読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

彼氏の女友達に嫉妬してしまう女性の理由や原因~浮気を疑うけど、それだけじゃない

女性向け恋愛コンテンツ集 カップルあるある 嫉妬

f:id:Brightfuture:20160710182641j:plain

彼氏や好きな人の女友達に嫉妬してしまうことって、誰でもあるのではないだろうか。

好きな人が他の女性と話しているだけで無条件に嫉妬してしまう女性は、少し嫉妬深い人かなと思うけど、女友達の中には具体的な理由があって嫉妬してしまうこともある。

 

また、男性は彼氏として、ただの女友達なのに彼女に嫉妬されて面倒な思いをしたことがある人も多いだろう。

 

今回は、女友達に嫉妬してしまう女性の理由や原因を考えてみたい。

浮気を疑うのは理由の一つに過ぎないので、詳しく見てみよう。

 

女友達との浮気を疑うから

まずは、王道の理由から。

彼女になる前の自分が、今回テーマである「女友達」だったのだから、広義の意味で女友達を考えた場合、浮気の可能性を考えて嫉妬してしまうことは当然多い。

 

私が付き合った彼女から指摘されたことを記しておこう。

ある女の子を特定した上で、

  • ずっと長い時間話しているから嫌
  • 顔が近い状態で話しているから嫌
  • 前に「可愛い」って言ってた女の子だから嫌
  • 男好きな女の子だから嫌
  • 女の子の方に気がありそうだから嫌
  • 酔っ払っているから嫌
  • よく話に出し過ぎだから嫌

複数人の彼女が発した女友達に関する嫉妬の一言を7個挙げた。

 

好きな人に嫉妬してしまうのは、男女共通する恋愛の嫌なところではないだろうか。

嫉妬したいわけではないけど、差し迫った危機感がないのに嫉妬してしまうのは結構しんどい。

無駄とも言えるし、ケンカの原因になったりして、ウザイ感情に思える。

 

彼氏も彼女もお互いで「嫉妬」に関することは良い話ではないだろう。

「嫉妬されたい!」って思うことはあっても、「嫉妬したい!」とは思わないので、イライラしながら上記の一言を言ったり言われたり。

時には落ち込みながら言われた言葉達だ。

 

「男女の友情があるか」と聞かれて、どうしてもYSEかNOで答えるなら、私の答えは「NO」である。

一つの答えにする必要が無い問題だが、その人が生きてきた歴史で考えるので、私の場合は「男女に友情は成立しない」と考えざるを得ない歴史があった関係上、そう答えるしかないのだが、当然例外はいくらでもあるし、究極的な話に敢えて持って行った答えだけど、女友達に嫉妬してしまうことも当然かなと、個人的に思うところ。

男女の友情についてはまた記事を改めよう。

 

では、浮気以外の女友達に嫉妬する理由や原因について紹介していく。

 

自分に見せない顔を見せているから

長い付き合いのある彼氏の女友達に嫉妬してしまう時は、「自分とは少し違った態度で彼氏が接している」ことが理由としてある。

自分が知らないことも知っている女友達には、浮気以外のモヤモヤした気持ちで嫉妬してしまう。

 

そのモヤモヤの中身の一つが「自分には見せない顔」、つまり自分といる時の雰囲気とは違って見えたりして、仲の良さに嫉妬してしまう面。

男性は彼女に癒しを求めるところがあるので、女友達に接する態度とは違った態度で接することも多いから「随分楽しそうだね」なんてツッコまれることもよくある。

 付き合いが短い彼女は、「私と一緒にいてもつまらないのかな」と思う気持ちが嫉妬の感情に変わる。

 

また、長い付き合いの女友達は、自分とは付き合いの歴史が違うため、過去に遡りつつ嫉妬してしまう面もある。

ないものねだりにも似ているが、「彼氏の全部を手に入れたい」っていう気持ちもあり、それが過去にも及ぶことは少なくなかったりする。

さらに、タダの思い出なら男性ほど過去に嫉妬はしないが、現在進行形である女友達には、「彼の理解度」でも嫉妬してしまう面がある。

付き合う相手を深くまで理解したいのは女の本能にも直結しているので、目の前で自分の知らないことをバンバン話されると、嫌な気分になる女性が多い。

彼氏の立場でこれを読んでいたら、分かってる風な態度を取る女友達に彼女を紹介する時は気を付けよう。

 

不安だから

付き合って不安になってしまう女の子は、「女友達に嫉妬する」という形で不安感を外に出してしまうことがある。

具体的に「誰を」と特定をしないことがこの時の特徴で、最初に挙げた理由とは少し違っていて、漠然としていることが多い。

これこそ差し迫った問題ではないので、彼女の態度が落ち込んだり、冷たくなってしまったりしても彼氏はその理由が分からない。

彼女自身もなぜ嫉妬してしまうのか分からないと、束縛もできずにモヤモヤが溜まっていくパターンに。

不特定多数の女友達にある程度のパワーで嫉妬してしまう女性は、不安感が理由かも。

 

自分にはない物を持っているから

その女友達を自分よりも上として見ているわけではなくても、自分のタイプと違ったタイプの女友達に嫉妬してしまうことは女性に多い。

女性は性の成り立ちが受け入れることを前提にしていることもあって、「横で比べる意識」が男性よりも高いとされている。

「選ばれることに拘る」とも言い換えられる。

女性同士の悪口が多いにも関係している部分。

 

そのせいか、「ああ言う子が好きなんだね」とか「あの子は小っちゃくて可愛いもんね」などと、具体的な「自分に無くて彼氏の女友達にある何か」を特定して、嫉妬の一言を発することが女性にはある。

男性心理では少し選びにくい言葉のように思うけど、男性諸氏はどう感じるだろうか。

 

女性の場合は、自分と似たタイプにはあまり嫉妬をしないところがあるなと、経験上、思うところ。

彼氏には好きなタイプがあるはずだし、自分が彼氏のタイプの女性だったとするならば、自分と似たタイプの方が浮気に発展する可能性が高いはずだが、不思議とそうではなく、違ったタイプに嫉妬する。

 

その理由を紐解くと、自分にないものへの嫉妬をしている可能性が高いのではないだろうかと考える。

「彼氏の興味が他に移ったら、違うタイプの女友達に気持ちが移ってしまうかもしれない」とか、もっと進んでしまって「元々私は彼のタイプではないのかも」なんて考えることも。

 

彼女の前で女友達を褒める時は、彼女のコンプレックスにも注意した方が良いだろう。

例えば骨太を気にしている彼女に、何気なく女友達のスタイルを褒めたりすれば、嫉妬されることは多くなってしまう。

自分にないものへ嫉妬してしまう女性は、怒るよりも落ち込んでしまうことが多いので、フォローも大変になる特徴がある。

 

まとめ

今回は、彼氏の女友達に嫉妬してしまう女性の理由を紹介した。

浮気を疑うけど、それだけではないから、彼女だけでなく彼氏も注意が必要。

 

嫉妬は冒頭に触れているように、良い感情ではないので、カップルに取って問題になり易い。

自分で制御できるものでもないから、気遣い的なものも必要だろうし、察することも重要。

 

また、嫉妬深い女性は、それだけで悩みになると思うけど、止めようと思って止まるものではないから付き合い方が重要だ。

彼氏の女友達に嫉妬してしまうことを責めるよりも、その上でどのように付き合っていくかを彼氏と一緒に考えられると良いかなと思う。

その点についても今後記事にしようと思う。

 

関連記事: