「思うことと、実際に行動すること」には雲泥の差があるのだ。

 

しかし、甘えてくる年下の男性に対して、年上の女性は求められていることが非常にはっきりするので、気配りを自然な形で実行してくれるのである。「私の方が年上だしね♪」なんてセリフは、多くの男性が経験済みではないだろうか。

 

しかも、年上であるが故に洗練されていて、上品に気配りをできる女性が多い。気配りが素敵に見えた時は、年上の女性を好きになってしまう瞬間としても代表的なタイミングだ。

 

頑張って気配りをしようとする女性は、そうしてもガサツさが顔を覗かせるが、年下男性との関係性の中で気配りを求められていると感じる年上の女性は、頑張ってまでそれをやる必要はないため、自然な振る舞いができて、それが上品に見える。

 

女性らしさというのは様々あると思うが、「上品さ」は出そうと思って出せるものではないので、その年上女性の魅力をストレートに感じるだろう。

 

年上の女性が甘えてくると無性に可愛い

あなたが年上の女性と仲良くなっていくと、段々上下の関係は曖昧になっていくと思う。男女が入れ替わっても同じで、異性関係は、最初こそ上下がはっきりしているが、張り合う必要がないため段々と関係はフラットになるという特徴がある。

 

誰でも後輩の女の子で、自分に対してタメ口を使う女子がいるだろう。男女の場合は、仲の良い関係を確認するのに、ラフな会話は良い刺激になる部分がある。

 

男女は、ある意味で「戦っている相手」が違うから、異性関係だからこそ円滑に人間関係が作れる側面もある。これが同性だったら「失礼だ」とか、「立場をわきまえろ」といった形でプライドの問題が出てくるが、男女にはそういったものが希薄になっていく特徴がある。

 

そういった点から、年上の女性とのコミュニケーションが増えて仲良くなると、年齢差で生じていた「甘え甘えられの関係」から、少しずつ変わっていく。年上の女性から甘えられることが出てきて、それが無性に可愛く見えるのだ。

 

仲良くなったからこそ見えるその魅力は、男性心理を考慮するとガツンとくる年上女性の魅力。年上の女性に甘えられていることが、強さを主張したい男性本能を直接刺激するし、男性特有の守ってあげたい心理も刺激される。

 

年上女性のギャップに萌える瞬間だ。

 

年下の男性がアピールしたい魅力

f:id:Brightfuture:20161001195944j:plain

年上の女性の魅力を紹介したところで、いよいよ「年上の女性にアピールしたい年下男性の魅力」を解説する。

 

気になる女性、好きな女性が年上女なら、是非参考にしてみよう。相手の気持ちを動かす魅力を紹介する。

 

年下男性の「可愛さ」を素直に伝える

出会いの時点で、年上の女性があなたを年下の男性だと認識した場合は、まずその関係性にあった魅力をアピールするところから恋愛をはじめよう。年下には年下の良いところがある。

 

年上の女性に対してアピールしたい年下の男性が持つ魅力の一番は、年下だからこそ感じてもらえる「可愛さ」だ。女性は男性と違って「母性」を持っている。可愛さをアピールしたとしても、恋愛関係に進むことは可能だ。(※後でギャップも感じてもらう必要はある)

 

女性の立場で見てみると、同い年以上の男性はある程度格好付けて接してくるので、可愛さは、意外と新鮮で刺激的。年下男子との絡みが少ないほど、実は魅力と映る。距離を縮める時期では、まず一番分かりやすい魅力を伝えて興味をもってもらおう。

 

年下男性として可愛がってもらおうとすれば、素直になれる。彼女は年上の女性なので、目上の女性として同級生の女性に接するより素直に接することができるはず。「可愛い」と思ってもらうためには彼女が同級生に感じない「素直さ」も合わせてアプローチしていけば、他の男性に感じない魅力を伝えられるだろう。

 

幼さは武器に!若いから持っている情熱を伝えよう

年下男性は、年上女性から見ると若さが良い意味で荒削り感を出すので、他の男性と比べて情熱的だと感じる。男性として「幼さ」はマイナスだけど、だからこそ持っている「情熱」を伝えられるとキュンとさせることは可能だ。

 

年上の女性に「余裕」を感じるときほど、年下の男性は駆け引きするより言葉をストレートに伝えよう。工作するような恋愛の仕方は「幼さ」をより意識させる。勢いを利用するように接する方が、危なっかしさもあってドキドキするだろう。

 

情熱的なところを出すことができれば、弟のように思われることを防いでくれるので、男らしさをアピールする時は「情熱的な態度」がキーワード。気持ちを素直に表現しよう。

 

年上の女性と恋愛するなら、まだ関係が進んでいない時に格好付けても年下の弱みが出てしまう。年齢を重ねることで男は器が大きくなるし、経済力も付く。それを女性は魅力的だと捉える傾向があるから、勝負をするなら他の要素だ。

 

自分の年齢が相手の女性より低い場合、持っているパワーを前面に出すようにすると、年下の魅力を伝えることができる。

 

自然にギャップを感じさせる

年下と年上の関係は、出会った当初は「頼りなさを感じる」のが弱みである。

年下のイメージが先行するので、まだよく知らない関係なら何となくでもそういった印象を持たれることが多いのだ。

 

しかし、仲が良くになるに連れて色々な話をしている内に、男性としての力強さや、責任感が伝わっていき、自然とイメージとのギャップが生まれてくるようになる。もともと男女として違った特徴を持つ同士だから、コミュニケーションが増えると印象が変わってくるのである。

 

あなたの魅力をアピールするのにストレートな表現で引き付けた後は、ギャップによってさらに心を揺さぶっていくことがアプローチに効果的。それが年上の女性には自然な形で可能だから、年上女を落としたいなら是非意識してほしい。

 

「年下だから男性としてどうなんだろう?」って感覚は、多くの女性にはあるのかもしれない。統計的な部分でも、男性が年齢が上のカップルは多い。

 

しかし、それは男性側の「若い女性が好きだ」という比率的な好みの表れが出ている部分があって、年上の女性との恋愛が難しいことを表しているわけではない。

 

むしろ環境面の問題から、「年が上だから私を相手にはしないだろうな」という女性側の気持ちが予想でき、アプローチを受けること自体に違和感を感じて、あなたを意識しやすい面につながるくらいだ。

 

魅力を伝えようと思った時は、嫌われてさえいなければスタートラインが後方である方が望ましい。期待感を上回ることが感動を呼んで、より魅力が伝わるのである。気持ちを動かすことができる。

 

相手の女性が持っていた「年下男性のイメージ」を変えていければ、あなたの魅力はギャップとして伝わっていく。自然とギャップを感じさせてくれるのは、年下の男性が持つ魅力の一つである。

 

少年的な感性

男性は、夢を見たりロマンを感じたりする「少年ぽさ」を持っている。年下の女性にそれを見せると年上男性の魅力が損なわれるので逆効果だが、年上女性に年下男性が少年的な感性を見せると、母性本能をくすぐることができる。魅力と感じてくれるのである。「幼さ」も「純粋さ」として取り方次第なところがある。

 

素直で可愛いところを情熱的に出してくる年下の男性が、少年のような感性を見せると、現実的な感性の強い女性は魅力を感じる。男性なら誰でも少年ぽさを持っているが、多くの恋愛において魅力として伝えることができない。女性からは、どっしりした態度を求められることが多く、女性の頼りたい心理と相性が悪いのである。

 

しかし、年上女性は、年下男性の可愛さに魅力を感じたり、母性本能をくすぐられて興味を持つので、男性が持つ少年ぽさを良い形で恋愛に生かすことができるだろう。「ガキっぽい」とこれまで言われることがあった男性には朗報かもしれない。

 

男性には、好きな女性にほど一生懸命語りに入ってしまうこともあるが、年下男性のそういったことは年上女性には「可愛さ」に見え、魅力として伝わる。純粋さがキュンとさせるのだ。

 

正し、当然「魅力として伝える努力」が必要なのは言うまでもなく、アピールするならきちんとした考え方で話をしていくことが大事。頼りなさに繋がらなければ、良い形でアピールできる。

 

まとめ

今回は「年上の女性が持つ魅力」と「年下の男性がアピールしたい魅力」をまとめた。年上女性と恋愛したい男性は参考にしてみよう。

 

なお、年上女性との知り合うチャンスが無い男性は、婚活女子との出会いもおすすめ。経験がない男性も多いと思うので、オーネットが主催する「結婚チャンステスト」を受けてみよう。あなたにピッタリ合った出会いのきっかけになるかもしれない。

 

楽天オーネット公式⇒結婚チャンステスト(無料実施中)

 

【本文おさらい】

年上の女性が持つ魅力は

  • 素直に甘えることができて、年上女性はそれを喜んでくれること
  • 気配りができ、それを自然な形で上品に行ってくれること
  • 年上なのに甘えられると、無性に可愛く感じること

 

年下男性がアピールしたい魅力は

  • 素直で可愛いところを情熱的に表に出すところ
  • 自然にギャップが生まれるところ
  • 少年的な感性がさらに母性本能をくすぐるところ

 

年上の女性との恋愛は、関係がはっきりしている関係なので、アプローチが比較的やり易い。上記のポイントを踏まえて、アプローチしていけば、素敵な彼女を作ることができると思う。

 

関連記事: