読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

男慣れしていない女性の特徴~可愛いか可愛くないかは関係ない

モテる男になるために 女性の特徴

f:id:Brightfuture:20160713183617j:plain

男慣れしていない女性の特徴は、可愛いか可愛くないかで判断してはいけない。

女性は本来、恋愛に慎重にならざるを得ない部分を持っており、男性に無い事情も絡むため、可愛い女の子はみんな男慣れしていると考えれば間違うことが多くなる。

 

今回は男慣れしてない女の特徴を紹介するので、参考にしてみよう。

押しに弱い面を持つので、積極的にいける男は、チャンスを増やすことができるかもしれない。

 

男慣れしない女の育ちの特徴

女の子は男よりも大事に育てられる確率が高い。

箱入り娘と言う言葉もあるように、育った環境が厳格だと、どうしても男慣れしてない女になる可能性は高くなる。

タイトルで、男慣れしてない女性は可愛いか可愛くないかが関係ないとした理由は、これが大きく絡んでいる。

 

以前、女子校出身の女性の特徴を書いたことがある。

ここでも触れているのだが、女子校出身の女性の中には、可愛い女の子なのに彼氏を作ったことがない子が結構な割合でいたりする。

育った環境で全てが決まるわけではないので、一概にイコールとして単純には考えてほしくないが、傾向としてあることは経験上、思うことだ。

 

詳しくは上記リンクを読んで欲しいのだが、女子校出身者の中には、家庭と学校の問題で男慣れしていないことが多いので、押さえておこう。

 

女子校でも恋愛するチャンスはあるが、どちらかと言うと能動的な行動が必要な面があり、それができない女性はどうしても構造的に異性との付き合いがかなり浅いものになるので、男慣れしていない子が多いと言える。

 

では、具体的な男慣れしていない女性の特徴の方に移っていこう。

 

目が合わない

男慣れしていない女は、男性の顔を見て話すのが苦手である特徴を持つ。

緊張してしまう面が分かり易く行動に出る。

 

どうでも良い男よりも、好きな人や気になる人にはそれが顕著になるので、脈ありサインを読み易いだろう。

話しが核心に迫る時に、どんどん目を逸らすになる女性は男慣れしてない可能性が高い。

 

聞き上手になろうとする

男慣れしていない女は、自分が異性と何を話したら良いか自信が無いため、質問が増える。

話し上手が少なく、上手くコミュニケーションを取るために、聞き上手になろうとするのが特徴。

話していて、自分の話をあまりしない女性は、男慣れしてない可能性がある。

 

質問を質問で返すようなことも多いので、心を開かせるのに時間がかかるが、徐々にガードが崩れていくようであれば、自分に慣れてきたから素の部分が出てきたと解釈できる。

タドタドしい会話から徐々に深い話題を話せるようになるのは、どの男女にも共通しているが、その態度の差が大きい女性ほど、男慣れしてないことが災いして当初の関係が過度にタドタドしくなっていた可能性があるので、注意して探ってみよう。

 

男女のグループでいる時は一歩下がる

性格的にも、引いた態度を取り易いのが男慣れしてない女性の特徴であり、だからこそ男慣れしないともいえるのだが、グループで居る時などもその傾向は特徴として表れやすい。

合コンでも同じことが言え、最初から自己主張するようなタイプではなく、聞き役に回るのも分かり易い特徴。

あまりよく知らない男がいる場面では主張をしないことが多く、様子見している内に解散を迎えることも多い。

 

男性に対し、苦手意識を持っていることもあるので、男性全般に慣れていないことが態度に表れる。

グループで居る時にどんな感じで振る舞うかを見ると、判断し易くなるだろう。

 

可愛い子は近寄り難さが仇になる場合も

特に可愛い女性で男慣れしていない女性は、二つの原因が考えられる。

一つは、高嶺の花は近寄り難くなる男性心理から、彼氏ができずに男慣れしていない点。

もう一つは、可愛いからこそ、抱えるリスクに敏感になっている点だ。

 

恋愛はどこか「イケそうな感じ」がする異性に対し本気になる傾向がある。

狩猟的感覚の強い男性の場合は、特にその傾向が高くなる。

可愛い女性でも、近寄りがたい雰囲気を持っているタイプや警戒心の強い女性は男性慣れしていない可能性があるということだ。

さらに二つ目の理由も絡んでくる。

外見でモテる場合は、恋愛のリスクに直面し易い。

恋愛のリスクとは、「好まない異性からのうざいアプローチ」と「人間関係のこじれ」を今回は意味している。

前者は問題なくリスクであると認識できると思うし、警戒心が増す理由になることも分かるだろう。

問題は人間関係のこじれの意味するところだが、これはモテるが故に同性と異性の両方で人間関係が壊れやすいことを言っている。

結果として男から遠ざかる女性も出てくるのだ。

男慣れしていない女性が可愛くない女性ばかりとは言えないので、その点は誤解が無いようにしたい。

 

男慣れしていない女性は正攻法の恋愛アプローチが有効

男慣れしていない女は、押しに弱いのが有名だが、その他のアプローチも含めて正攻法の全般に弱いという特徴がある。

最初は手応えがない状態なので、アプローチを続けることが容易とは言いにくいが、積極的に押していける男は、ベタなアプローチを続けることで男慣れしていない女を落とすことができる。

 

あまり難しいことを考えずに口説くことが一番有効だ。

一度懐に入ることができれば、展開は進め易くなるので、そこまでを勝負と考えたい。

そのために気を付けることは、一途に情熱的にアピールを行うことだ。

警戒心を排除するのが重要なので、アプローチするなら意識してみよう。

 

まとめ

今回は、男慣れしていない女性の特徴を紹介した。

可愛いか可愛くないかはあまり関係なく、その女の子の背景も含めた特徴を客観的に見た方が判断の精度は増すだろう。

一応、ブログテーマの3歩下がって歩く彼女になる可能性があることを付け加えておく。

 

仲良くなるまでは少し時間もかかるし、「嫌われているかも」なんてことも感じ易いが、原因が「男慣れしてないから」ならしっかり追う必要がある。

付き合うことができれば、付き合い易い彼女になると思うので頑張ってみよう。

 

 関連記事: