読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

ディズニーデートってカップルが別れる?~問題の本質を考える

カップルあるある 付き合う前の時期 女性向け恋愛コンテンツ集 デート

f:id:Brightfuture:20141204215923j:plain

恋愛に絡む色々な「噂」は多い中で、ディズニーデートについてもこんな話がある。

 

「ディズニーにカップルで行くと別れる…」

 

あなたも聞いたことがあるかもしれないし、もしかしたら経験した人もいるかもしれない。私も二ケタ以上のディズニーデートの経験があるのだが、この噂はある意味本質を突いている部分があったりするなと感じるところ。ただし、呪いみたいものじゃなく、論理的に説明できる話だ。

 

ディズニーに行ったからと言って、本当にカップルが別れるのなら、今のディズニーランド、ディズニーシーの地位があるはずもない。今もディズニーランドはカップルだらけなわけだから、せっかくこの話に興味を持った人はその本質を知ってほしいなと思った。

 

今回は「ディズニーデートがカップルにもたらす本質的な問題」を解いていこう。

失敗しないディズニーデートに役立てて欲しい。

 

ディズニー行っても別れないよ

私は優に10回以上ディズニーデートの経験があるけれど、一度たりともそのデートがきっかけで別れたことはない。大学生の頃は毎月友達の誰かがディズニーデートに行く状態だったが、それでもディズニーランド・ディズニシーで別れたカップルは無し。ディズニーデートが原因で別れるカップルはほぼ無いと言っていい。

 

恐らく、一回あたりのデートにおける破局率と大きくは変わらないだろう。

 

デイズニーに呪いがかかっていることはない。ディズニーに行きたいならこれをじっくり読んで、彼氏や彼女をデートに誘おう。

 

むしろ、ディズニーが近いのにデートに行かない方が不満になることがあるくらいだ。

ディズニーに特別な思い入れがある人は少なくないから、付き合ったならすぐに二人で行きたいと言う人は多い。

 

次から、ディズニーデートで何が問題になるのかを本質的に考えてみるので、対策しておけば安心。どんな失敗が別れに繋がるのかを知れば、ディズニーデートが楽しく過ごせるはずだ。

 

付き合い始めは別れる可能性が高い

カップルのデートとして定番であるディズニーデートは、付き合い始めやアプローチ中のデートスポットとしても選ばれ易い。この時期は、恋人同士の関係ができていないことから、デート自体がまだしっくりきていないのが時折問題となる。

 

まだお互いのことをよく知らない状態だから、ディズニーデートのように朝早くから夜遅くまで長時間一緒にいることで、様々なことに気付いたり、「何か違うな」って思ったり、まだしっくりきていないことで問題が起きる可能性がある。こういったことが悪い噂に繋がっている部分はあろうかと思う。

 

付き合い始めは楽しい時期だが、最も楽しい時期は実はもう少し先であり、奥手な男女だった場合は、息が合うまでに時間がかかることもある。初デートや2回目・3回目あたりのデートにディズニーデートを選んだ場合、カップルとしての初々しさが悪い方向に作用すると、雰囲気を悪くすることがある。それが破局を迎える可能性を上げているところがあるだろう。

 

ディズニーが悪いわけではなく、まだ心を開き切っていないことや、緊張してしまうことがここの原因だ。付き合う前や付き合いたてに選ばれやすいのがディズニーデートなので、下の記事も参考にしておこう。

 

混んでると会話が無くなる

ディズニーランドは、平日を選んでも混んでいることが多い。休みの日に行けば、ものすごく込んでいるはずだ。そうなると、下のような状態になりやすい。

 

最初は会話がし易かったディズニーデートも、立ち止まっている時間が増えて段々と会話がなくなる。

会話が無くなると、気まずい雰囲気が漂う。

「合ってないのかな?」

「この人と一緒にいてもつまらない…」

「会話が無くて嫌われたかな?」

「なんか気まずくて一緒にいるのがしんどいな…」

 などと思うことに繋がっていく。

 

ディズニーデートで別れるカップルの特徴は、「長い待ち時間に会話をなくしてしまう」二人だ。会話がなくなると信頼関係ができていないカップルは疑心暗鬼になってしまうし、実際話したいことがない状態に自ら気持ちを疑う。

 

しかし、本質的にこの問題はディズニーがいけないのではない。

お互いの理解が進んでいない関係だったとしても、「会話がなくなるのがいけない」のである。

 

ディズニーランドのアトラクション待ちで、同じところに立っては少し進んで…というようになると、さくさくと進んでいくほかのデートに比べて、会話が続きにくいのは間違いない。

 

景色が変わったり、色々なものが目に飛び込んでくるところであれば、それを話題に会話を繋ぐことができるのだが、込んでいるディズニーではそれができない状況が続く場合もある。デート開始直後はいいのだけど、数時間経つと打ち解け切ってない二人にとっては会話する環境としてちょっとしんどい部分があるのだ。

 

会話がなくても気にしないカップルならいいのだけど、そうではないなら気まずい雰囲気になってしまうカップルもいて、「ディズニーデートは別れる」と噂される一つの理由になっている。

 

対策としては、話題を絞るように出してもつまらないことが多いので、これが問題になりそうであれば、話したいことや聞きたいことを一度考えてみるといい。デート中の会話はイメージトレーニングしておくことで、いざ困った時にも焦らずに済む。会話は展開次第で変わるけれど、話題にできることを整理しておくと何かと安心だ。

 

逆に言えば、パッと考えても浮かばない状態でデートにでかけるのがヤバイので、ちょっとだけ考えてみると、ディズニーデート当日がイメージできるだろう。

 

カップルの会話は、盛り上げればどこまでも一つの話題で話せることもあるが、緊張などが問題となってしまうこともあるし、後半で記述する問題でも会話がなくなることはあり得る。

 

長い時間話す機会を楽しめるように、デートの前の準備をしておいても良いだろう。

 

問題の本質という意味では、デート中の会話は大事だということ。

特に付き合いはじめは、二人の間にできる空気が落ち着いていないので、会話の重要性は高い。まだ付き合っていない時のデートや付き合い始めには、二人でいることに安心感よりも不安感が勝っている時も多いので、円滑なコミュニケーションが大事になる。二人が楽しいと思える会話がデート中にできるかできないかは大きな問題だ。

 

一日ディズニーにいると疲れる

楽しく過ごすとしても、ディズニーデートはなかなかの運動量である。立って待っていると精神的にも余計に疲れるし、歩く距離も総合計ではなかなかの距離。さらに、朝早くから出かけることも多いので、体力的に疲れるデートであるのは間違いない。

 

ディズニーデート後半、疲れている人同士が一緒にいるとどうなるか。

 

度合いは別にしてこういう感情が芽生える。

  • 気遣いができなくなる
  • しゃべりたくなくなる
  • イライラする
  • 込んでいるのが許せなくなる
  • もう歩きたくなくなる

 

これらは即ち、カップルが気まずい空気を作る原因となることが分かるだろう。夢の国にいても、ケンカするカップルが一定の確率の上で現れる。

 

しかし、これも本質的にディズニーのせいではない。

本質は、疲れたことで余裕がなくなることをきっかけに、気遣いが欠如してしまうことが問題だということ。

 

疲れてもお互いの気遣いが必要だし、疲れている時にこそ、その人の人となりが出る部分。恋人に疲れていることを当たるなど言語道断であるし、知らず知らずにそうなってしまうなら、それは嫌われても仕方ないことだ。

 

理想を言えば、自分が好きな人の前くらいは、どんな時も気遣いの出来る人でありたい。忘れそうになるほど疲れたら、一緒にディズニーに来ているという幸せをもう一度思い出そう。

 

対策としては、ちゃんと休憩を取りながら回ることだろうか。特に男性は彼女を気遣いたい。男性の方が体力は上だから、女性の方がきつくなる場面は多いだろう。

 

スポーツをしている男性は多いが、女性はただでさえ体力が劣るのに、スポーツの経験者も少ない。男性側の配慮が必ず求められるのがディズニーデートなので、覚えておくと安心だ。

 

女子も男子も関係なく、気遣いは自分からするものである。

疲れた相手の態度にむかつく前にあなたから気遣いの姿勢を見せる。

その優しさはあなたに返ってきて、きっとディズニーデートを成功させるはずだ。

 

次にすることは?という選択

ディズニーシー・ディズニーランドは、その「回り方」が時々議論になるほど大事なものだったりする。混み具合によってはより良い判断ができないと待ち時間ばかりを増やすことになるだろう。

最初に向かうアトラクション、ファストパスの使い方、食事や休憩のタイミング。

実はなかなかの計画性を求められるデートである。

 

さらに、歩く距離の合計が伸びやすいディズニーにおいて、特に後半になればなるほど「無駄はなるべく省きたい」という心理を持つ人が増えることもデート全体を少し難しくしている。細かなことを気にする人は少数派だが、段々と気になるという人は出てくる。

 

あまりに優柔不断だったり、判断が間違っているのを連発されると、リードする彼氏の評価が下がることもあるだろう。別れるまで行かなくても気まずい雰囲気になる原因になることがある。疲れてくると、適当過ぎるのが不満になることも。

 

ここでの問題の本質は、デートにおいてはスマートな誘導も大事だということ。

決めるところは決めてあげないと二人の空気は悪くなり易いし、積極的にリードするならその精度もある程度は確保しておきたい。

 

ディズニーデートは、その力が試されているだけだ。

 

お土産選び

ディズニーデートの後半、帰り際の最終イベントは「お土産選び」だ。

ここで問題になるのは、ぐるぐる回り始める女性的買い物の仕方と男性的な感覚にギャップが生まれやすい点。しょうがない部分は男性も分かっているのだが、疲れているためイライラしやすいこともディズニーデートにネガティブな印象を持つ人の理由になっている。

 

男性はお土産選びに時間をかけることがあまりない。女性の方が圧倒的にニーズの高いイベントが「お土産選び」なのである。友達にお土産を渡す文化が男にはほとんどない。

 

対策として女性に一言伝えるなら、「買い物の仕方を変えることはできないし、素敵で可愛いものを選びたい気持ちはわかる。だから、彼氏を気遣ってあげよう」と言うことだ。

 

長くなるなら彼氏の表情や雰囲気を見て

「ごめんね。少し座ってる?」

くらいは聞いてあげるとお互いに取ってハッピーな提案になるかもしれないし、その一言で気持ちが伝わる効果も大きい。

 

それで彼氏は座るという選択をするならちょっとさみしく感じるかもしれないが、多くの男性は

「大丈夫だよ」

と答えるはず。

その言葉一つかけてあげることが大事なのである。

 

もし座るのなら、それだけしんどい思いをしていたのかもしれない。ケンカになる前に回避できたとプラス思考することで、いずれにしてもデートの後半がうまくいく。

 

 

ここの問題の本質としては、買い物は男女で方法が全く違うので、問題になることがあるということだろうか。

 

多くの男性は、女性の買い物の仕方に対して理解はある。納得できない男子も多いのだけど、お土産選びに時間をかけたい女心は理解してあげたいと考える男子が多い。

しかし、それでも時々限界を越えることもあるし、もう買い物には付き合いたくないと思うこともしばしば。段々彼女の方が買い物に夢中になると、余計気遣いもなくなって、女王様に仕える執事の気分にさせてくれる女性もいたりする。

 

そんなことにならないように、男性との買い物は節度を持つようにした方が良い。

世の中には彼氏と買い物にはいかないという女性もいる。それは、女性側が男性側に配慮した結果であり、一種の正解だったりする。

 

ただ、今回問題にしていることへ落とし込むなら、買い物を回避することはできないわけで、対応策を取る方が現実的だ。それにはやはり気遣いであろうと思っている。一言で違ってくるし、彼氏が文句を言い出したら聞いてあげることも優しさだと考えよう。

 

敢えて大きな問題にしてみたが、経験上も男女の買い物はケンカの原因になり易いのである。お土産選びは夜になることも多いので、お互いが疲れているのだと想い合うことが大切だろう。

 

まとめ

今回は「ディズニーデートってカップルが別れる?」をテーマに、問題になることと、その奥にある本質についてまとめた。

 

今回は問題を大きく捉えてきたので、ディズニーデートに行きたくなくなる内容となってしまっただろうか。ネガティブに読んでしまった人がいたら申し訳ないが、できたら「気を付けるべきこと」として捉えてもらえれば幸いだ。

 

私個人の見解ではディズニーデートは楽しいし、恋人気分をより一層味わえるところだと思うし、おすすめのデートコースである。

 

「ディズニーデートは別れるって噂だから心配!」という人に役に立つようなことは記したつもりなので参考にしてほしい。

 

関連記事: