読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

上手くいく告白の準備~告白のタイミングと成功確率を上げる方法

付き合う前の時期 告白

f:id:Brightfuture:20140911100018j:plain

今回は、どのように告白するのかではなく、どのような準備をしていけばいいか、又どのようなタイミングで告白をするのかにフォーカスして書いてみたいと思う。

 

告白はどのように行うかよりも、その準備やタイミングによって成功確率が変わる要素が強い。

 

告白とは、自分に相手への恋愛感情があって、好きであることを告げることで、告白された人間は、基本その人を好きかどうかでその告白を受け入れるかどうかを決定するからだ。

 

正し、告白する彼女に事情がある場合は、告白の言葉に盛り込むべき事柄が出てくるので、そこは注意。

(参考記事:成功確率の高い告白の言葉を考える~盛り込むべき要素とは

 

例えるのは数も多いし難しいが、その彼女の事情をよくわかった上で、それでも付き合っていきたいと思っていることを伝えないとその告白が成功しないパターンは、告白の方法・言葉にも依存する場合がある。

 

それでも、結局は話し合いになるだろうし、少し的はずれな告白になったとしても、二人の関係作りがしっかりできていれば、概ね乗り越えていける場合は多いだろう。

 

告白は、確かにカッコ良く決めたいシチュエーションだし、彼女の方もそれを期待しているはずで、せめてその期待には応えたいと思うから、どのように告白するのかも、しっかり方法論を固めたいところ。

 

告白の言葉よりも大事なことは

f:id:Brightfuture:20141006122911j:plain

告白の言葉以上に大事なことがある。

それは告白までにどんな準備をしたかである。

 

勝算もなくて、無謀に告白しようとする輩はさすがに少ないと思うが、イイ感じになってから告白したのに拒否られることは少なくない。

 

男性的感覚では理解が難しいのだが、女性的感覚では

「ちょっと好きかも」

って段階では拒否してしまうことがある。

 

付き合うことを重く考える子は女性に多いし、ちゃんと気持ちが乗り切ってからでないと、OKを出さないのは女性に見受けられる特徴。

 

じゃぁ、それを男性の立場でタイミングを計ろうとするとかなり難しい判断が求められていることに気が付く。

 

気持ちが乗り切っているかどうかは、告白する前には分からないからだ。

 

どのくらい自分に気持ちがあるのかを正確に計れる自信があるのなら、その判断によってタイミングは決めていいだろう。

 

しかし、私も含めて、その精度に自信が持てない場合は他の要素で補う必要がある。

 

それが、今回タイトルで挙げた告白の準備のことである。

 

告白の前にイイ感じまでいくのは当たり前。

 

振られれば、その子とは気まずくなる可能性は高いし、警戒感が増してしまったりして、一度振られた子にリベンジしたくてもできない環境になることは本当に多い。

 

基本的に告白は一度だけの勝負の時だと思っておいて間違いはない。

 

様々な要素でその告白の成功確率を上げることことが必要だが、私が絶対必要不可欠であると思っていることがある。

 

次はその部分に触れていこう。

 

彼女に取って自分が必要な存在になること 失いたくないと思わせること

f:id:Brightfuture:20140927155247j:plain

 

告白前には、文字通り彼女との距離を縮めておこう。

失ったら困ると思ってもらえることで、告白の成功確率を上げる。

 

会う回数でもいいし、連絡の頻度もしつこくならない程度に増加させる。

 

好きになる期間等は人によって実に様々なので、諸君のイケると思うタイミングと彼女のタイミングがわずかにあわない可能性は決して低くない。

 

告白してしまった以上は、振られないようにその告白自体は受け入れてもらって、また時間をかけながら二人の気持ちのつり合いを目指していくことになるのだが、多少でもズレてしまったタイミングに目を瞑ってもらうには、彼女にとって諸君が必要な存在になっていれば、その確率をかなり上げることができる。

 

気が付いたらすごく仲の良い人になっていて、普段の話もよく聞いてもらう人であって、連絡が2~3日ないとアレ?って思うような存在になれれば、恋愛感情が乗り切っていない状況であったとしても、失いたくないという感情が手伝って、その告白の成功確率はかなり上がることになる。

 

告白を意識したら、上で書いた存在に自分がなれているかどうか考えてみよう。

 

一つ一つはサラッとしたアプローチでいいので、告白前はとにかく距離を縮めて、自分が彼女の日常に当たり前に存在する人になる。

 

それを意識した告白前の準備ができれば、多少のタイミング違いはかなりカバーできることになる。

 

基本的に告白は一度きりの大勝負

f:id:Brightfuture:20140927155747j:plain

告白後に二人ともが自然に依然の関係に戻ることは最低限時間がかかるし、101回目のプロポーズは、世間一般的に心が折れる。

 

当たって砕けろとか、ダメで元々といった発想で告白することは、気まずい関係の人が周りに増える相手に取って迷惑とも取れる行為。

 

告白の準備をしていくことで、成功確率を高めることができると言ってきたが、プラスして成功の確率を確かめることもできることを付け加えたい。

 

アプローチを増やしていくことが今回の根幹に当たるが、それの受け入れ具合はフラットな目で見て欲しい。

 

弱気でも強気でもいけない微妙な感覚ではあるが、先程にも書いてきた通り、その後の関係も考えてタイミングの精査は行うべき。

 

基本的に告白前に勝負は決まっていて、告白は合否判定だと思うことも必要だ。

 

しっかりとしたプロセスを歩んで、1%でも確立を上げる努力は、ここで書いたことに限らず実践するべきだと思う。

 

これから告白を考えている読者が幸せなカップルになれることを祈る。

 

 

 告白の言葉:

食事の誘い方: