読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

結婚経験のある私から見たスピード婚のメリットデメリット

婚活 結婚前の話

f:id:Brightfuture:20141023122750j:plain

結婚は、どの時期にするのが一番いいのか答えがないから悩むことは多い。

 

特に、知り合ってから短いとか、付き合ってから短いと言った関係でスピード婚の状態になると悩みも深くなるだろう。

 

今回は、結婚経験のある私から見たスピード婚のメリットとデメリットを説明していきたい。

 

スピード婚のメリット

スピード婚にはそれぞれでイメージがあると思うが、スピード婚のメリットと言えばどんなことがあるだろう。代表的なものに絞って説明する。

 

①大好きな人と結婚できる

f:id:Brightfuture:20141023122719j:plain

スピード結婚しようか迷うということは、どちらかに結婚の強い意思があり、さらにその相手も結婚に前向きに検討している時である。

 

そうでなければ、時期が早いことを言い訳にもう少し様子をみたいとなるはずだ。

 

だとしたら、好き同士で恋愛の発展形として正常な結婚をできるメリットは、意外かもしれないが、とても大きいことだと思う

 

要するに、好きな気持ちが盛り上がって結婚できることは、チャンスであって頻繁に訪れる機会ではないわけだ。

 

結婚の理想と現実がここにあるとも言える。

 

結婚は年齢も気にしないといけないし、経済力やその人を取り巻く環境まで視野に入れて決定しなければなれないという側面を持つ。

 

そこで色々考えてしまえば結婚できなくなり、結婚に一番大事な「勢い」が付かない

タイミングとして問題があるように感じたとしても、どちらかが一方でもその問題を越えて結婚をしたいと思ったことは大きな要素のように思う。

 

もしタイミングだけが懸念材料だとしたら、経験上はあまり重視するポイントではないように感じる。

 

そもそもベストなタイミングってものは無いと思うし、その瞬間に二人の意思が一致しなければならないほど、結婚のタイミングはシビアではない。

 

②新婚生活をよりラブラブで送ることができる

f:id:Brightfuture:20141023122847j:plain

これは、正直一番大きいと思う。

まだカップルとして日が浅い二人によるスピード婚は、結婚することによってさらに勢いがついて、ラブラブな新婚生活が送れる可能性が高い。

 

その延長線上に、落ち着いた結婚生活があるわけだから、カップルのような結婚生活が送れる期間も長くなる

 

確かに、結婚することによって二人の気持ちが一つになり、関係までリフレッシュすることで、新婚生活はラブラブで過ごせる夫婦は多い。

 

しかし付き合った期間が長いほど、このラブラブ期が短い傾向があり、一時的に結婚によってもたらされた新鮮な空気が長続きし辛く、元の関係に戻っていくのにあまり時間がかからないなんてことも頻繁に起きている。

 

長く付き合った二人は、家族としてあまり気を使わない関係になっていくスピードが速くなるのは、友人夫婦を見ても明らかな特徴だと感じている。

 

スピード婚のデメリット

スピード婚のメリットに続いて次にデメリットを考えてみる。こちらも代表的なものに絞って説明しよう。

 

①相手の細かな情報が無い

f:id:Brightfuture:20141023122921j:plain

 長く付き合うとそれだけ色々なことが起きるし、話した話題も多くなる。

その結果得られる情報では、ネガティブなものも出てくるので、本当にこの人と結婚しても良いのかについての判断はより正確になるだろう。

 

結婚経験がある者としては、スピード婚する場合のこのデメリットは大きいと思っている。

 

スピード婚しようという二人が浅い会話だけしかしていないとは全く思わないが、期間が短ければ二人の人となりの理解度はどうしたって低くなる

 

その結果、結婚後にこんな人だと思わなかったということが出てくるのは、ある意味どうしようもない問題だろう。

 

また、結婚は家同士のものでもあるため、家族との関係性や親戚付き合いなど、自分の常識とは大きく違った感性を持っていることもあり、自分の家族を作っていく時の弊害になったり、自分自身が価値観とは違った行動を取らないといけなくなったりすることで、大きな問題に発展する場合もある。

 

その結婚がスピード婚になってしまうのなら、結婚に向けた情報収集はたとえあからさまになってしまったとしても十分に行いたい

 

②問題を乗り越えていく力が疑問

f:id:Brightfuture:20141023122631j:plain

結婚生活は、問題もしばしば起きる。

スピード婚の二人は大きな問題を乗り越えてきた経験が少ないため、結婚後にその対応力を確認することになるのも大きなデメリットとなる。

 

カップルに起こった問題をどう乗り越えていくかは、実はかなり種類がある。

一度冷却期間をおいてから冷静に話し合いたい人もいれば、その場で解決したい人もいる。

 

怒ってしまって色々な問題を取り上げる人もいるし、感情をお互いで吐き出しあってスッキリするべきだとする人もいる。

 

どのようにカップルに起こった問題を解決するかについて、二人のコンセンサスがとれていないので、問題解決能力が疑われる。

 

さらに、問題を解決してきたという自信が無い場合は、出てきた言葉を鵜呑みにしてしまい、相手を信じることが難しい側面もある。

 

それでもどうにか乗り越えていこうと二人で努力できれば良いのだが、もしどちらか一方でも「結婚が早すぎたのだ」とか「もっとよく相手を知れば良かった」となってしまうと本当にタチの悪い状況に陥る。

 

それなりの期間一緒にいた夫婦は、「あれだけ一緒にいて結婚したのだから信じたい」という気持ちになったり、「どんなことも乗り越えてきたんだから大丈夫」と自分を前向きにできる具体的な要素を持つが、スピード婚になってしまうとそこは弱くなりがちでデメリットとなってしまう。

 

それをいかに好き同士の強さで越えるかが、まだカップルとして若い二人の課題になるだろう。

 

スピード婚のメリット・デメリットまとめ

大前提は、結婚が上手くいくかどうかについて、付き合った期間は関係ないということだと思う。

私は今の嫁と結婚するのにスピード婚ではなかったが、もっと早く結婚していたら良かったなと思う部分はある。

 

上手くいく夫婦なら、時期に関わらずその結婚は上手くいくはず。

 

ただ、その判断を結婚する前から行わないといけないわけで、その点でスピード婚は否定派が増えるのだろう。

 

ちょっと安易に決め過ぎではないかと主張する意見にはそれなりの説得力がある。

 

正し一方で結婚は、タイミングを逸すると二度と巡ってこないこともある

お互いが強い意志の基で結婚を決める瞬間は、何物にも代え難い貴重な瞬間。

 

幸せな結婚生活を確約されたカップルはいないのも事実であるから、素直な気持ちを優先するべきかなと思う部分は私の中で大きい

 

出来得る限りの努力をして、その結婚が失敗に終わってしまうリスクを排除するために、多くのことを確認していく作業が大事になるのではないだろうか。

 

こんなはずではなかったという思いは、確かに期間が短いカップルには起こりがちだろう。

 

それを無くすには、とことんまで話し合うことも重要だし、素直な気持ちを相手に伝え、それが真正面から返ってくる関係を築きたいところ。

 

時期が早いかどうかよりももっと大事なことは多いので、その点で判断していけば失敗の可能性を下げることができ、幸せになれる可能性を上げることができる。

 

突っ走って結婚まで行ってしまうことだけは避けねばならないが、前向きに考えている相手がいることを幸せに感じ、夢を見るだけでなく、その人としっかり向き合ってみよう。

 

そうして出した答えは、きっと二人に取って正解だと思う。

 

結婚するにしてもしないにしても二人で関係を作る「恋愛」では自分への理解がとても大切だ。下の記事も合わせて読んでみよう。

 

◦【無料】婚活を始めるなら、最大14社のサービス内容・料金比較ができるこちらで資料請求が可能:

結婚相談所の比較なら婚活・結婚おうえんネット

 

◦【無料】結婚式場探しはブライダルフェアに参加してから始めよう:

あなたにぴったりの結婚式場に出会える【マイナビウエディング】