読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

お年頃の女性が経験する変化から心理と恋愛観を考える

モテる男になるために 社内恋愛

f:id:Brightfuture:20160519154545j:plain

今回対象としたいお年頃の女性とは、結婚適齢期中期ごろの女性。アラサー女子が一番イメージしやすいが、それぞれの女性ごとに「結婚適齢期」というイメージが違っているところはポイントだ。

 

あなたの周りも女友達がバタバタバタと結婚していく時期があったと思う。

私の周りの場合は、一期目が24~25歳の頃、二期目が28歳~29歳。

学生からの付き合っているカップルは社会人生活が落ち着いてきた頃だし、社会人からの付き合いはじめたカップルは期間が丁度いい印象を受ける。

それぞれの体験とそうギャップはないんじゃなかろうか。

 

今回は、24歳・25歳・26歳よりも少し上の「28歳~30歳くらいのお年頃の女性」が経験する変化から、胸の内に抱える心理と恋愛観を考えていこうと思う。

結婚を意識した男性は、アプローチに生かしていこう。

 

周りの結婚で表れる変化

周りがバタバタと結婚していく状態を、恋人がいない状況で過ごす女性は、ある変化を経験する。

 

それは、遊ぶ友達の減少だ。

結婚してしまうと、当然ながら結婚相手に時間を取られてしまうことや新婚生活の楽しさから、友達との交流が必然的に減ってしまうのが通常だ。

30歳を過ぎると、年下との交流が主になる未婚者は男女問わず多い。

 

その状況で考えることは、一種の「将来への不安」。

ただ、そこにはまだ過度な焦りのようなものはない状態で、28歳~30歳の間にいる女性はまだ心配している程度であり、焦るのは30歳を超えてからだ。

 

お年頃の女性を恋愛相手にした場合、それまでとは違った傾向が心理面や恋愛観でみられる場合があるので、押さえていこう。

 

アプローチしてくる男性の価値が上がる

f:id:Brightfuture:20141003235953j:plain

それまでは、恋愛は自分から好きになってはじめることが多かった女性も、友達の結婚によって起こった変化(精神的なものや予定の減少等)によって、男性のアプローチを真剣に検討する必要性を感じ始める。

それは、自分の日常から結婚がイメージできないからである。

 

女性が結婚したい理由の上位が

「子供を産みたいから」という心理。

 

結婚自体にはあまり魅力を感じない若者が増えている中で、子供を産むことを前提にして結婚制度に比較的積極的になる女子は多い。

 

つまり、子供を産むことを前提にするということは、自分の年齢的な部分をいづれかのタイミングで意識せざるを得ないことを意味しているわけだ。

 

その点で、白馬に乗った王子様を探すよりも、現実的に行動していくことが求められてくる。恋愛結婚を目指すなら、具体的に動いていく必要性も感じ始めるのである。

 

よって、この時期の女性の恋愛観には変化が起こることがあり、お年頃の女性にはアプローチを是非積極的に行っていってもらいたい。

 

取り敢えず何回か会ってみてから…という心理になる女性が多くなるのはリサーチ済みだ。28歳~30歳の女性は、自分を信用してもらうことができればデートに応じてくれる確率が高い。内面を見てくれる特徴も持っている。

 

経済力が魅力の上位にくる

f:id:Brightfuture:20141003235618j:plain

上で挙げたように、結婚に対する意識と、既に結婚をした友達からの情報もあって、「経済力のある男性」からのアプローチの価値が飛躍的に上がるのがアラサー女子の特徴。

 

経済力をアピールする具体策には気を付ける必要があるが、無難な方法で経済力のアピールできれば、それまでのアプローチ以上の効果を発揮する。

 

「今、色々誘ってくれる人が契約社員なんだけどどうかな?」

とかの相談は28歳~30歳くらいの女性に今でも多くて、その事情に合致してしまう場合はしんどいと言わざるを得ないが、経済的に余裕がある男性はそれを積極的に出していきたい。

 

女性としての価値の低下を感じ始める

新入社員の頃は男性社員にチヤホヤされていても、後輩として一期二期と新人を迎える立場になると、お年頃の女性は男性からの「対応の違い」をどうしても意識し始める。

 

この不満は思っている以上に多かった。

そこまで女性は自分がお姫様でいたい心理を持っているようだ。

 

そんな心理状態にある女子は、アプローチをしてくれる男性に以前よりも貴重さを感じるようになる。

自信をもってアプローチする一つの要因として考えたいポイントだ。

「結婚できるかできないか」を考える女性が増えるので、アプローチされていることで価値を感じやすいのはアラサー女子の特徴と言っていい。

 

28歳~30歳の女性を落とすには

恋愛観は、年齢や状況によって形を大きく変えていくもの。

普段から女性の本音を聞けない人は、その女性が今どんなことを考えているのかよく理解しようとする努力が求められる。

 

ここまで挙げてきた情報は私がリサーチした正しい情報だと思っているが、各女性ごとに微妙なずれが出てくることは予想される。

あたりをつけるという意味で活用しながら、なるべく具体的に相手の女性から情報を聞き出し、効果的にアプローチしよう。

 

アラサー女子を落とすには「信頼されること」が一番重要で、心地よい雰囲気の中で連絡を取り合い、落ち着いて一緒にいられる関係を作ることがベストだ。

 

男性は女性と違って「経験」が求められる。

変な慣れ方をしていると嫌われるのが当然だが、女心をわかってない男性と付き合っているほど時間的な余裕がないのもまた事実。知識を得るという意味では下で紹介している本からも情報を得て、具体的に行動していこう。

 

私の場合は、多くの恋愛経験だけでなく、後輩の女性や女友達とかによく恋愛相談されていたから女性の扱いに慣れているが、そういう経験が少ない男性は少なくないのかもしれない。それなら本格的に婚活を始めてみるのも一つの選択肢である。

 

婚活サイトのボリュームゾーンは今回テーマにしている「28歳~30歳の女性」も含まれている。経験がないと、話をするのもうまくいかないと思うので、サポートを受けられる婚活も検討しておこう。早めに動きだすことがポイントだが、婚活サイトの大手「パートナーエージェント」では会員の1年以内交際率が9割を超えていて実績が高い。一度サイトを見てみてもいいと思う。

 

婚活サイトのイメージがわかない人は、CMでも有名な「楽天オーネット」の結婚チャンステストを受けてみると具体化する。無料なので興味があれば受けてみよう。

 

公式サイト⇒結婚チャンステスト(無料実施中)

 

まず資料請求してみたいと思うなら下の診断はすごくおすすめ。資料だけでなく「あなたの恋愛傾向」を本格的に診断してくれる。

 

【おすすめ】

ツヴァイの「恋愛傾向診断」を実際にやってみた体験談~無料でできるのに本当に当たる?数値化されるその結果がすごい!【画像あり】

 

まとめ

今回は「お年頃の女性」をテーマに、28歳・29歳・30歳のアラサー女子を取り上げ、このころに経験する考え方の変化や生活環境の変化、恋愛観の変化などについてまとめた。

 

24歳・25歳・26歳あたりも結婚ラッシュを迎える女子が多いが、アラサーとして結婚ラッシュを迎えるのとはやはり違う。紳士な男性としてきちんとアプローチできれば比較的恋愛しやすいお年頃なので、ぜひ頑張ってみてほしい。

 

関連記事: