読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

年上の女性を落とす方法~上手く甘えるアプローチ方法

年上の女性と恋愛 社内恋愛

f:id:Brightfuture:20141031090252j:plain

年上の女性を落とす方法は、上手く甘えることが近道になる。

アプローチ方法を間違ってしまうと、弟的な関係になってしまうこともあるので、ただ甘えるのではなく、それがアプローチになるように行動していこう。

 

年上の女性でも甘えたいと思うこともあるし、ある程度の期間アプローチしていくと、年の差を越えられるようになってくるので、今回の記事を参考に、年上の女性を落とす方法を実践していこう。

 

 

距離を縮めるためにどんどん頼っていく

まず、仲良くなっていくために年齢差を利用して、どんどん年上の彼女に頼っていこう。

男性は、後輩に頼られると誇らしい気持ちからその後輩を可愛く思うが、女性の場合は、母性本能が刺激されて可愛く思えてくる

 

仲良くなっていく時期は、ことあるごとにその年上の女性を頼っていって、この人は私が面倒を見てあげようと思ってもらえるようにアプローチしていく。

 

世話焼きは女性の特徴の一つだが、年齢差がある恋愛だと、それがより顕著になる。

迷惑になってはいけないが、年上の女性を落とすには多少強引にでも、甘え甘えられの関係を早めに目指していこう。

 

女性の感覚として、母性本能からくる「人の役に立っていたい」という欲求を刺激するようにすれば、仲良くなっていくのに時間をかけないで済む。

 

その点を意識して、丸投げで頼るよりは、一緒に問題の解決を図るように話をしてみたり、ひたむきさを見せるように明るくハキハキと話すようにしたら良い

 

悩みを打ち明けて親身さを増していく

f:id:Brightfuture:20141031091138j:plain

年上の女性へのアプローチは、まず下から出て、年下として可愛がってもらうことが重要になる。

頼っていくことで仲良くなってきたら、年上の女性が共感してくれそうな悩みを打ち明けて、秘密を共有する。

 

この時に、男性的な感覚だと良いアドバイスを求めるような話しぶりになってしまうが、上手く甘える方法として推奨したいのは、前向きなグチを織り交ぜること

 

例えば、「俺っていつもこうなんですよ。本当にどうにかしないといけないですよね」とか、「落ち込んじゃってどうしようもないです。早く成長していきたいのに」などのように、グチを言いながらも前向きな気持ちを同時に出すようにして甘えることで、人間性に疑問を持たせないようにするのが、年上女性に上手く甘えるコツ。

 

男のグチは女々しく感じる女性も多いので、甘える時は甘え過ぎにも注意をしよう。

 

仲良くなってきたら関係をフラットにしていく努力を始める

上の二つで、年上の彼女と距離を縮めたら、今度は恋愛的な発展を促していく時期になる。

その年上の女性の性格にもよるが、仲良くなってきたと感じたところから徐々にタメ語を使うようにしていこう。

 

親密さを感じていることをアピールする手段にしていき、関係性をフラットに持っていく方法にもしていく。

 

さらに、仲良くなってきたところでその女性からのグチを聞くようになってくるはずだが、少し男らしさも見せていきたい

 

具体的には、自分の立場をわきまえた上で、年上の女性にでもこちらからアドバイスをしていこう。

「俺は、こう思うんですけど、どうなんですか?」とか「もうちょっとこうした方が上手くいくと思うんだけどなぁ」といったように、普段のアドバイスよりトーンを落として話すようにしていくと、フラットな関係を作っていけるようになる。

 

立場が違えば考えていることが違うので、より新鮮な話だと感じてくれるだろうし、いつも甘えてくるあなたが時に真剣な顔をするのに、ギャップを感じて、異性的な魅力を感じさせられるアプローチ方法になる。

 

普段お世話になっていることを口実に大胆なアプローチ

f:id:Brightfuture:20141031090523j:plain

年上の女性との距離を縮めて、さらにそこから関係性のフラット化を進めた後でも、恐らくあなたが年上の女性に甘えている状況は続いていると思う。

 

今度は、それを生かしていこう。

例えば、仕事を手伝ってあげたり、誕生日にプレゼントを用意したり、少し背伸びしたレストランに招待したり。

普段甘えさせてもらっていることを口実に大胆なアプローチに出ていこう。

普段お世話になっているという口実は、大胆なアプローチから不自然さをなくしてくれるので、明るく実行するように心がければ上手くいくことが多いはずだ。

 

たとえ関係性が本当にフラットになっていたとしても、この方法は使っていっていい。

付き合うまでは、年上と年下の関係であることを意識して、それを生かしたアプローチをする方が恋愛が上手くいく確率を上げられる

 

年上の女性に対する態度

年上の女性を落とす方法として、積極的にタメ語を使ったり、時には男らしさを出すようにアドバイスされることは多いが、それはかなり関係が進んだ段階で実行する方が良い。

 

それまでは、年下の優位性を生かしていく方に軸足を置こう。

先輩後輩の関係は、アプローチに非常に有効。

早くから甘えていくのを止めてしまうと、恋愛的な発展が難しくなるという難点もある。

 

野暮用を自分が済ませてあげたり、買い物に付き合ってあげたり、車を出してあげたりと年下だから気軽に頼めるようなことをどんどん引き受けていくような態度の方が、結局その女性との距離が縮まって、上手くいくことに寄与する。

 

後は、いかにギャップを効果的に混ぜていけるかが勝負。

年下として、弟的な存在になっていくことを避けるのが少し難しい面がある。

 

推奨したいのが、自分の世界観をしっかり語っていくこと。

その年上女性との関係とはまた違ったところで志を語るようにする。

男らしさをアピールするのに、その女性に直接的なものを避ける方が普段との関係にギャップを出さずに、自分へのイメージにギャップを持たせることができる

男の世界は、女性には分からないところもあるし、自分達が異性の関係であることを意識させられる。

 

お互いの関係がそのままストレートに話へ影響していくより、こちらの世界で彼女が話を聞く立場にできればギャップを活用できるだろう。

 

さらに、スキンシップもできたら活用したい

キュンとさせる瞬間を作るのに一番簡単な方法が、手を繋いだり、体を支えてあげたりするスキンシップ。

これもあなたが異性であることを意識させることができるし、仲が良くなってきたことと恋愛感情の関係を考えさせる機会にできる。

スキンシップを取る時に上手く男らしさを出すこともギャップを演出する手段になるので、関係が進んできたらお酒を飲む時などのやり易い機会を探っていこう。

 

 

以上、5つのポイントで年上の女性を落とす方法を上手く甘えるアプローチ方法から発展的に説明してきた。

 

キーポイントは何度か言ってきたように、年上と年下という関係をいかに生かした形でアプローチできるか

上手く甘えることがやはり重要となる。

 

それができれば付き合った後も、自分の好みに合った彼女になってくれると思う。

まずは、上手く甘えていって距離を縮めるところから始めてみよう。

 

 

参考に: