読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

末っ子、一人っ子、長女等の家族構成タイプ別女性の特徴

3歩下がって歩く可能性のある女性 女性の特徴

f:id:Brightfuture:20141202075904j:plain

 育った環境は、その人の性格形成に強く影響する。

兄弟の有無や兄弟の中の立ち位置、家族構成で様々な特徴が現れることは、一般的な常識にもなっている。

 

そこで今回は、末っ子・一人っ子・長女などのタイプ別にその特徴を考えて、家族構成でどのような影響を受けているか見ていこう。好きな女性や気になる子の性格を知るために役立ててもらえたらと思う。

 

兄弟・姉妹で一番上の女性

3人以上の兄弟・姉妹の長女は、小さい頃からリーダシップを取ることを家族から要求されることが多い。

そして、これはその人の性格や信条とは関係なく、その人の人となりに強い影響を与えることは非常に多い。キャリア志向が強くなるという傾向もある。

 

長女の場合、小さいころから兄弟の面倒を見るので世話焼きになることが多いが、それを自分に取って良いことばかりだと勘違いしてしまうと多少面倒になるパターンがある。

いずれ従わせたくなる傾向があり、世話焼きから管理に変わることもあるのだ。

長女は性格的な強さの違いが大きいので、注意しよう。

 

フォロー型の世話焼きは付き合っていても結婚しても心地よい関係作りができるけれど、引っ張っていくタイプの長女だと尻に敷くタイプも多くなる。性格を見る時は一つの視点としてみると分かりやすくなる。

 

兄弟・姉妹の2番目の女性

このタイプの女性はそれぞれの家庭事情で性格形成が大きく左右される。

兄を持つ場合と姉を持つ場合でも分かれるし、上の兄弟の性格でも家族の中の立ち位置が変わることが多い。

 

最もプラス材料を挙げられる構成は、年の離れた兄を持つタイプの女性だ。

年上男性に憧れを抱くことが多く、その兄としても年が離れている余裕からかわいがっていることが多いので幼少期にたくさんの愛情を受けている分性格の良い女性が多い。

自ずと男性上位に考えることが増え、3歩下がって歩く彼女の考えを持っている女性も少なくない。

 

長女と違って、2番目はあまり極端な性格にはなりにくいのが特徴だ。

中間に位置して育った場合は、それぞれの立場を理解しながら生活していくことが当たり前になっているので、協調性が養われる。「出過ぎず下がり過ぎず」の付き合い易いタイプも多く存在する。

 

正し、中には兄弟間で力関係がはっきりしてしまって、「協調」よりも「競争」に重きを置いてきた場合もある。その場合は、裏表の違いが大きい場合があるのでその点は注意しよう。

 

末っ子の女性

3人以上の兄弟構成の末っ子は、とにかく甘えて育ってくることが多いから、かわいいなと思う行動を恥じらわずに見せてくれる女子が多い。

人なつっこいという特徴もある。

 

一番上とは必然的にある程度の年の差があり、性別に関わりなく親はもちろん兄弟にも世話を焼いてもらえることから、従属的な育ち方をする。

危ないことをすれば誰かが見ているから注意されるし、たくさんの人に色々な助言をもらいながら育ってきているのが末っ子の女性だ。

 

この特徴は、彼女とした時の付き合いやすさに大きな影響を与える。

しっかりリードできれば、上下の関係にあまりストレスを感じない傾向があり、良いお付き合いができる可能性は高いと言える。わがままになってしまう可能性もあるのがデメリットなので性格を見極める上では注意するといい。甘え上手を「計算」として行うタイプの女性もいる。

 

一人っ子の女性

わがままというイメージのある一人っ子だが、現代社会においては決して少数派とも言えず、私は「わがままかどうかは人による」という考えを持っている。

原因として考えているのは、親が過剰に愛情を注ぐ可能性が高いということだ。

 

子供が一人しかいなければどうしたってその子に関心が行く。

手を煩わせるそのほかの兄弟がいないので、親はその一人っ子に対して何にでも強く関わっていくことが多く、結果、兄弟の多い子に比べて親に対する依存度が高くなり、従属的な性格に育つ可能性が高まる。

 

また、一人っ子で恋愛経験の少ない子は、友情よりも深く人間関係を作っていく恋愛時の距離感が難しく感じることも多くて、男性にリードしてもらいたいと考える女性は多い。

一人っ子なのにわがままでない子は過保護に育てられた可能性が高く、あまり意見を言わずに親の言う通りにしてきた場合は性格が従属的。女子校出身の女性なら更にその可能性を高める。

 

 ただし、あまりに親に依存してしまっている子は注意しよう。

恋愛に親が出てくると、本当に面倒なことになる。

話をしていて、親との関係が見える時は、少し気を回して確認できれば失敗がなくなると思う。

 

まとめ

以上、4つの家族構成に分けてタイプ別で女性の特徴に触れてきた。

 

その人その人の性格が優先されるのは当然のことで、上記の私の見解はあくまで予備知識と可能性の話として考えてもらいたい。

 

しかし一方で、育った環境がその人へ与えている影響は小さくはないので、こういった観点からある女性の性格を考えることは、恋愛を進めて行く上でも有効に作用するだろう。

 

 好きな人や気になる人にうまくコミュニケーションを取れない男性は下の記事を参考にしてみよう。

 

関連記事: