読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

彼女と長く続かない男が抱え易い問題~タイプ別5つの分類と改善への道筋

付き合いはじめのテクニック モテる男になるために

f:id:Brightfuture:20141013153116j:plain

彼女と長く続かない男は、傾向としてそれが認められることがある。付き合っても短命で終わるのには、やはり理由があるのだ。

 

せっかく頑張って意中の子を彼女にできたのに、何だかうまくいかなくて数か月も経たない内に別れてしまうのはすごく勿体ない。

 

この記事では「彼女と長く続かない男が抱えやすい問題」をタイプ別に5つ分類し、それを改善する道筋を提示するので、あなたのタイプを知って、次の恋愛にぜひいかしてもらいたい。

 

正し、今回に浮気は含めないこととする。

浮気が原因で長く続かないのは当たり前だし、本人もよく自覚していることだと思うから、今回の記事では、「長く付き合えるように頑張っているけど続かない」という人向けに、チェックしてほしいポイントをまとめていく形を取りたい。

 

そして最後には、私なりの改善への道筋を付けるところまでいくつもりである。

Ⅰ.カップルという響きに期待しすぎ型

「付き合うってこういうものだ!」って感覚が強いのは、二人で関係作りをしていく「恋愛」では上手く行かない理由となる。

 

例えば、「自分のことを一番に考えてくれるのが彼女だ!」とか、「自分のことは全部理解してくれるはずだ!」など。これらは自分勝手な男の典型例となる。

 

確かに深い関係になっていく恋人同士という関係は、上記のようなものを期待しても良い関係だとは言えるが、「付き合う=自分に取ってベストな彼女ができる」ということではない。

 

カップルは、付き合うことになってから色々な方法でコミュニケーションを取り、信頼関係と思い出を作って、越えた壁に自信を深めながら、お互いの欲求を満たしていく。

 

当然ながら「欲求」は彼氏彼女それぞれ1つずつ2つあって、それを出し過ぎてもダメだし、出さな過ぎてもダメなんだから、簡単にはいかないし、徐々にいくしかないのが現実だ。

 

期待しすぎて幻滅しては彼女に原因を求めていても、それはカップルとして進むべき道ではないから上手くはいかない。こんな状態では彼女と長く続かないのは当然となる。

 

理想の付き合いができるまでには、思っている以上の努力が必要だと知らなければならない。そして、それを形作るのは誰でもない自分なのだと自覚をしないと、いくら理想の彼女を求めていても、付き合っては別れてを繰り返すだろう。

 

Ⅱ.相手の負担型

恋愛したとき、あなたは想いのパワーというものを感じたことがあるだろうか。

 

言っていることが良く分からない人にイメージしてほしいのが、テニスの松岡修造だ。

彼は熱いトークが売りのスポーツ出身の芸能人だが、あれを自分にぶつけられて1日付き合うのってどのくらいの人が耐えられるだろう?

 

テレビの前だからキャラ作りとかあることを考慮したとしても、私は一日彼と一緒にいて楽しく過ごせている自分をイメージできない。疲れてしまうと思うのである。

 

例はあくまで例だけど、恋愛における「想いのパワー」っていうのは相手に伝わるものだ。実は、ぶつけられる方も同じくらいパワーがいるのである。

 

よく掲示板とかで「私って重いですか?」と質問しているのを目にするが、自覚があるのなら多分相手には重いと感じるだろう。ハタからみればそうでもなく感じても、受けている方の立場は同じ感じ方をしていないというのが、経験則だ。

 

こういうタイプは、相手とのバランスを失っている状態であることが推測される。

 

会話はよくキャッチボールだと言うが、実際のキャッチボールをすると、もちろん投げっ放しや受けっ放しなんて成立しないことはもちろん、そのリズムや強さの変化も一定の間合いの中で行う必要がある。

 

恋愛している時の会話も同じで、相手の投げる球の強さで、こちらの強さを加減しないといけないし、スピードや距離の調整をしたいなら徐々にしないと、相手は怪我をする。相手への負担が大きくなってしまうのだ。

 

会話だけならまだどうにかなるかもしれないが、この「負担型」に属した男は、ある意味それが徹底されていて、LINE等やデートやプレゼント等、あらゆるものが重い傾向が出るため、相手となった彼女は逃げていってしまう。

 

両想いのカップルだって、適切な空気はそれぞれ違うし、自分の彼女においても相手次第でまた違ってくるもの。

 

負担型に属する彼氏は、思いやりの意味を間違えていることが多いので下の記事を読んでおこう。

 

Ⅲ.男女間のズレ型

カップルの一番難しい問題かもしれないが、「男女の決定的な違い」というのはカップルが上手くいかない原因になり得る部分だ。

 

恋愛するなら、やはり男女は別の生き物だと思っていないとすれ違う。男と女で違う部分を、自分の感性だけで強引に推し進める傾向がある場合は、長続きしないだろう。

 

私の経験では、お互いの歩み寄りが男女間では必須だ。感性の違いや欲求の違いまでをお互いに意識しておかないと、どうしたって密接に関係し合うなかで喧嘩してしまう。

 

男女間のズレを意識できなくて彼女と長く続かない男は決して少なくないだろう。

 

特にこの傾向がみられる男は、相手の気持ちを尊重して付き合うことができない。

男女に溝があることを知って、その前提の中でカップルとしてどうしていくかが大事なことであって、相手のことを分かったつもりになっていることがそもそもの間違いだ。

 

分からないから知ろうとしないといけないし、その努力の中で彼女のことが段々見えてくる。

 

男女間の差を理解しないままに付き合うことによって、男の感性を押し付けたり、逆に引きすぎて自分の満足度が下がったりして、結局上手くいかないのがこのパターンだ。

 

Ⅳ.イメージ先行型

好きな女性ができて、その女性をどんどん好きになる内に、段々自分の中のイメージが固まっていくことは普通なのだが、これを短期間に固め過ぎてしまう男がいる。

 

本来、人と人はコミュニケーションを取ることでお互いを知っていって、イメージを柔軟に変更していくのだが、あまり凝り固まったイメージを持つのはよくない。

 

しかも、彼氏の前だけ見せる一面も女性にはあるし、友達期間と良い意味でも悪い意味でも色々変わる女性は少なくないから、イメージを固めてしまうのは現実の恋愛にそぐわない。

 

結果として、イメージを重視するあまり、付き合った彼女の本来の姿がイメージと合わずに、戸惑いの中で上手く付き合いが出来なくなる男がいる。

 

さらに、アクティブな男は自身のイメージを彼女に押し付けてしまい、彼女の方に「自分を出せない」とか、「自分を受け入れてくれない」といった感情にさせるので、上手くいかない原因となるのだ。

 

イメージ先行型の男は、一人の女性としっかり向き合って付き合っていかないと「理想の恋愛」をいくら探したところで見つけることはできないだろう。

 

Ⅴ.恋愛ネガティブ型

好きな女性と付き合えることは、本当はすごく幸せなことだ。

しかし、すごく好きであるがために「失いたくない」とか、「嫌われたらどうしよう」と思ってしまって、どんどんネガティブになってしまう傾向を持つ男がいる。

 

ケンカした時の落ち込み方がすごかったり、話した内容が彼女にフィットしなくてそれだけで凹んでみたり、通常は楽しいはずのお付き合いがしんどくなってしまうこともこのタイプに多い。

 

そういう男と付き合うことになった彼女の気持ちになるとよく分かると思うが、恋愛ネガティブ型の男とは、お付き合いにおける取るべきコミュニケーションが取れなくなって、恋愛は長続きしない。

 

つまり、「こうしてほしい」とか、「これは嫌だ」という会話が難しくなって、彼女は愛想を尽かすのだ。

 

自信が無く、大概のことをネガティブに捉えられてしまえば、そう長い時間がかからずとも彼女は彼氏にモノが言えなくなるだろう。これでは彼女と長く続かないのは当たり前になってしまう。

 

どうしたら彼女と長続きするのか

f:id:Brightfuture:20141013153303j:plain

彼女と長く続かない男は、まず認識を変えよう。

 

上で挙げたパターンに自分が該当するなら、まず自覚するところがスタートだ。原因が分かったら、そうならないように自分をもっていく努力を始める。

 

それと同時に、お付き合いの概念も変えていこう。

以前にも書いたが、カップルってものは二人で形作っていくものだ。片思いの時もそうだが、両想いになってからも「関係作り」は必須なのだ。

 

一番大事なものは、「お互いが想い合っている」って関係を前提に、そこからコミュケーションを密に取って関係を深めていくこと。

 

付き合うことが決まってから、やっとその道を歩き出すのだと理解してほしい。

 

そのためには思いやりを正しく理解する必要がある。

思いやりは、押し付けるものでもないし、ただ貰うものでもない。

相手のことを思って心を配るものであって、それは深く考えられた行為のこと。

 

ただ思いやりだと思って行動しても、それが相手に取って喜んでくれることとは限らないし、迷惑になる可能性もある。

しかし、だからと言って思いやりの行動をなくせば、そもそもあなたからの愛情を彼女が感じることが無くなってしまう微妙なもの。

 

カップルが上手くいくためには、相手からの気持ちを信じないといけないし、自分の気持ちを暖めないといけない。

さらに、相手を知ろうという思いから始まり、相手に自分を知ってほしいというところまで行きつかないといけない。

 

言葉にすると何だかすごく難しいことをやろうとしているように思うかもしれないが、最も簡単に表現してしまえば、「愛を育てましょう」ということ。

 

カップルになるってことは、それを一緒に目指そうってことを契約することだし、その相手にあなたを選びましたってことだと認識して、付き合うこと=彼女と関係を作っていくスタートラインに立ったと理解するべきだと思う。

 

その点に立って考えてみると、あなたなりの長続きのための施策が浮かぶのではないだろうか。

 

頑張っているのに彼女と長く続かない理由を知って、改善への努力をするだけでも事態は好転していくと思うから、長く続く恋愛の仕方をしたいならもう一度自分が該当する部分を読んでからこの記事を閉じよう。

 

またその上で、最後に書いたことも参考にしてほしい。

 

加えて、「自分のことをちゃんと理解すること」もすごく大事なことだ。あなたが意識するべき性格上の弱点とはどんなところだろう?

 

下の記事では客観的なデータ分析に基づいた「あなたの恋愛傾向」を診断してくれるので、きちんと対処したいなら診断してみることをおすすめする。

 

ツヴァイの「恋愛傾向診断」を実際にやってみた体験談~無料でできるのに本当に当たる?数値化されるその結果がすごい!【画像あり】

 

あなたが彼女と幸せに付き合えるように願う。

 

まとめ

今回は「彼女と長く続かない男が抱えやすい問題」について理由や原因を説明し、改善の道筋を示した。

 

せっかく付き合えたのに長く続かないのは辛いことなので、この機会に自分と向き合って、付き合う彼女ともしっかり向き合ってみよう。

 

恋愛はとても複雑な気持ちが色々な問題を連れてくるので、きちんと壁を超えることができる恋愛の仕方をしよう。

 

関連記事: