読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

彼女を教育するのに大切なこと

男性優位に持っていくために

f:id:Brightfuture:20140725133917j:plain

男性を立てる女性が減ってしまったこの時代に、居心地の良い彼女を作ろうとすると自分の好みを伝える「教育」という概念がどうしても必要となる。

 

気付いてほしくてもそううまくはいかず、元から男性を立てるような女性から選ぼうとしても選択肢が狭い。もしくは見つからない。

 

このブログで男性を立てて付き合う可能性の高い女性像には触れているが、そういった子であってもやはり教育は必要になる。

 

女性の方からやってくるように男性を立てる彼女ができる可能性は低いことを認識しよう。

 

その上で大事なことを今回は述べていきたい。

 

彼女を教育していく時は具体的に伝えていくことが大事

f:id:Brightfuture:20141008200606j:plain

彼女を自分好みに変えようと教育する際は、概念的に自分の理想を伝えることもいいのだが、より具体的に「自分がしてほしいこと」を伝えることが大事だ。

その積み重ねが少しずつ理想の彼女を形作っていくイメージで教育に取り組むことが最も大切。

 

これは逆に教わる立場で考えてみるとよく理解できる。

例えばあなたが営業の仕事をやっていたとしよう。

「もっと明るくお客様と話しなさい」

と上司に指導されたとする。

 

あなたはそれに対して具体的にどん方法を取るだろうか。

〇声を大きくする

〇明るい話題を選んで話すようにする

〇笑顔で話す

〇ハキハキ話す

 

こんなことが浮かぶと思うが、一辺に全部できるようになるだろうか。

いくつか浮かんでは消えて結局元に戻ったり、その時々で注意することが変わって上司にも変化が分からなくなりはしないだろうか。

 

それなら

「声を大きくしてお客様と話しなさい」

と具体的に何度も注意されて一つづつ直していく方が「教育する立場」と「教育される立場」のお互いに分かり易いと思うのである。

 

何かを徹底させるときに、

「明るく営業できるように」

と、具体的なイメージができる言葉を付け加えてくれれば目的や弱点もはっきりするし、何回か言われればその上司の前では自然と声が大きくなる日もそう遠くはないだろう。

 

恋愛の場合は、仕事よりももっと抽象的な感覚であることが多い。

だからこそ、ゆっくりとでも確実に定着させることができるように教育していくことが大切になる。

 

「もっと男らしい人がいい」

「釣った魚に餌をあげないタイプなの?」

「もっと大事にして」

 上に挙げたようなことをどれか一つくらいは言われたことがあるだろうか。

 

好きな子の不満だから直そうとして具体策をいくつか浮かべても、それが彼女に伝わるのかどうかはかなり疑問に思うはず。

それはやはり彼女の方も同じであると考える方が合理的だ。

 

普段から

「男を立てるような女の子が好き」

と彼女に伝えていても、教育が進んで行かないと感じる場合は、教育方法をもっと局所的な具体策で彼女に教育していくことを勧める。

それができれば自分の理想の彼女に教育していくことは可能だ。

 

教育は時間がかかるもの 腰を据えよう

f:id:Brightfuture:20141008194907j:plain

教育は腰を据えた「方針」が大事だ。

概念を伝えることは本当に難しい。

 

少しづつレールを敷いてあげてそこを少しづつでも進ませてあげる。

そのうち彼女もそのレールがどこに向かっているのか理解し、ちょっとずつ自分でその道を進んで行くようになる。理解してもらうための時間は惜しまないようにしよう。

 

その具体策としてはそれぞれ一番気になるところから始めればいい。

私の場合は、最も頻度の高い食事面でどんどん要望を伝えていく。

例えば、大皿を取り分けるとかお酌が必要なビンビールや日本酒の場合は必ずお酌をさせて、無くなってきたら自分からお酌するように教育したりするところから入っていく。

そしてそれに方針を持たせた上で腰を据えて、注意したことが出来ていなければ何度も言って聞かす。

何も喧嘩を吹っ掛けるわけじゃない。

優しくお願いするようにはなしてもいいし、冗談ぽくしてもいい。

 

一つづつハードルを越えていった彼女はその内勝手に自分を変え始めて、いつしか立派な3歩下がって歩くような彼女になる。

 

自分の経験からも推測可能なように、誰かを教育することは時間がかかったり煩わしいことが多い。

教育する立場はされる立場を考えてこそ、その効果を最大化できる。

教育の方法が分からなかったりなかなかうまくいかないと悩んでいるあなたがが参考にしてくれると嬉しい。

 

関連記事: