読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

【恋愛】「何で私のことそんなに分かるの?」と思うような「自分をよくわかってくれる男性」の気持ち

女性向け恋愛コンテンツ集 付き合う前の時期

f:id:Brightfuture:20160525123433j:plain

仲良くなった男性に対して「何で私のことそんなに分かるの?」と、驚きに似た感情を持ったことがないだろうか?

自分をよくわかっている男性とはどんな存在なのか気になったことがないだろうか?

 

女性は男性に比べると「自分を理解してほしい」と考える人が多い。楽しいことも辛いことも自分の話を全部聞いてほしいのは多くの女性が持つ気持ちだ。

 

自分をよくわかってくれる男性が気になることも多いと思うし、気が付いたら好きになっていたこともあるだろう。

 

そこで今回は「何で私のことそんなに分かるの?」と思ってしまうような男性との恋愛をテーマに、自分をよくわかってくれる男性の気持ちに迫ってみたい。気になる男性がいる人は是非じっくり読んでみよう。

 

 あなたに理解を示すなら、好意を伝えている

女性が「共感」を大事にしていることは多くの男性が理解しているところで、変に話を合わせるのは違うと思いつつも、「どう共感を示そう?」と考える場合は少なくない。

 

「何で私のことをそんなに分かってくれるのだろう」

そう思う男性がいるなら、あなたを気になっているからである可能性は高い。恋愛の意味かどうかはこれだけで分からなかったとしても。

 

自分をよくわかってくれる男性があなたへの「共感」を前面に出すなら「距離を縮めたい」「優しい自分をアピールしたい」という気持ちがありそう。

 

やはり、気にしていない女性に対して「自分をよくわかってくれている」とまで感じさせるような発言はしない方が普通だ。気にしているからこそ理解が進み、それが話の端々に出る。恋愛のアプローチとして敢えて出している可能性も高まる。

 

しかし、恋愛的な意味で気にしているかはじっくり考える必要がある点には注意をしてほしい。

 

女友達の方が「客観的」に理解が進む

あなたが恋をしたとき、知れば知るほど好きな人が分からなくなった経験がないだろうか?距離が近づくほど見えなくなるのは「主観的に」好きな人を見るからである。

 

もし、今回のテーマで浮かべる男性との間に、恋愛的な雰囲気が感じられないとしたら、「女友達だから客観的に自分を理解している」と考える視点も必要になる。好きな人であったなら、恋愛として興味を持った相手であったなら、客観的に見ることが難しくなるからだ。

 

ここで重要になるのが相手の男性がどんなタイプの人かという問題である。

 

恋愛経験が多いと女性の理解は進みやすい

「何でそんなに私のことが分かるの?」と思った理由の一つに「ほかの男性と比べて」という視点があなたにあるなら、恋愛経験の差があなたにそう思わせた可能性が出てくる。

女性と多く、長く付き合ってきた男性が相手だったら、「自分をよくわかってくれている」と思わせるだけの女性全般への知識があるからだ。基本を知っているので応用も効きやすい。

 

遊び人の男性がよく使う手にこういったテクニックがある。相手の女性に理解を示し、ずばり言い当てていくことで「特別な男性」と意識させる。慣れているからこそできる芸当なので初心な女の子は意外にはまりやすい。

 

悪い例から挙げたのだが、逆に女経験の浅い男性があなたに「自分を理解してくれている」と感じさせたなら、文字通り「興味を持っているから」「よくあなたのことを考えているから」理解が進んだのだろう。適当に相手をしている女子のことは適当にしか理解しないし、深く考えたりもしない。

 

今説明しているポイントは「男性のタイプ」という視点も持っておくと、より正解に近づくアプローチになるという点だ。チャラい男なら上手く乗せられているかもしれないし、誠実な人なら恋愛の意味でもあなたに興味を持っているかもしれない。

 

面倒見の良い男性

もう一つ大事な視点は「面倒見の良い男性」の存在。あなたをよく理解し、支えてくれたり、話を聞いてくれる男性が面倒見が良いタイプだった場合は、恋愛的な意味か友達的な意味か最も分かりにくくなる。

 

面倒見の良い男性は、リーダータイプの男性が多く、みんなの中心になりやすい。

なぜなら「自分をよく理解してくれている」と感じることが人に取って心地よいからだ。「何で分かってくれないの?」と思う人の対局にいる存在なので、みんなからの信頼が厚くなる傾向がある。

 

今回、こうしていくつかの例を示しているのは、あくまでも「恋愛の意味が強そう」という視点ありきだ。要するに「何で私のことそんなに分かるの?」と思ってしまうような男性とは恋愛感情が絡みやすいということ。

 

だからこそ、そうではないパターンを示すことで勘違いする可能性を排除していこうとしているのが今回の流れ。いよいよ結論に映ろう。

 

恋愛のことは総合的判断が基本!自分をよく理解してくれる男性とはどんな存在の男なのか

いい雰囲気にある男女は必ずと言っていいほどお互いを理解していっている。自分をよくわかってくれるのはそれだけ多くのコミュニケーションが取れた証のようなものだろう。深い話もそれなりに重ねてきたのではないだろうか。

 

自分を理解してくれる男性と恋愛できればきっと幸せな恋愛になるのだと思う。特に自然体であなたが居られたのなら。

 

恋愛感情が絡むと、どうしても客観的に好きな人を見ることができなくなるし、二人の雰囲気についても同じだ。自分を分かってくれる男性との恋愛ではその事実ばかりをピックアップしてしまいがちだが、今回まとめたことで違う視点から見てみたり、総合的に判断するようにしたら間違いが減る。

 

 自分を分かってくれる男性の存在が今あなたに取って「必要になりつつある」のなら気持ちに素直になることをおすすめする。容姿の問題だったり、関係性の問題で躊躇するべき恋愛ではないのなら、どんどん距離を縮めていこう。

 

やっぱり彼氏には自分を分かってくれていると感じていたいものだし、付き合う前からそういう雰囲気があるのは将来の幸せを予感させる。

 

世の中には女性をなかなか理解しない男性もいるし、恋愛ではどうしても相性の問題があるのだから、今浮かんでいる男性との恋愛はうまくいきやすいという点で進めていきたい縁。

 

自分の気持ちがはっきりするまで焦る必要はないので「自分に取ってどんな存在なのか」を考えながら接してみよう。意外と早くに「自分に必要な人だ」と気づくかもしれない。

 

まとめ

今回は「何でそんなに私のこと分かるの?」と思うような「自分をよくわかってくれる男性」 の気持ちをまとめた。

 気になる男性があなたに取ってどんな存在なのかなど、参考になる部分があっただろうか。

 

自分を理解してくれる男性と出会えたなら、その縁は大切にするべきかなと思う。友達としか思っていない場合も少なくないことを説明したし、遊び半分で口説く時に用いるテクニックについても説明したのはネガティブに捉えるべきパターンを知って自信を持ってほしかったから。

 

自分を分かってくれる男性と一緒にいるとき、癒しや心地よさを感じるならば、自分の気持ちがはっきりするまで関係を進めてみよう。

 

関連記事: