読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

女性がキスをしたいと思う時~女はどんな瞬間にキスしたくなるのか

付き合いはじめのテクニック モテる男になるために キス

f:id:Brightfuture:20160716181308j:plain

キスしたい時の男性版を書いてから1週間経ってしまったが、年末恒例行事で女性版をアップできるメドがたった。

女性がキスしたくなる瞬間を男性である私が書くには、経験上の話だけでまとめようとすると主観が強すぎるように感じたため、今回は記事作成のために取材を行った。

 

と言っても、ただ丁度よく付き合いの長いメンツで忘年会があっただけというオチなのだが、ざっくばらんな話は聞けたので自信を持って「女性がキスしたい時」をお届けしたい。

 

今回は、女性がキスをしたいと思う時とはどんな時か、女がキスしたくなる時を紹介していこう。

自分の経験からも裏打ちされたものを載せて行くので参考にしてみて欲しい。

甘えている時にキスしたくなる

女の子が甘えている時って、要は彼氏や好きな人の「愛」が欲しい時。

その象徴としてキスがあるだけだが、女性がキスしたくなる瞬間としては納得できる。

男性側から、ご褒美的な意味合いでもよくキスする瞬間になっている。

 

女性ごとに甘え方は色々あるが、行動の分かり易さは女性それぞれで差が大きい。

女性の甘えベタは少ない印象があるが、奥手の子はこちらが勘付いてあげる必要があるので、頑張ろう。

キスするシチュエーションとして女性が甘えてくる時は鉄板になるので察することのできる彼氏でありたい。

 

男性から甘えられた時も

なるほどなと思う女性の意見。

母性本能をそのまま擽るとのことだった。

理屈は簡単だと感じるが、あまりそれとキスを繋いで、女性がキスしたい時だと思わない男性は多くいるだろうなと思った。

 

男性が可愛く見える時は、女性がキスしたい時になる場合が多くあり、愛情表現の一つとして女性はキスを考え易いということ。

それはよく覚えておくと良いだろう。一緒にいて心地よい彼氏になれる。

 

寝る前

女性から聞いて私が一番納得したキスしたい瞬間が「寝る前」との答え。

私の経験でも寝る前にキスを求めてくる女の子は確かに多かった。

幸せな気持ちで寝たいんだそうな。女性は愛されたい生き物なんだと男が感じるべき瞬間だろう。

寝る前に彼女とキスをして、満たされるような笑顔を見るのは、彼氏としても満たされる。愛情を確認し合うことができる瞬間だ。

 

そこから先を期待するかという問題は、その日毎に違っているが、もちろんそれも含んでキスしたくなる意味もあるとのこと。

まぁ健康な男女がベッドの上でキスをすれば…ということだろう。

あまり深く考えずとも答えは単純だ。

空気を読むのも大切だけど、雰囲気で分かるだろう。

 

かまって欲しい時

何か調べものを真剣にやっている時に彼女にキスされたことのある男性は多いのではないだろうか。

これも私の経験上、かなり納得いく女性がキスしたい時。

真剣な顔つきもキュンキュンしたり、グッとくる瞬間になるようだ。

 

この他にも、愛を求める女性ならではと言った理由でキスしたくなるのが構ってほしい時。寂しい時もこれに入る。

彼女からキスを求められる時に、寂しさを含んでいるようであれば、彼氏としては放置するべきではないだろう。

良い意味とある意味で悪い意味のある「女性がキスしたい時」である。

安心が勝ればトキメキはなくなるし、心配や不安が勝ればギクシャクするしで、なかなか難しい問題を孕んでいるが、構ってほしい時にキスしたい女性心理は頭に入れておこう。不安になっている彼女の気持ちを救えるのは彼氏だけなので、きちんと愛情を注ぎたい。

 

ご褒美

よくご褒美でほっぺにチューする企画があるが、女性の心理としても「頑張ったね」とか「大変だったね」という気持ちを込めてキスしたくなる気持ちがあるようだ。

「ありがとう」の意味も含まれることがある。

と言うことは、付き合っていない女性にご褒美のチューを要求するのはアリってことになるが、それは男性心理で考えた場合であり間違えになることが多い。

女性は好きな人だからそう思う点で男性との差は激しいから、勘違いは避けねばならない。あくまで彼氏や好きな人を対象としている。

まぁ年齢が上がれば「お気に」レベルでいけそうな話ぶりではあったが、聞いてる私に男性フィルターがかかっているのだろう。

 

仕事で頑張ってる姿や、真剣に取り組んでいる姿も素敵に見えるようで、結果に拘る男性心理よりも、その過程に重きを置く女性心理が垣間見える話は多かった。

頑張っている姿を評価するのは女性的な感性なので覚えておくと良い。

 

あと、強烈に思ったことがこの分野で一つあった。

それは、男性に「求められること」を女性はかなり意識しているということ。

ご褒美が成立するのは、それが相手に取って報酬と受け取られないといけないのだが、女性からキスをすることがすんなり男性に取っての報酬と考えるのは女性的ではないかと感じた。

もちろん男性にだってその感性は持ち合わせている。

特に相手が彼女であれば尚更だ。

しかし、女性の声を聞くと、どうしてもそのキスの報酬性は男全般に向けられているように感じた。

つまり、女性は男性から常に求められいると感じているということだ。

男子は野獣だし、間違った認識ではないだろう。まぁ聞いた相手がモテ系の女子だからかもしれないのだが、ちょっとおもしろいなと感じたことだった。

 

共通する部分も多い

記事作成の動機としても、女性と男性の「キスしたい時」に対する違いにコントラストを与えたかったので、女性らしい感性を中心に書いてきたが、もちろん男女差の無いキスしたくなる瞬間も多くあった。

抱き合った時とか、沈黙で見つめ合った時、デートの別れ際、顔が近づいた時etc…

強弱や意味合いで男女差があるのは間違いないが、女性がキスしたいと思う時は、男性と似ている部分ももちろん多い。

女性がキスをしたくなる時ってどんな時だろうと男性が思う理由は様々だが、「女性だからどうなんだ」って感覚は強すぎてもいけないのかなと思う。

付き合っているなら、自分がキスしたいと思う時にキスすることが大事なのかもしれない。キスはカップルに取って重要な意味を持っていることはよく知られた事実だ。

 

付き合っていない子とキスしたいのなら、ここで取り上げるよりもまた別のテクニックになる。

女子がキスしたい瞬間を考えるよりも状況をいかに作り上げるかの方が余程大事である。

 

まとめ

以上、女性がキスをしたいと思う時について紹介してみた。

女はどんな時にキスしたいと思うのか、何となくイメージはできただろうか。

 

良いキスのシチュエーションを考えると、結局甘い雰囲気の有無が大事になりそうだ。

男女の違いについてフォーカスするより、良い雰囲気を作る方が重要であり、その瞬間の彼女の気持ちが全てだ。

その上で今回の記事を参考にしてみると良いだろう。

彼女の求めるタイミングでキスしてあげることがきっとできるはずだ。

 

キス関連記事: