読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歩下がって歩く彼女の作り方~尻に敷かない嫁をもらおう

可愛い彼女と素敵な彼氏の作り方と好きな人への片思いを両想いにするヒントが満載!男性女性を問わず恋愛をテーマにしたブログです

MENU

男性が話しかけにくい女性の特徴~ちょっと気を付けたらかなり変わってくること

女性向け恋愛コンテンツ集 彼氏を作る 大学生の恋愛

f:id:Brightfuture:20160713173154j:plain

話かけにくい女性の特徴を持っている人は、恋愛も上手くいかない傾向が強い。

近寄り難さも話しかけにくい理由になるので、どうしてもコミュニケーション不足になり、男性と仲良くなって関係を深めるのが苦手になりがち。

 

積極性もなかなか期待できないので、できる努力を少しでも始めることが大事だ。

 

今回は、男性が話しかけにくい女性の特徴を紹介するので、参考にしてみよう。

ちょっと気を付けたらかなり変わってくることもあると思うので、恋愛環境を変えるチャンスになるかもしれない。

 

リアクションに問題がある女性

話してみたけどリアクションに問題があって、話しかけにくい女性になることは多い。

盛り上がらないであろう女性に男性は話しかけにくさを感じるのだが、最初の数回、もっと言えば最初に話した感じで、話しかけやすさと話しかけにくさを感じ分けるところがある。

 

以下の点をチェックしてみよう。

  • 笑顔
  • 目を見て話す
  • 適度な相槌
  • 話しに合った表情(表情が頻繁に変わる)
  • 話を振られたら話を返す
  • 前のめりに相手の話を聞く

6つ挙げてみたが、全てをできていないと話しかけにくい女性になってしまうわけではなく、むしろ話しかけやすい女性の特徴を挙げた感じなので、いくつ当てはまらないかを考えてみよう。

もし、全てができていない場合は、知り合ってからすぐに話しかけにくい女性だと相手の男性に思わせているかもしれない。

 

一つでも多く、できたら気になる男性にだけでも意識してやってみると良い。

対処しないと、一つも当てはまらない女性は話しかけてもらえなくなる。

 

何かと同性同士で固まる女性

男性がアプローチをする時、話しかけるタイミングには気を使う場合が多い。

二人で話したいと思うし、頻繁に話しかけることが迷惑かもなんてことも考えるため、良いタイミングで話しかけたいわけだ。

 

恋愛中に絞った感じになってしまうかもしれないが、気になる女性に対しても同じように、女性同士でいつも行動する人を、話しかけにくいと感じることがある。

タイミングを計っていても、隙の無い感じに映る。

 

相手男性が話しかけたいと思っている場合、常に友達と連れ立っている女性はちょっと面倒で、時々単独行動を取ってくれる女性の方が、アプローチは断然やり易い。

そんな視点で考えてみるのも一つかもしれない。

 

話しかけないでオーラを持つ女性

よく人から「ちょっと近寄りがたい感じがする」とか「あんまりしゃべらない人かと思った」というようなことを友達から言われる場合、やはり男性から見ても話しかけにくいと感じている場合が多い。

いわば、オーラが人を寄せ付けにくい人は、話しかけにくい女性の特徴。

ツンツンしてそうな女性とか、暗い女性、テンションがあまり変わらない女性等が当てはまる。

 

このオーラの問題は、なかなか変えようと思って変えられるものではない。

従って、そこから先が大事になってくる。

つまり、話してみたら意外と話し易かったと感じさせることが重要になるということだ。

 

ギャップは、恋愛的に有効なエッセンスなので、もし上手くイメージと違う自分を見せることができれば、ちょっとした感動も手伝って、一気にイメージがよくなることもある。

 

残念ながら、話しかけにくいと感じる女性は会った瞬間にそう思われることも多い。

オーラと言うとかなり抽象的だが、第一印象で人はイメージをもつので、女友達から「話しかけ難い」と同じ意味でイメージを悪く言われる場合(もう、そう思ってないから言われること)、いざ話しかけられた時には少しの工夫が必要だろう。

イメージは影響が大きいので、なるべく早く、外見とは違う内面を見せるようにしたい。

 

話のオチで笑わない女性

上で挙げた「笑顔」で話すとはまた違った意味で「笑わない女性」は男性が話しかけにくい女性の特徴。

男性は、女性に比べて「オチ」のある話をすることが多い。

話しかけた女性を笑わせたいと思っているのである。

従って、笑わない女性と話した時に「盛り上がらなかった」と思うことが多く、次に話しかけるのに躊躇する場合があるのだ。

 

いつも笑顔で話のできない女性も、相手の男性が笑わせようとしているポイントには、せめて愛想笑いくらいはしてあげて欲しい。

話しがそもそも面白いのかどうかの問題があるのだが、話しかけやすい女性はそこら辺が上手く、会話にリズムが出る。

無理して笑っても相手に伝わる恐れがあるので、心地よいリアクションの一部として考えると、変わってくるかもしれない。

何も爆笑する必要はないので、相手の男性が話し易い環境を作ろうとする努力をしよう。

 

綺麗でプライドが高そうな女性

モテる女性でも、話しかけやすいのは「可愛い女性」であり、「綺麗な女性」は近づき難さを男性が感じる。

また、「カッコイイ系の女性」も同様に話しかけにくい女性の特徴と言えるだろう。

 

狩猟本能を考えると、「勝てない勝負」をしないところが男性にはあり、「俺なんて相手にしなさそう」などと思い易いのが上記の女性たち。

男性が大切にするプライドを守りたい心理が影響している。

 

そんな女性は、少し自分から歩み寄りを見せると、元々男性に取って魅力的な女性なので、一気に態度が変わることも多い。

きっかけが大事なカテゴリーであり、対処はし易いと言えるが、本人が原因に気付いていなかったりネガティブになってしまうと、案外問題が深刻化することも。

男性は興味があっても、どこかに自分を相手にするだろう女性のレベルの上限を決めるようなところがあるので、知っておこう。

 

カッコイイ女性に見えるのはファッションに特徴があると思うが、「カチっとしたファッション」よりも「ゆるふわ系のファッション」の方が印象が柔らかく、話しかけ易い女性に映る。

カッコイイクールな女性は、どこかで崩すとかの工夫があると良いのだが、好みの問題なので対処を考えるよりも、そう思わせるかもしれないと自覚して、話した時の感じを工夫するようにした方がいいだろう。

 

二人で話さない女性

女性と二人で話していると、すぐに友達を呼んだりして二人よりも三人四人で話そうとする女性がいるが、話しかけた男性としてはちょっとした拒否反応に映ることがある。

女性は警戒感が強いのは男性も分かっているので、自分が拒否られるか受け入れられるかは気にすることも多い。

ちょっと盛り上がった時くらい少し二人で話してみたいと思うものだが、それに応じてくれない女性は自分が拒否られたと感じる。

そう感じた場合は、やはり話しかけにくいと思うことがあるので、あまり警戒感が強すぎるのもよくない。

 

好き避けしてしまって二人になろうとしない場合も同様に、自分が受け入れられていないと相手男性に思わせてしまうので、気を付けたいところだ。

 

まとめ

今回は、男性が話しかけにくい女性の特徴を紹介した。

一般的に言われていることにプラスアルファーしているので、ちょっと伝わりにくい部分があったかもしれないが、重要なことは、話しかけられた男性に「あなたと話していると楽しい」という雰囲気を出さないことが一番大きな悪影響になることを知ることだろう。

 

近づき難さは、男性が委縮するパターンと女性が出すオーラの両面があるので、自分がその特徴を持っていると思うなら、二つの面で自分を分析して対処をしていくか、実際に話した時にイメージを変えるように努力できると、話しかけにくさを感じる男性は減っていくはずだ。

 

関連記事: