読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

社内・サークル・学校等の身の周りの変化を恋愛チャンスに変える方法

付き合う前の時期 社内恋愛

f:id:Brightfuture:20140827110204j:plain

あなたは、身の回りの人と恋愛する場合と、逆にそれ以外で恋愛する場合とどちらが多いだろう。

 

私の場合は、身の回りにいる人と恋愛になる場合が多かった。

 

性格や普段の態度、他人からの評価が良くわかって、その人をよく知った上で恋愛に発展することが多いからだ。

 

そんな私から、今回は身の周りで起きた変化をチャンスに変える方法を提供してみたいと思う。

 

 

男女が仲良くなっていくためには、まず共通の話題が必要

f:id:Brightfuture:20140927180628j:plain

当たり障りのない会話から、徐々に仲良くなっていくことはよくあることだが、より親密になっていくには、コアとなる話題があった方がうまくいくケースが増える。

 

それは、興味のある話題であるが故に、お互いがその会話自体を面白いと感じ、また話したいという感情に繋がり、感性の共有にも繋がることからお互いの距離を縮め、結果、その人と一緒にいる時間に価値が生まれていく。

 

特に感性の一致は、軽い感動を生んで、男女としての距離を一気に縮めることがある。

 

例えば、〇〇を好きな人がよく言う言葉

「〇〇好きに悪い人はいない」

これは、経験からくる言葉ではなく、自分と同じ感性の人を、人は否定しないどころか、それだけでも十分人となりを表すとさえ思っていることも少なくないことを意味する。

 

その点を踏まえた上で、是非活用したいことが、好きな人と共有する身の周りの変化。

 

誤解を恐れずにストレートに書くと、変化の中でもネガティブな変化の方をより活用したい。

 

やっぱりね、身の回りにネガティブな変化があれば、人はちょっと愚痴りたいさ。

あなたが思うネガティブな変化は、他の周りの人も同じようなことを思っているもんだ。

 

社内で言えば、上司や課が変わった・転勤で構成が変わった・雰囲気が変わった等々。

サークルでは、幹部の運営方法や代変わりによる変化、一部のサークル員の素行等々。

学校では、教師の態度や各イベント時の状況等々。

 

自分がこれはちょっとなと思うことがあれば、大体の場合において周りの人も同じようなことを思っていることが多い。

 

その好きな子とぶっちゃけトークができる状況を作れれば、こういった話題で感性を共有することは、かなり良いきっかけになり得るので、活用したいところ。

 

特にそのネガティブな変化が大きく、且つ継続する場合は、二人で話すことも尽きないし、その内容で時々二人で食事に行ったり継続性を生む場合も多いので、その方向へ持っていく努力も一緒にしたい。

 

当たり障りのない会話の中では、その人のコアな部分を知ることはできないが、こういった感性にかかわる会話をしていると、話が発展して、よりその人の考え方などがよくわかる。

 

突然にコアな話題を出していくことが苦手で、なかなか深い話ができない諸君も、こういった環境の変化を活用できれば、簡単に距離を縮めるきっかけを得ることができる。

 

気を付けなければならないことを押さえておこう。

 

きっかけはあくまで自分から作っていくことが重要

f:id:Brightfuture:20140927180907j:plain

誘い方は、その変化について話したいことを前もって言ってもいいし、その変化を会話に出して、ちょっと語らない?的な感じで誘ってもいいだろう。

大きな変化があった場合に、その変化について意見を交わすことを拒否することは通常稀で、色々な人の話を聞いてみたいと思うのが普通だ。

さらに、その事情をよく知る異性とその話題で会話できることが機会として少ない子は、きっと興味深々になることだろう。

社内とかの場合はこのケースが多い。

 

そして、一席設けた後についてだが、グチり過ぎないことと、最後は前向きな話で終えることを意識する。

諸君がグチりたいから誘ったというより、その子のグチを聞いてあげようとする態度の方が望ましいし、以前にも書いたがネガティブ過ぎる会話は男女間で恋愛に発展し辛くなる原因になってしまうことがある。

会話を特に明るくなるようにすることはないが、グチグチしてしまうのではなく、問題には真剣に、最後はどう前向きになっていくかという会話に終始したい。

 

人が何に怒り不満を持つのかはその人をかなり表している。

例えば、和を重んじる子が、所属グループで雰囲気が悪くなったことを他の人より、より深刻に考えるように、それぞれ大切にしていることがあって、それを侵された時に、人は負の感情を高めるわけだ。

 

身の周りの変化によって生じた負の感情からその人の大切にしていることもわかるし、諸君の大切にしていることも伝えられる機会となるだろう。

 

自分をよく知ってもらった上で砕ける恋なら、それはそれで仕方がない。

その土俵に上がる努力は、出来る限りを目指したいところだ。